捻挫に湿布は効果があるの?正しい捻挫の応急処置を教えます!

nenza

捻挫は頻繁に起きるケガのひとつです。スポーツをしているときなどに足首や手首などを捻挫してしまったことのある方も、きっとたくさんいらっしゃいますよね。

さて、そんな捻挫の治療によく使われるのが湿布です。では捻挫の治療法として湿布は効果があるのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも捻挫とは?

そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)の損傷のことです。関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きます。関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。

捻挫は少なからず内出血を引き起こすため、関節部分が腫れます。つまり、捻挫で腫れるのは、基本的に関節部分に血液が溜まっているからです。

また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、完全に靭帯が断裂しているなどの重傷のケースも少なくありません。また、単なる捻挫だと思っていたら、脱臼や骨折を伴っていることもあります。

捻挫に湿布は効果があるの?

shippu

では捻挫の治療法として湿布は効果があるのでしょうか?

まず捻挫の応急処置としては湿布は意味がありません。確かに捻挫の応急処置ではしっかりと患部を冷却(アイシング)することが大切です。ただ冷湿布を貼ったときのスーッとする感覚はメントールという成分によるもので、実際には患部を冷やしているわけではないからです。

また、実は患部に湿布を貼り続けていても、捻挫が治りやすくなるわけではありません。捻挫が完治するまでの期間はほとんど変わらないでしょう。

ただ湿布には鎮痛作用のある成分が含まれています。捻挫をしたばかりのときに患部に湿布を貼ることで、捻挫の痛みを緩和させる効果は期待できます。あくまで湿布は痛みを緩和するためのものとして考えましょう。

捻挫で湿布を貼るべき期間はどのくらいがよいの?

time

あくまで湿布は痛みを緩和するためのものでした。したがって、捻挫の炎症が治まったら、基本的に患部に湿布を貼る必要はなくなります。

具体的に捻挫で湿布を貼るべき期間はどのくらいなのかというと、おおよそ3~7日が目安です。もちろん、捻挫のレベルによっても変わりますから、臨機応変に対応してください。どのくらい捻挫の炎症が引いているかどうかで判断するようにします。患部を動かさなければ痛くない状態になったら、もう湿布を貼らなくてもよいでしょう。

スポンサーリンク

正しい捻挫の応急処置とは?

ice

捻挫の応急処置に湿布は向いていないのでした。では実際に捻挫をしたらどのように応急処置をしたらよいのでしょうか?

もしあなたが捻挫してしまったら「RICE処置(ライスしょち)」を思い出してください。RICE処置とは応急処置の基本で、下記の4つの原則の頭文字をとったものです。

①Rest(安静にする)
②Ice(冷却する)
③Compression(圧迫・固定する)
④Elevation(挙上する)

Rest(安静にする)

もしスポーツをしているときなどに捻挫をしてしまったら、まずは安静にしましょう。無理に運動を続けたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。また、患部を無闇にさわらないようにします。

Ice(冷却する)

捻挫の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。もし足首や手首を捻挫してしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。

具体的にはキンキンに冷えた氷水の入ったバケツを用意します。そして、そこに約10~15分ほど患部を入れているがよいです。また、氷をたっぷりと入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やすのでもOKです。

すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。

Compression(圧迫・固定する)

捻挫をした関節周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、患部への血流が止まるため、内出血や炎症を抑える効果を得られます。また、関節を固定することで、靭帯などの修復を早める効果も得られます。ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。

Elevation(挙上する)

患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液やリンパ液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。そのため、もし足首や手首などを捻挫してしまったら、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。特に就寝時に患部を拳上するようにしていると、捻挫が治りやすくなります。

最後に

いかがでしたか?捻挫の治療法として湿布は効果があるのかについて解説してきました。湿布には捻挫の痛みを和らげる効果はありますが、捻挫の応急処置などには向いていません。決して湿布は万能ではないことを覚えておきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加