リネンジャケットのシワを伸ばしたい!アイロンをかけてもいいの?

「リネンジャケットを着用していたら、だんだんとシワが気になってきた…」

あなたはこんな経験ありませんか?リネンジャケットはちょっとクタっとした雰囲気も魅力ですが、やはりあまりにシワシワだとカッコ悪いですよね。

ここではリネンジャケットのシワを伸ばす方法を解説します。また、そもそもリネンジャケットにシワをあまりつけない洗濯・管理の仕方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここではあくまで一般的なリネンジャケットのシワを伸ばす方法などを解説します。例外的なものもありますので、必ずそれぞれのリネンジャケットの洗濯表示をご確認ください。
スポンサーリンク

リネンとは?

リネンジャケットのシワを伸ばす方法を考える前に、ちょっとだけリネンという素材について理解を深めておきましょう。リネンジャケットのお手入れの仕方を考えるヒントになるかもしれません。

「リネン」とは亜麻という植物の繊維を原料につくられる素材のことで、春夏用の洋服やシーツ・テーブルクロス・ハンカチなどによく使用されます。エジプトでは紀元前5000年ごろにはリネンの洋服がつくられていた記録があることから、リネンは世界最古の洋服繊維とも言われています。

また、「麻」と「リネン」は同じものだと思われがちですが、実は厳密には異なります。一般的に「麻」は植物の繊維を原料につくられる素材の総称のこと。つまり、「麻」には「リネン(亜麻)」も含まれていますが、他にも「ラミー(苧麻)」「ヘンプ(大麻)」「ジュート(黄麻)」など別の種類のものがあるのです。

ただ日本で流通している洋服に「麻」と表記されている場合には、ほとんどが「リネン(亜麻)」を使っています。

洋服の素材として使用するときのリネンの長所・短所は以下の通りです。

リネンの長所

  • 頑丈で長持ちする
  • 水分の吸収・発散性に優れている
  • 通気性が良い
  • 洗濯で汚れが落ちやすい
  • カビ・雑菌の繁殖を抑制する

リネンの短所

  • 洗濯で縮みやすい
  • シワがつきやすい
  • 摩擦で毛羽立ちやすい
スポンサーリンク

リネンジャケットのシワは伸ばすべきなのか?

リネンジャケットはクタっとした自然な雰囲気が魅力でもあります。そもそもリネンジャケットのシワは伸ばすべきなのでしょうか?

リネンジャケットのシワをしっかりと伸ばすかどうかは、TPOで判断するのがおすすめです。インターネット上の口コミを調べてみても、リネンジャケットのシワを伸ばすかどうかはTPOで判断しているという意見が多数でした。

たとえば、リネンジャケットをフォーマルシーンで着る場合には、しっかりとシワを伸ばしておいたほうがよいです。やはり仕事や結婚式などのフォーマルシーンでジャケットがシワシワだと不自然な印象になりがちだからです。

一方、リネンジャケットをカジュアルシーンで着る場合には、ちょっとシワが残っているくらいがよいかもしれません。普段着のリネンジャケットがパリッとしすぎていると、ちょっと頑張りすぎている印象になりがちだからです。ただリネンジャケットがシワシワすぎるのもコーディネートが難しいので、適度にシワは伸ばしておくのがよいかと思います。

最終的には個人の価値観・嗜好・ライフスタイルなどによって変わります。ご自身のファッションなども考慮した上で、リネンジャケットのシワを伸ばすかを判断してみてください。

リネンジャケットのシワはアイロンで伸ばそう!

ジャケットは高熱にも耐えられる素材です。リネンジャケットのシワをしっかりと伸ばしたいときにはアイロンをかけるのがよいです。

ただリネンジャケットが完全に乾いた状態でアイロンをかけても、ほとんどシワは伸びません。そのため、リネンジャケットにアイロンをかける場合には、たっぷりと水分を含ませましょう。アイロンのスチームくらいではあまり効果がないので、霧吹きなどでたっぷりと濡らしてください。

あとは普通にリネンジャケットにアイロンをかけていきす。アイロンは温度設定は中温~高温がよいです(必ずそれぞれのリネンジャケットの洗濯表示でアイロンの温度設定を確認しましょう)。ゆっくりと一定の方向にアイロンを動かしていくのがリネンジャケットのシワを伸ばすコツです。

また、リネンリネンジャケットに直接アイロンをあてると、テカってしまうことがあります。リネンリネンジャケットをテカらせたくない場合には、適当なハンカチなどをあてるようにしましょう。

スポンサーリンク

シワ伸ばしスプレーも便利!

