リネンジャケットを乾燥機にかけてもいいの?あえて縮ませたいならアリ?

春夏のファッションで大活躍するリネンジャケットを愛用している方は、きっとたくさんいらっしゃいますよね。

そんなリネンジャケットは洗濯後にわりと乾きやすい洋服です。しかし、それでもリネンジャケットを干す時間を省くために乾燥機にかけたくなることはあるでしょう。ではリネンジャケットは乾燥機にかけてしまってもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

リネンとは?

リネンジャケットを乾燥機にかけてもよいかを考える前に、ちょっとだけリネンという素材について理解を深めておきましょう。リネンジャケットのお手入れの仕方を考えるヒントになるかもしれません。

「リネン」とは亜麻という植物の繊維を原料につくられる素材のことで、春夏用の洋服やシーツ・テーブルクロス・ハンカチなどによく使用されます。エジプトでは紀元前5000年ごろにはリネンの洋服がつくられていた記録があることから、リネンは世界最古の洋服繊維とも言われています。

また、「麻」と「リネン」は同じものだと思われがちですが、実は厳密には異なります。一般的に「麻」は植物の繊維を原料につくられる素材の総称のこと。つまり、「麻」には「リネン(亜麻)」も含まれていますが、他にも「ラミー(苧麻)」「ヘンプ(大麻)」「ジュート(黄麻)」など別の種類のものがあるのです。

ただ日本で流通している洋服に「麻」と表記されている場合には、ほとんどが「リネン(亜麻)」を使っています。

洋服の素材として使用するときのリネンの長所・短所は以下の通りです。

リネンの長所

  • 頑丈で長持ちする
  • 水分の吸収・発散性に優れている
  • 通気性が良い
  • 洗濯で汚れが落ちやすい
  • カビ・雑菌の繁殖を抑制する

リネンの短所

  • 洗濯で縮みやすい
  • シワがつきやすい
  • 摩擦で毛羽立ちやすい

リネンジャケットを乾燥機にかけてもよいのか?

リネンジャケットを乾燥機(タンブラー)にかけるのは基本的にNGです。おそらくほとんどのリネンジャケットには洗濯表示に乾燥機(タンブラー)禁止のマークがついているはずです。

洋服の水分を高熱と機械的運動で蒸発させる乾燥機は、実は洋服へのダメージが非常に大きいです。特にリネンジャケットを乾燥機にかけると、確実に縮みます。最悪ご自身では着れなくなってしまうかもしれません。また、リネンジャケットが毛羽立ってしまったり、襟や袖がよれてしまうこともあります。

リネンジャケットにできるだけダメージを与えたくない方は、乾燥機は避けたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

リネンジャケットを乾燥機で縮める方法

前述の通り、リネンジャケットは乾燥機で縮みます。一般的に洋服が縮むのはよいことではありませんが、リネンジャケットのサイズが大きすぎる場合などには、あえて乾燥機で縮ませるという方法もあります。リネンジャケットをサイズ感が気に入らずに捨てるくらいであれば、とりあえず試してみる価値はあると思います。

では具体的な手順を見ていきましょう。

STEP1.リネンジャケットを水に浸す
洗剤には洋服を縮ませないための成分が入っていることがあります。リネンジャケットを縮ませたい場合には水だけに浸しましょう。

STEP2.リネンジャケットを脱水する
特に注意すべきことはありません。リネンジャケットから水が滴らないくらいまで普通に脱水してください。

STEP3.リネンジャケットを乾燥機にかける
リネンジャケットの水分が完全に飛ぶまで乾燥機に入れておきます。おおよそ15~20分が目安です。リネンジャケットをたくさん縮ませたい場合には、乾燥機を高温に設定しましょう。逆にリネンジャケットをちょっとだけ縮ませたい場合には、乾燥機を低温に設定するとよいです。

どのくらいリネンジャケットが乾燥機で縮むかというと、元々のサイズの約5~10%が目安になります。たとえば、元々のリネンシャツの着丈が70cmだとすると、約3.5~7.0cmくらい縮む計算です。

リネンジャケットを乾燥機で縮めるときの注意点は、やはり自分のイメージしたようになるとは限らないことです。たとえば、リネンジャケットが自分の想像よりも縮んでしまうこともあるでしょう。また、リネンジャケットがシワシワになりすぎて、ご家庭のアイロンでは伸ばしきれなくなってしまうこともあるかもしれません。

あくまでリネンジャケットを乾燥機で縮めるのは最終手段です。最終的には自己責任で試してみてください。確実にリネンジャケットのサイズを小さくしたいのであれば、専門店でお直しをしてもらったほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたか?リネンジャケットを乾燥機にかけてもよいのかなどについてお伝えしてきました。リネンジャケットを乾燥機にかけると確実に縮みます。あえてリネンジャケットのサイズを縮ませたい場合は別ですが、基本的にリネンジャケットに乾燥機は使わないほうがよいでしょう。

<画像引用>
●旭川 レディース古着屋 Little Tree
http://littletree-usa.com/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加