ベルベット素材のシワをとりたい!ベルベット素材にアイロンをかけてもいいの?

「ベルベット素材のジャケットを適当に収納していたらシワがついてしまった…」
「ベルベット素材のスカートで長時間座っていたらシワシワになってしまった…」
「ベルベット素材のワンピースを洗濯したらシワがとれなくなってしまった…」

あなたはこんな経験ありませんか?ベルベットは高級感の漂う素材だけにシワがついていると残念な印象になってしまいますよね。

ここではベルベット素材の洋服についたシワをとる3つの方法を解説お伝えします。また、ベルベット素材の洋服にシワがつきづらい管理の仕方などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここではあくまで一般的なベルベット素材の洋服についたシワをとる方法などを解説します。例外的なものもありますから、必ずそれぞれの洋服の洗濯表示を確認ください。最終的には自己責任でお願いいたします。
スポンサーリンク

ベルベット素材とは?

ベルベット素材の洋服についたシワをとる方法を考える前に、ちょっとだけベルベット素材について理解を深めておきましょう。ベルベット素材の洋服のお手入れについて考えるヒントになります。

そもそも「ベルベット(英語:Velvet)」とは、パイルをカットすることで表面を起毛させた織物素材のことです。別名は「ビロード(ポルトガル語:Veludo/スペイン語:Velludo)」です。

ベルベット素材の原料になるのは、絹(シルク)・レーヨン・アセテートなどです。ベルベット素材は非常にソフトで保温性に優れているとともに、優雅な光沢感を持っているのが特徴です。そのため、昔はヨーロッパの王族・貴族に愛用されていました。現在でもフォーマル用のジャケット・ドレス・バッグなどによく使われます。

また、「ベルベット」と「ベロア」は混同されがちですが、実は別のものです。確かに「ベルベット」と「ベロア」は見た目がよく似ているのですが、「ベルベット」が織物(縦糸と横糸で構成される)なのに対して「ベロア」は編物(ループ状に糸が構成される)です。ただ一般的な洋服屋さんでは厳密に区別していないこともあります。

ベルベット素材の洋服にアイロンをかけてもよいのか?

洋服のシワを伸ばしたいとき、すぐに頭に浮かぶのはアイロンですよね。ではベルベット素材の洋服にアイロンをかけてもよいのでしょうか?

一般的にベルベット素材に直接アイロンでプレスをかけてはいけません。もちろん、例外的なものもありますから、まずはそれぞれの洋服の洗濯表示を確認してみましょう。

ベルベット素材に直接アイロンでプレスをかけてはいけないのは、表面の起毛が完全に倒れてしまうからです。もしベルベット素材の起毛が倒れてしまうと、ベルベット素材が持っている独特の雰囲気が死んでしまいます…。

また、ベルベット素材は熱に弱い繊維を使っていることがあります。そのため、ベルベット素材に直接アイロンでプレスをかけると、表面が溶けてしまうことで、テカテカとした仕上がりになってしまう可能性もあります。

したがって、ベルベット素材の洋服のシワをとりたいときには、別の方法を検討したほうがよいでしょう。以下ではベルベット素材の洋服についたシワをとる3つの方法をご紹介します。

ベルベット素材の洋服のシワをとる3つの方法とは?

方法1.スチームアイロンで蒸気だけをあてる

ベルベット素材の洋服に直接アイロンでプレスをかけるべきではありませんでした。しかし、一切アイロンが使えないという意味ではありません。

ベルベット素材の洋服についたシワを伸ばしたい場合には、スチームアイロンの蒸気だけをあてるようにしましょう。そうすれば、ベルベット素材の表面の起毛を倒さず、シワだけをとることができます。

具体的には洋服からスチームアイロンを約2~3cm浮かせた状態で蒸気だけをあてます。このとき、洋服をハンガーなどに吊るしておくとやりやすいです。

しっかりシワが伸びたら、そのまま約5~10分くらいハンガーに吊るしておきます。完全に洋服が乾く前にクローゼットなどに収納してしまうと、またシワがついてしまうことがありますので、しばらく時間をおいてから収納しましょう。

方法2.お風呂場に一晩吊るしておく

「スチームアイロンを持っていない…」という方もご安心ください。実は自宅のお風呂場でも同様の効果を得られます。

具体的にはベルベット素材の洋服を入浴後のお風呂場に一晩吊るしておくだけです。そうすると、ベルベット素材の洋服についたシワがお風呂場の湿気でキレイにとれるのです。

このとき、ベルベット素材の洋服に直接水滴などがついたりしないように注意してください。また、ベルベット素材の洋服がハンガーなどから落ちないように、適当なタオルの上から洗濯バサミで固定するなどの工夫をしましょう(タオルをあてるのは洗濯バサミの跡がつかないようにするためです)。

その後はベルベット素材の洋服を風通しのよいところに移動させます。完全に洋服が乾いたら、適度にブラッシングをしてあげましょう。仕上がりがさらにきれいになります。

スポンサーリンク

方法3.シワ伸ばしスプレーを使う

ベルベット素材の洋服にちょっとシワがついているくらいの場合には、「シワ伸ばしスプレー」を使うのもおすすめです。とにかく手軽に洋服のシワをとることができます。

シワ伸ばしスプレーは各メーカーから約300~1000円ほどで販売されています。スーパー・ドラッグストア・ホームセンターなどの生活用品コーナーに置いてありますし、インターネット通販でも購入できます。下記のシワ伸ばしスプレーは花王が販売しているものです。

シワ伸ばしスプレーを使うのは簡単です。まずベルベット素材の洋服のシワが目立つところがしっとりと湿るくらいまでスプレーします。そして、シワを中心に縦・横・斜めと生地を引き伸ばします。あとは洋服をハンガーなどに吊るした状態でおおよそ10~15分くらい放置しておくだけです。洋服が乾くとシワがきれいになくなっているはずです。

ほとんどのシワ伸ばしスプレーは洋服の消臭効果も持っています。ベルベット素材の洋服を着用した後に適当に吹きかけておくのもよいでしょう。

そもそもベルベット素材の洋服にシワをつけない収納の仕方とは?

ここまでベルベット素材の洋服についたシワをとる方法をご紹介してきました。しかし、スチームアイロンで蒸気をあてたりするのは面倒ですから、普段からベルベット素材の洋服にシワをつけない工夫をするのがおすすめです。

ベルベット素材の洋服にシワをつけないためには、クローゼットなどに収納するときもハンガーに吊るしておきましょう。他の洋服とぶつからないように十分なスペースを確保できるのが理想です。

ただすべての洋服をハンガーに吊るしていたのではスペースが足りなくなりますから、どうしてもベルベット素材の洋服をたたんでおかなければいけないこともあるでしょう。

そのようなときにはベルベット素材の洋服をふんわりとたたんだ後、単体で収納ボックスに入れるのがおすすめです。このとき、ベルベット素材の洋服と一緒にタオルなどを挟みこんでおくとさらにシワがつきづらくなります。少なくとも他の洋服に押しつぶされるような収納は避けるようにしてください。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?ベルベット素材の洋服についたシワをとる方法などを解説してきました。ベルベット素材の洋服がシワシワだと残念な印象になりがちですから、しっかりとケアをしてあげましょう。

関連記事 ベルベット素材は自宅で洗濯できるの?適切なお手入れの仕方を解説します!
関連記事 ベルベット素材のほこりやゴミをとる3つの方法!最後は静電気防止スプレーを!
関連記事 ベルベット素材の洋服を着てもよい時期はいつからいつまで?春夏は変なの?

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加