捻挫の完全まとめ(症状・原因・応急処置・治療方法など)

nenza

捻挫は頻繁に起きるケガのひとつです。足首などの捻挫を経験したことのある方もきっとたくさんいらっしゃいますよね。ただ意外と捻挫のことはあまり知らないものです。

ここでは捻挫の症状・原因・予防方法・応急処置・治療方法・リハビリ方法・後遺症などについてまとめました。もしあなたが足首など捻挫をしてしまった場合には、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも捻挫とは?

そもそも捻挫とは、骨と骨を繋いでいる関節部分(靭帯・腱・軟骨など)の損傷のことです。関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることで起きます。関節のある部位ならどこでも起きる可能性がありますが、実際には足首や手首などで発生しやすいケガです。

また、捻挫にもさまざまな損傷レベルがあります。一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷のケースが多いのですが、部分的に靭帯が切れているような重傷のケースも少なくありません。また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。

捻挫の症状は?

  • 患部の関節周辺が痛む
  • 患部の関節周辺が腫れる
  • 患部の関節周辺が熱を持つ
  • 患部の関節周辺が赤っぽくなる
  • 患部の関節周辺が変色する(内出血)

捻挫の代表的な症状には上記のようなものがあります。このような捻挫の症状が出るのは、捻挫は少なからず内出血炎症を引き起こすからです。どれくらい捻挫の症状が出るのかは、その捻挫の損傷レベルによるでしょう。

捻挫の原因は?

basketball

捻挫の原因となるのは、関節部分に運動許容範囲を超えた負荷がかかることです。わたしたちの身体の関節はそれぞれ可動域が決まっています。そのため、突発的な衝撃によって関節が可動域以上に動かされてしまうと、捻挫につながってしまうのです。

たとえば、バスケットボール・バレーボール・バドミントン・卓球・テニス・サッカーなどは、足首の関節を捻挫しやすいスポーツです。というのも、これらのスポーツでは、上下・前後・左右などへの急激な方向転換が要求されるからです。また、日常生活では階段を踏み外したりしたときに、足首の関節を捻挫しやすいです。

捻挫の予防方法は?

nenza1

捻挫は基本的に突発的なアクシデントによって起きる損傷ですから、確実に回避することはできません。ただスポーツをしているときなどの捻挫はそれなりに予防することができます。

まずスポーツを始める前には、必ずウォーミングアップをするようにしましょう。身体の筋肉や関節が固いままでスポーツを始めると、捻挫の危険性が高くなります。また、普段からストレッチで筋肉や関節の柔軟性を高めると、より捻挫の予防に効果的です。

さらに足首などを捻挫しやすい方は、テーピングやサポーターで関節を補強するのもよい方法です。捻挫を完全に回避するまではいかなくても、捻挫の症状の緩和につながります。

捻挫の応急処置は?

nenza

捻挫は迅速に応急処置を行うことが大切です。最初に適切な応急処置ができれば、捻挫の早期回復につながるからです。

もしあなたが捻挫してしまったら「RICE処置(ライスしょち)」を思い出してください。RICE処置とは応急処置の基本で、下記の4つの原則の頭文字をとったものです。

①Rest(安静にする)
②Ice(冷却する)
③Compression(圧迫・固定する)
④Elevation(挙上する)

Rest(安静にする)

もしスポーツをしているときなどに捻挫をしてしたら、まずは安静にしましょう。無理に運動を続けたりすると、内出血や炎症が悪化してしまいます。また、患部を無闇にさわらないようにします。

Ice(冷却する)

捻挫の応急処置で最も重要なのが冷却(アイシング)です。すぐに患部を冷却することで、内出血や炎症を最小限に抑えることができます。もし足首や手首を捻挫してしまったら、できるだけ迅速に患部を冷却するようにしましょう。

具体的にはキンキンに冷えた氷水の入ったバケツを用意します。そして、そこに約15~20分ほど患部を入れているがよいです。また、氷をたっぷりと入れたビニール袋(2重・3重にするとよい)などで患部を冷やすのでもOKです。ただ凍傷には十分に注意してください。

すぐに氷を用意できない場合には、流しっぱなしにした水道水に患部をつけることでも、一定の冷却効果を得ることができます。

Compression(圧迫・固定する)

捻挫をした関節周辺を包帯やテーピングで圧迫すると、患部への血流が止まるため、内出血や炎症を抑える効果を得られます。また、関節を固定することで、靭帯などの修復を早める効果も得られます。ただ包帯やテーピングをあまりきつくしすぎないようにしましょう。健康な細胞まで壊死してしまうことがあります。

Elevation(挙上する)

