リネンジャケットを着てもよい時期はいつからいつまで?秋や冬は変なの?

リネンジャケットをファッションアイテムとして愛用している方も、きっとたくさんいらっしゃいますよね。リネンジャケットを羽織ると手軽に清涼感を演出することができます。

ただファッションでは季節感も大切です。リネンジャケットを着る最適な時期はいつくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

リネンとは?

リネンジャケットの最適な時期はいつくらいなのかを考える前に、ちょっとだけリネンという素材について理解を深めておきましょう。何かのヒントになるかもしれません。あまり興味がない方は読み飛ばしてくださいね。

「リネン」とは亜麻という植物の繊維を原料につくられる素材のことで、春夏用の洋服やシーツ・テーブルクロス・ハンカチなどによく使用されます。エジプトでは紀元前5000年ごろにはリネンの洋服がつくられていた記録があることから、リネンは世界最古の洋服繊維とも言われています。

また、「麻」と「リネン」は同じものだと思われがちですが、実は厳密には異なります。一般的に「麻」は植物の繊維を原料につくられる素材の総称のこと。つまり、「麻」には「リネン(亜麻)」も含まれていますが、他にも「ラミー(苧麻)」「ヘンプ(大麻)」「ジュート(黄麻)」など別の種類のものがあるのです。

ただ日本で流通している洋服に「麻」と表記されている場合には、ほとんどが「リネン(亜麻)」を使っています。

洋服の素材として使用するときのリネンの長所・短所は以下の通りです。

リネンの長所

  • 頑丈で長持ちする
  • 水分の吸収・発散性に優れている
  • 通気性が良い
  • 洗濯で汚れが落ちやすい
  • カビ・雑菌の繁殖を抑制する

リネンの短所

  • 洗濯で縮みやすい
  • シワがつきやすい
  • 摩擦で毛羽立ちやすい
スポンサーリンク

リネンジャケットの最適な時期はいつくらいなのか?

一般的にリネンジャケットが活躍する主な時期は春夏です。リネン素材は非常に通気性が高い上に、スピーディに汗を吸収・発散してくれるので、日本の高温多湿な春夏の気候に適しているのです。また、リネンジャケットはアウターとして羽織るものですから、初秋にも十分に活躍するでしょう。

それぞれのアイテムやコーディネートにも影響されますが、具体的にリネンジャケットをいつからいつまで着れるかというと、おおよそ4月中旬ごろから10月上旬ごろまでが目安になります(東京の気候を基準にしています)。インターネット上の口コミを調べてみても、おおよそこのくらいを目安にしているという方がほとんどでした。

4月上旬以前はまだまだ朝晩を通して肌寒いです。また、10月中旬以後もだんだんと肌寒い気候が増えてきます。いずれもリネンジャケットを羽織っているだけだと「ちょっと寒々しい…」という印象を与えてしまいまいやすいでしょう。もちろん、4月上旬や10月中旬以後にも気温が上昇することはありますが、暦的に季節感がない印象になってしまいがちです。

スポンサーリンク

リネンジャケットを秋冬に着るのは変なのか?

ここまでリネンジャケットが活躍する主な時期は春夏(+初秋)だというお話をしてきました。ではリネンシャツを秋冬に着るのは変なのでしょうか?

実はリネン素材は空気を含みやすいので、それなりに保温性もあります。しかも最近ではファッションのシーズンレス化が進んでいるからなのか、リネンジャケットでも通年で活用できるものがたくさん登場しています。したがって、一概にリネンジャケットを秋冬に着るのが変だとは言えないでしょう。

以下ではリネンジャケットを秋冬に着るときの5つのチェックポイントをご紹介します。あなたが持っているリネンジャケットに3つ以上あてはまる場合は、秋冬に着用しても基本的に問題ないかと思います。また、洋服のデザイナーさんも秋冬でも着用できるようにつくっている可能性が高いです。

1.目が細かい
リネンジャケットの表面の目が粗くなると春夏ものという印象が強くなります。逆にリネンジャケットの表面の目が細かくなると春夏ものという印象が弱くなります。したがって、リネンジャケットでも表面の目が詰まっているものは、秋冬に使用できる可能性があります。

2.厚手である
他の洋服でも同じことですが、単純にリネンジャケットも薄手だと涼しくなりますし、一方で厚手だと温かくなります。したがって、リネンジャケットでも厚手のものは秋冬に着用できる可能性があります。リネンジャケットを光にかざしたときにどのくらい透けるかで判断しましょう。

3.通年で使えるカラーである
たとえば、ブラック・ダークグレー・ネイビーなどは季節を問わずに使いやすい洋服のカラーです。したがって、リネンジャケットでも秋冬に使いやすいでしょう。しかし、サーモンピンク・レモンイエロー・ライトブルーなどのパステルカラーのリネンジャケットは清涼感のある印象になりがちですので、基本的には秋冬には使いづらくなります。

4.ウールなどが混紡されている
リネンジャケットでもウールやカシミヤなどが混紡されているようなものは、秋冬の気候にも適しています。むしろ、真夏に着ると暑苦しいかもしれません。

5.総裏仕様になっている
リネンジャケットの裏地を確認してみてください。リネンジャケットが総裏仕様(全面に裏地がある)になっている場合には、通年用にデザインされている可能性が高いです。一方、リネンジャケットに裏地がついていなかったり、背抜き仕様(背中のところに裏地がない)になっていたりする場合には、春夏用にデザインされている可能性が高いです。

最後に

いかがでしたか?リネンジャケットの最適な時期はいつくらいなのかを考えてきました。一般的にリネンジャケットが活躍する主な時期は春夏(+初秋)でした。しかし、他のお洋服との組み合わせを工夫すれば、リネンジャケットは十分に秋冬も活用できます。そのため、一概にリネンジャケットを秋冬に着るのが変だとは言い切れません。

ご自身が持っているリネンジャケットのデザインなども考慮した上で、いつ着用するのかを判断してみてくださいね。

<画像引用>
●RING JACKET
http://www.ringjacket.co.jp/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加