ネルシャツのシワを伸ばしたい!ネルシャツにアイロンをかけてもいいの?

「ネルシャツを洗濯したらシワシワになってしまった…」

あなたはこんな経験はありませんか?ネルシャツはちょっとくらいクタっとしていてもファッションとして問題ありませんが、あまりにシワシワだとカッコ悪いですよね。

ここではネルシャツのシワをきれいに伸ばす方法を解説します。また、そもそもネルシャツにシワができづらい洗濯の仕方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそもネルシャツとは?

「ネルシャツ」は略語で、「フランネルシャツ(Flannel Shirts)」が正式名称です。つまり、フランネル素材でつくられたシャツのことを指しています。

フランネルとは16世紀にイギリスのウェールズ地方で生産が始まった毛織物のこと。表面が起毛しているため、保温性が高く、非常に肌ざわりがよいのが特徴です。

もともとフランネルは毛(ウール)でつくられていましたが、現在では綿(コットン)がほとんどです。日本で非常に有名になっているUNIQLOのフランネルシャツも、基本的に原料は綿(コットン)です。

また、フランネルシャツは何となくチェック柄というイメージがありますが、フランネルは単なる素材の名称ですから、他にも無地・ストライプ・小紋柄・格子柄・花柄などのものもあります。

ネルシャツのシワはアイロンで伸ばそう!

一般的にネルシャツはアイロンをかけても問題ありません。したがって、ネルシャツのシワをしっかりと伸ばしたいときには、アイロンをかけるのが最もよい方法です。

ただアイロンをかけすぎると、ネルシャツの特徴である起毛が寝てしまいます。ネルシャツの持つ雰囲気を殺してしまいますので、アイロンを力いっぱいかけるのはやめましょう。

ネルシャツにアイロンをかけるときには、まず適当なハンカチなどをあてるようにします。ネルシャツの生地への負担を和らげるためです。

また、ネルシャツにアイロンをかけるときの温度設定は、生地の厚みに合わせて中温から高温がよいです。ネルシャツのタグにアイロンの洗濯表示もついているはずですから、それぞれ確認してみてください(ごくまれにアイロンをかけてはいけないネルシャツもあります)。

そして、ネルシャツにアイロンをかけるときには、ぐりぐりと押し付けるというよりもスチームでシワを伸ばしていくイメージを持ちましょう。ネルシャツの持つ雰囲気を殺さずにシワだけをとるには、ふんわりとアイロンをかけるのがコツです。

もしネルシャツの起毛がアイロンで潰れてしまっても、洋服ブラシをかけてあげるといくらかは復活します。そのため、よほど大切にしているネルシャツでなければ、あまり神経質にならなくてもよいと思います。洋服ブラシはほこりなどをとるときにも便利ですから、ご自宅にひとつ用意しておいてもよいかもしれません。

スポンサーリンク

シワ伸ばしスプレーもおすすめ!

ネルシャツのシワがあまりにひどい場合にはアイロンをかけたほうがよいです。しかし、頻繁にアイロンをかけるのは面倒ですので、ネルシャツにちょっとシワがついているくらいの場合には、「シワ伸ばしスプレー」を使うのもおすすめです。

シワ伸ばしスプレーは各メーカーから約300~1000円ほどで販売されています。スーパー・ドラッグストア・ホームセンターなどの生活用品コーナーに置いてありますし、インターネット通販でも購入できます。下記のシワ伸ばしスプレーは花王が販売しているものです。

シワ伸ばしスプレーは誰でも簡単に使えます。まずネルシャツのシワが気になるところがしっとりと濡れるくらいスプレーします。そして、シワを中心に縦・横・斜めと生地を引っ張りましょう。あとはネルシャツをハンガーなどに吊るした状態で約10~15分くらい放置しておくだけです。ネルシャツが乾くとシワがきれいになくなっているはずです。

ほとんどのシワ伸ばしスプレーは洋服の消臭効果も持っています。ネルシャツを着用した後のシワを伸ばすのもよいです。

そもそもネルシャツにシワがつかないようするには?

ここまでネルシャツのシワをきれいに伸ばす方法を解説してきましたが、そもそもネルシャツにシワをつけないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

洗う

まずネルシャツを洗濯機にかける場合には、必ずネットに入れるようにします。他の洋服と絡むとシワになりやすいからです。ネルシャツをネットに入れる前に、すべてボタンを留めた上でたたんでおくとさらにシワがつきづらくなります。

ネルシャツにシワがつきづらくするためには、単純に柔軟剤を入れるのも効果があります。また、ネルシャツの脱水時間はいつもより短くしましょう。

干す

ネルシャツの洗濯後(脱水後)にそのまま放置するとシワになりやすいですから、すぐにハンガーなどに吊るしましょう。そして、このネルシャツを干す前の工夫が非常に大切です。ここをしっかりやれば、ネルシャルのアイロンはほぼ不要になります。

1.振りさばく
ネルシャツの端を両手で持って、上から下へバサッと何度か振りさばきます。全体の大きいシワをとります。

2.引っ張る
襟や袖など縫い目がたくさんあるところは洗濯で縮みやすいです。結果的にシワも残りやすいですから、ピーンと何度か引っ張りましょう。

3.叩く
ネルシャツを叩くことで表面のシワを伸ばします。ネルシャツを手のひら全体で両側から挟むように叩きましょう。ハンガーに吊るしてからのほうがやりやすいです。

収納する

ネルシャツにシワをつけないためには、クローゼットなどに収納するときもハンガーに吊るしておくのが理想です。ただ自宅にハンガーで吊るすスペースがない場合にはたたんでおくしかないでしょう。

実はこのときもネルシャツにシワをつけないコツがあります。それはネルシャツをたたんだ後に立てた状態で収納することです。

実は洋服をしまったときにシワができるのは折りたたむからではありません。それよりもたくさんの洋服を積み重ねるからシワができるのです。上のほうの洋服は問題ないですが、下のほうの洋服は押しつぶされるので、くっきりとシワがついてしまいます。

これを防ぐには、洋服を立てた状態で収納するのがよいのです。そうすれば、しばらく洋服を収納ケースに入れておいても、それほどシワにはなりません。着用前にちょっと手でシワを伸ばすくらいでも問題ないでしょう。

また、洋服を立てた状態で収納するときには、スペースに余裕を持たせることも大切です。ギュウギュウに洋服を詰め込むと、結局シワになってしまいます。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?ネルシャツのシワをきれいに伸ばす方法などを解説してきました。ネルシャツがあまりにシワシワだと不衛生に見えてしまうこともありますから、しっかりとケアしてあげましょう。

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加