患部が心臓より低い位置にあると、患部に血液がどんどん流れるため、内出血や炎症が助長されます。そのため、もし足首などを捻挫してしまったら、患部を心臓より高い位置に保つように意識しましょう。特に就寝時にも患部を拳上するようにしていると、捻挫がスムーズに治りやすくなります。

スポンサーリンク

捻挫は病院を受診すべきなのか?

isya

もしあなたが足首など捻挫をしてしまった場合には、できれば自己判断せずに病院を受診するほうがよいでしょう。というのも、どのくらい捻挫で関節組織を損傷したのかは、なかなか見た目だけで判断できないからです。

一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷の捻挫がほとんどですが、部分的に靭帯が切れているような重傷の捻挫ということも少なくありません。また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。

特に下記のような状態のときには必ず病院を受診しましょう。「特に問題はなかった」と確認するだけでも、病院を受診する価値はあります。

  • 捻挫をした関節が明らかに変形している
  • 捻挫をした関節を動かそうとすると激痛が走る
  • 捻挫をした関節を自力で動かせない
  • 捻挫をした関節周辺がパンパンに張れている(通常時の1.5倍以上が目安)
  • 捻挫をした関節の痛みがいつまでもとれない

なお、捻挫は病院の整形外科を受診するようにします。整形外科は骨・関節・靭帯・腱・神経・筋肉などの運動器を専門としていますから、適切な診察をしてくれるでしょう。

逆に捻挫の診察で整骨院や接骨院には行くべきではありません。というのも、捻挫の症状を正確に診断するために必要なレントゲン撮影は、整骨院や接骨院ではできないからです。必ず整形外科の専門医がいる病院で診察を受けるようにしましょう。もちろん、捻挫の治療やリハビリの段階で信頼できる整骨院や接骨院に行くのはよいでしょう。

捻挫の治療方法は?

nenza

捻挫の治療は基本的に保存療法で行います。つまり、患部を固定した上でできるだけ安静にしているということです。捻挫による靭帯損傷レベルが大きい場合には、外科手術で靭帯の縫合や再建を行うケースもあります。

一時的に靭帯が伸びているくらいの軽傷の捻挫は、適切な応急処置をした上でできるだけ安静にしていれば、おおよそ1週間ほどで痛みや腫れは引いてきます。一時的に靭帯が伸びているくらいの軽傷の捻挫が完治するまでの期間は、おおよそ2~3週間が目安になるでしょう。

一方で部分的に靭帯が切れているような重傷の捻挫が完治するまでの期間は、当然もっと長くなります。最低でも1~2か月はかかってしまうでしょう。靱帯断裂・脱臼・骨折などを伴っていれば、さらに回復期間が必要です。

捻挫のリハビリ方法は?

rihabiri

捻挫の治療では基本的に安静にしているため、次第に関節が固まってしまいます。わたしたちの身体は非常に節約家なので、長期間使われていないものは不要だと判断してしまうのです。そのままにしていると捻挫を再発しやすくなりますから、リハビリトレーニングをしたほうがよいでしょう。

たとえば、足首の捻挫のリハビリトレーニングでは「足首を曲げる」「足首を伸ばす」「足首をクルクル回す」「足の指でグー・チョキ・パーを作る」「足の指でビー玉をつかむ」などを行います。

ただ捻挫のリハビリトレーニングで無理をしてはいけません。関節に痛みを感じたら、すぐにリハビリトレーニング中断します。少しずつ関節を元通りにしていきましょう。

捻挫の後遺症とは?

nenza

  • 患部の関節に痛みや腫れが残っている
  • 患部の関節がグラグラと不安定なままになっている
  • 患部の関節の可動域が制限されている
  • 患部の関節からポキポキと変な音が鳴る
  • 何となく患部の関節周辺に違和感を感じる
  • 患部の関節周辺にしびれを感じることがある
  • 身体のバランスが崩れることで頭痛・腰痛・肩こりなどが起きる

捻挫の後遺症の症状には上記のようなものがあります。いくつかあてはまるものがあるのであれば、もしかしたら捻挫の後遺症が残ってしまったのかもしれません。

捻挫の応急処置・治療・リハビリを怠ると、捻挫の後遺症が残ってしまうことがあります。もし捻挫の後遺症が残ってしまった場合には、保存療法で十分に改善することは難しくなります…。確実に捻挫の後遺症を改善するには外科手術が必要になるでしょう。

捻挫はよくあるケガのひとつですが、決して軽視はできません。捻挫の後遺症が残らないように、最初に適切な応急処置・治療・リハビリを行うことが大切です。

最後に

いかがでしたか?捻挫の症状・原因・予防方法・応急処置・治療方法・リハビリ方法・後遺症などをお伝えしてきました。もしスポーツをしているときなどに捻挫をしてしまったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加