マジで最速!短期間で爪を伸ばす15コの方法

tsume2

「ネイルをしたいから、爪を伸ばしたい!」
「せっかく伸ばしていた爪が欠けてしまった…」
「深爪してしまった…」

などなど。できるだけ早く爪を伸ばしたいと思うことってありますよね。ここでは短期間で爪を伸ばす15コの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

爪の成分は?

まずは爪について最低限の知識を抑えておきましょう。

「爪は骨と同じようにカルシウムでできている」と思われがちですが、実はそうではありません。爪は皮膚の一部が角質化したもので、爪の主成分はケラチンというたんぱく質です。

他にも爪には水分や脂肪が含まれています。構成量は少ないながらも、水分や脂肪は爪に潤いを与える役割があります。水分や脂肪が不足すると、爪は折れたり、欠けたりしやすくなってしまいます。

爪の伸びる速度はどのくらい?

一般的な爪の伸びる速度は1日に約0.1mmほどです。10日間で約1mm、100日間で約1cmほど伸びる計算で、爪全体が生まれ変わるには約半年かかります。

もっとも爪が伸びる時期は気温の高い夏、逆にもっとも爪が伸びない時期は気温の低い冬です。というのも、外気温が高いと身体の新陳代謝が良くなるからです。できるだけ早く爪を伸ばしたいのなら、春~夏ごろを狙ったほうがいいかもしれません。

また、爪が伸びる速度は、性別や年齢、体調、栄養状態などによっても変化します。特に新陳代謝がグッと低下する30歳前後から爪は伸びづらくなる傾向にあります。

より短期間で爪を伸ばすためには以下の方法を参考にしてみてくださいね。

短期間で爪を伸ばす15コの方法

1.ハンドクリームを塗る

handcream

爪は皮膚の一部が角質化したものなので、乾燥は天敵です。爪が乾燥すると、「爪が割れる」「爪が欠ける」「爪がはがれる」などのトラブルが起きやすくなります。

しっかりと保湿してあげることで、スムーズに爪は伸びます。手の保湿をするついでに爪にもハンドクリームを塗ってあげれましょう!季節を問わず、爪も保湿をするようにします。

2.キューティクルオイルを塗る

キューティクルオイルとは、健康的な爪を伸ばすために必要な栄養分を含んだネイル専用美容液のようなもの。最近ではショッピングセンターやドラッグストアなどでも購入できるようになりました。

キューティクルオイルを爪の根元に塗りこむと、爪の健康的な成長を助けてくれます。入浴後や就寝前に塗るようにするとよいでしょう。

3.マッサージする

毎日爪のマッサージをしてあげると、爪が伸びる速度が上がります。指先の血行が良くなることで、爪にもしっかりと栄養素が届くからです。

爪の根元あたりには「爪母(そうぼ)」という爪をつくっている場所があります。ここをそれぞれ約10秒間ほどギュッと押してあげましょう。1日3セットほどが目安です。

4.たっぷりとお風呂につかる

bath

冬よりも夏に爪の伸びる速度が上がるのは、身体の新陳代謝が良くなるからでした。このように新陳代謝と爪の伸びる速度は関係しているのです。

お風呂にたっぷりとつかると、身体の新陳代謝が良くなるため、爪は伸びやすくなります。入浴のついでにマッサージを行うとより効果的です。

5.洗剤や除光液を避ける

食器洗いのときに使う洗剤は、爪の水分や油分を奪ってしまいます。短期間で爪を伸ばしたいのなら、食器洗いはゴム手袋などを着用するようにしましょう。

また、同じように爪の水分や油分を奪うため、除光液も爪にダメージを与えます。爪を伸ばしているときは、できるだけマニキュアも避けたいところです。どうしても除光液を使う場合には、アセトンフリーのものを選びましょう。

6.水をたっぷりと飲む

乾燥はあらゆる爪のトラブルの元です。爪が乾燥すると、「爪が割れる」「爪が欠ける」「爪がはがれる」などのトラブルが起きやすくなります。せっかく爪が短期間で伸びたとしても、ボロボロの爪では意味がないですよね。

爪を乾燥から守るためには、身体の内側からたっぷりと水分を補給してあげましょう。十分に水分補給をすると、健康的で美しい爪が育ちます。

具体的には毎日1.5~2.0リットルのミネラルウォーターを飲むようにします。ただし、カフェインを含むコーヒー・緑茶・紅茶・ウーロン茶などは含みません。カフェインは体外に水分を排出してしまうからです。

スポンサーリンク

7.たんぱく質を十分に摂取する

meet

あなたはダイエットのために肉・魚類や乳製品を避けていませんか?