リネンジャケットに洗濯などできついシワがついてしまった場合には、やはりアイロンをかけるのがよいでしょう。しかし、リネンジャケットに着用などでちょっとしたシワがついてしまった場合には、「シワ伸ばしスプレー」を使うのもおすすめです。

シワ伸ばしスプレーは各メーカーから約300~1000円ほどで販売されています。スーパー・ドラッグストア・ホームセンターなどの生活用品コーナーに置いてありますし、インターネット通販でも購入できます。下記のシワ伸ばしスプレーは花王が販売しているものです。

シワ伸ばしスプレーは誰でも簡単に使えます。まずリネンジャケットのシワが目立つところがしっとりと濡れるくらいスプレーします。そして、シワを中心に縦・横・斜めと生地を引っ張りましょう。あとはリネンジャケットをハンガーなどに吊るした状態で約10~15分放置しておくだけです。リネンジャケットが乾くとシワが伸びているはずです。

ほとんどのシワ伸ばしスプレーは洋服の消臭効果も持っています。リネンジャケットを着用した後に適当に吹きかけておくのもよいでしょう。

リネンジャケットのシワを自宅のお風呂場でとる裏ワザ

また、リネンジャケットのシワを自宅のお風呂場でとる裏ワザもあります。具体的にはリネンジャケットを入浴後のお風呂場に一晩吊るしておくだけです。そうすると、リネンジャケットについたシワがお風呂場の湿気でキレイにとれるのです。

その後はリネンジャケットを風通しのよいところでしっかり乾かします。すぐにリネンジャケットを着用したい場合にはドライヤーなどで乾かしてもよいでしょう。

ご自宅でリネンジャケットのシワをとりたいときにはもちろんですが、旅行・出張先のホテルなどでリネンジャケットのシワをとりたいときにも便利な裏技です。

そもそもリネンジャケットにできるだけシワをつけない洗濯・管理の仕方とは?

ここまでリネンジャケットのシワを伸ばす方法を解説してきましたが、そもそもリネンジャケットにシワをつけないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

洗う

もしリネンジャケットを洗濯機にかける場合には、必ず洗濯ネットに入れるようにします。他の洋服と絡むとシワになりやすいからです。洋服を洗濯ネットに入れる前に、「①ボタンを留める」→「②裏返す」→「③たたむ」というステップを踏むと、さらにシワができづらくなります。

また、リネンジャケットを手洗いする場合には、決してゴシゴシ擦ったりしてはいけません。リネンジャケットを洗濯液に浸したら、手のひらでふんわりと押すように洗っていきます。リネンジャケットを浮かせたり沈ませたりを何度か繰り返しましょう。リネンジャケットをすすぐときにも同様にします。

リネンジャケットをご自宅で洗濯する場合には、花王のエマールやLIONのアクロンなどのおしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。リネンジャケットにシワがつきづらくするためには、単純に柔軟剤を入れるのも効果があります。

干す

リネンジャケットにシワをつけないためには、「ドリップドライ(濡れ干し)」というテクニックが非常に有効です。リネンジャケットにアイロンをかける手間を省きたい方はぜひ試してみてください。

まずリネンジャケットを洗濯した後は一切脱水をしないようにします。そして、リネンジャケットのシワを丁寧に伸ばしたら、水滴がボトボトの滴る状態でハンガーに吊るしておきましょう。

そうすると、リネンジャケットが自重に引っ張られながら乾いていくので、ほとんどシワが残りません。リネンジャケットがアイロンをかけずに十分着用できるレベルになります。もしアイロンをかけるにしても、非常に楽になります。

「それではリネンジャケットが全然乾かないのではないか?」と疑問に思うかもしれません。でも安心してください。リネンジャケットは非常に乾きやすいので、夏場であればおおよそ3~5時間で完全に乾きます。朝に洗濯をしたら昼には乾いているイメージですね。

もちろん、リネンジャケットをドリップドライするときには、お風呂場などの水滴が落ちてもよいところを利用しましょう。おおよそ20~30分でほとんど水滴が滴らなくなるので、その後は別のところに移動してもよいです。リネンジャケットは長時間直射日光にあてると色あせてしまうことがあるので、日陰に干してください。

また、ハンガーはしっかりと厚みのあるものを使うのがおすすめです。そうすると、リネンジャケットの肩のところにシワができづらくなります。しっかりとしたハンガーがなければ、プラスチックハンガーを3~4本重ねれば十分に代用できます。

収納する

リネンジャケットにシワをつけないためには、ハンガーに吊るしておくのが理想です。ただすべての洋服をハンガーに吊るしていたのではスペースが足りなくなりますから、リネンジャケットを長期間収納するときにはたたんでおかなければいけないこともあるでしょう。

実はこのときもリネンジャケットにシワをつけないコツがあります。それはリネンジャケットの内側にタオルなどを挟んでおくことです。そうすれば、リネンジャケットがふんわりとたためるので、しばらく収納ケースなどに入れておいてもそれほどシワになりません。

また、リネンジャケットはできれば単体で収納するのがおすすめです。他の洋服とギュウギュウに詰め込むと、結局シワになってしまうからです。もしリネンジャケットを単体で収納できない場合には、しっかりとスペースに余裕を持たせるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?リネンジャケットのシワを伸ばす方法などを解説してきました。リネンジャケットもあまりにシワシワだとだらしない印象になることがありますから、しっかりとケアしてあげましょう。

<画像引用>
●Hues 福岡メンズセレクトショップ
http://hues.co.jp/
●MaW SAPPORO
http://maw-sapporo.com/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加