爪の主成分はケラチンというたんぱく質でしたね。そのため、普段の食生活でしっかりとたんぱく質を摂取しないと、正常に爪をつくることができなくなります。

短期間で爪を伸ばすためには、たっぷりと良質なたんぱく質を摂取しましょう。肉・魚類、乳製品、卵、大豆製品などをバランスよく食べることが大切です。

8.ビタミンB2を摂取する

細胞の再生・成長を促進する効果を持つビタミンB2は、健康的な爪を伸ばすためにも大切な役割を果たす栄養素です。

レバー、うなぎ、卵、納豆、乳製品などのビタミンB2を豊富に含んむ食材を積極的に摂るようにしましょう。ビタミンB2は水溶性ですから、食材を洗いすぎるのはよくありません。また、煮汁ごと利用できるような料理が向いています。

9.ビタミンB6を摂取する

ビタミンB6はケラチンの生成に関与しているため、短期間で爪を伸ばしたい方にはぜひ意識的に摂取してもらいたい栄養素です。

ビタミンB6は肉類・魚類全般に豊富に含まれています。特にたくさんのビタミンB6を含んでいるのは、まぐろ・かつお・牛レバーなどです。また、果実のなかでは比較的バナナがビタミンB6を豊富に含んでいます。

10.亜鉛を摂取する

亜鉛は短期間で爪を伸ばすために絶対に欠かせません。亜鉛は爪を生成するときに必要な栄養素だからです。

亜鉛を比較的多く含む食品には、豚レバー、あさり、牡蠣(かき)、アーモンド、チーズ、大豆製品などがあります。なかなか意識的に亜鉛を摂れないときは、サプリメントを活用するのもよいですね。

また、ビタミンCには亜鉛の吸収効果を高める作用があります。合わせて摂るようにするとよいでしょう。

11.指先をたくさん使う

keyboard

指先が刺激されると、爪が伸びやすくなるそうです。おそらく指先の血行が促進されることで、爪の新陳代謝も良くなるからでしょう。

パソコンでキーボードをたくさん打ったり、ピアノやギターなどの楽器を弾いたりすると、爪が伸びやすくなるかもしれません。意識的に指先をたくさん使う活動をしてみるのはいかがでしょうか?

12.タバコは吸わない

タバコを吸うと毛細血管が収縮するので、爪に栄養が届きづらくなります。そのため、爪が伸びるのが遅くなることがあります。

13.規則正しいリズムで睡眠をとる

sleep

夜10時から午前2時までは睡眠のゴールデンタイムと呼ばれます。この時間帯にしっかり寝ていると、成長ホルモンがたっぷり分泌されるので、美容や健康に効果的です。皮膚の一部である爪にとっても、それは同じこと。忙しいとなかなか難しいですが、できれば日付が変わる前にはベッドに入るようにしたいですね。

そして、睡眠は一定のリズムでとることが大切です。毎日就寝時間と起床時間が違うというのは、良質な睡眠とは言えまえん。また、平日は5時間だけど、休日にまとめて10時間くらい寝るというのもあまり意味がありません。規則正しいリズムで睡眠をとるようにしましょう。

14.ストレスを発散する

あなたは仕事や人間関係でストレスを感じていませんか?ストレスは爪の成長を妨げる要因の1つです。ストレスは毛細血管を収縮させてしまいます。そのため、指先の血行が悪くなり、爪に十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。

お風呂でゆったりとした時間を過ごす、スポーツをする、思いっきり友達とおしゃべりをするなどなど、何でもよいので自分なりにストレスを発散するようにしましょう。

15.適度に運動をする

undo

適度に運動にすると、身体の代謝が良くなるため、爪が伸びる速度も上がります。できるだけ短期間で爪を伸ばしたいという方は、運動を習慣にしてみるとよいかもしれません。もちろん、他の美容・健康にも効果的です。

今まであまり運動をしていなかった方が、いきなりハァハァ息が上がるような運動をする必要はありません。まずはストレッチやウォーキングなどからスタートするとよいでしょう。

最後に

いかがでしたか?短期間で爪を伸ばす15コの方法をご紹介してきました。もちろん、すべてを同時に試す必要はありません。できそうなものから1つずつ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加