コーチジャケットのシワを伸ばしたい!アイロンをかけてもいいの?

「コーチジャケットを適当にまるめておいたら、シワがとれなくなってしまった…」

あなたはこんな経験ありませんか?コーチジャケットは基本的にシワがつきづらい洋服ですが、あまりに雑に扱っているとシワがとれづらくなることがあります。

ここではコーチジャケットのシワを伸ばす方法を解説します。また、そもそもコーチジャケットにシワがつきづらい洗濯・お手入れ・保管の仕方もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここではコーチジャケットでも定番のナイロン製またはポリエステル製のものを想定しています。例外的なものもたくさんありますので、必ずそれぞれのコーチジャケットの洗濯表示をご確認ください。
スポンサーリンク

コーチジャケットとは?

コーチジャケットについたシワを伸ばす方法を考える前に、ちょっとだけコーチジャケットについて理解を深めておきましょう。コーチジャケットのお手入れの仕方を考えるヒントになるかもしれません。

「コーチジャケット(Coach Jacket)」はアメリカ発祥のスポーツジャケットで、単純にアメリカンフットボールのコーチがよく着用していたことが名前の由来だそうです。現在ではアメカジファッションやストリートファッションの定番アイテムとして世界中で愛されています。

コーチジャケットの定義は曖昧になりつつありますが、一般的に「①シャツ襟になっている」「②スナップボタンで開閉する」「③袖口がゴムなどで絞られている」「④直線的な裾をドローコードで絞れる」「⑤メッシュ・フランネル・フリースなど何らかの裏地がついている」というデザインの特徴があります。

また、もともとコーチジャケットの表地の素材にはナイロンが使われていましたが、最近ではポリエステルが使われることもよくあります。さらにコーチジャケットとしては変則的ですが、デニム・コーデュロイ・ベロアといったさまざまな素材のものがファッションアイテムとして登場しています。

スポンサーリンク

コーチジャケットにアイロンをかけてもいいの?

洋服のシワを伸ばしたいときに、すぐに頭に浮かぶのはアイロンをかけることですよね。ではコーチジャケットにアイロンをかけてもよいのでしょうか?

いくつかの注意点を守る必要はありますが、コーチジャケットもアイロンをかけることができます。前述の通り、一般的なコーチジャケットの素材はナイロンやポリエステルです。ナイロンやポリエステルは高熱に弱い素材ですが、一切アイロンを使えないほどではないのです。

ではコーチジャケットにアイロンをかける具体的な手順を確認していきましょう。

まずコーチジャケットにアイロンをかける場合には、必ず適当なハンカチなどをあてます。コーチジャケットへの負担をできるだけ和らげるためです。

また、アイロンの温度設定は約80~120℃の低温にします。そうすれば、コーチジャケットがアイロンの熱で溶けてしまうことはありません(ナイロンとポリエステルの融点はいずれも200℃以上です)。

あとはコーチジャケットに普通にアイロンをかけていくだけです。コーチジャケットのシワが目立つところをたっぷりと霧吹きで湿らせた上で、アイロンをかけていきましょう。ゆっくりと一定方向にアイロンを動かすのがシワを伸ばすコツです。

コーチジャケットにプリント・ワッペン・刺繍が入っているなど特殊なデザインが施されている場合には、アイロンを使用できないことがあります。何度も繰り返しますが、必ずそれぞれのコーチジャケットの洗濯表示をご確認ください。
スポンサーリンク

シワ伸ばしスプレーもおすすめ!

コーチジャケットのシワがあまりにきつい場合にはアイロンをかけるのがよいです。ただコーチジャケットにちょっとシワがついているくらいの場合には、「シワ伸ばしスプレー」を使うのがよいかもしれません。

シワ伸ばしスプレーは各メーカーから約300~1000円ほどで販売されています。スーパー・ドラッグストア・ホームセンターなどの生活用品コーナーに置いてありますし、インターネット通販でも購入できます。下記のシワ伸ばしスプレーは花王が販売しているものです。

シワ伸ばしスプレーは誰でも簡単に使えます。まずコーチジャケットのシワが目立つところがしっとりと濡れるくらいスプレーします。そして、シワを中心に縦・横・斜めと生地を引っ張りましょう。あとはコーチジャケットをハンガーなどに吊るした状態で約10~15分放置しておくだけです。コーチジャケットが乾くとシワがきれいになくなっているはずです。

ほとんどのシワ伸ばしスプレーは洋服の消臭効果も持っています。コーチジャケットを着用した後に適当に吹きかけておくのもよいでしょう。

コーチジャケットのシワを自宅のお風呂場でとる裏ワザ

また、コーチジャケットのシワを自宅のお風呂場でとる裏ワザもあります。具体的にはコーチジャケットを入浴後のお風呂場に一晩吊るしておくだけです。そうすると、コーチジャケットについたシワがお風呂場の湿気でキレイにとれるのです。

その後はコーチジャケットを風通しのよいところでしっかり乾かします。すぐにコーチジャケットを着用したい場合にはドライヤーなどで乾かしてもよいでしょう。

そもそもコーチジャケットにできるだけシワがつかないようにするためには?

ここまでコーチジャケットのシワを伸ばす方法を解説してきましたが、そもそもコーチジャケットにシワをつけないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?

洗う

コーチジャケットは通常の洗濯くらいではあまりシワはつきませんが、できれば洗濯ネットに入れるのがおすすめです。他の洋服と絡むとシワになる可能性があるからです。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、洋服をネットに入れる前に、「①ボタン・ファスナーなどをすべて留める」→「②裏返す」→「③たたむ」というステップを踏むと、さらにシワができづらくなります。

コーチジャケットにシワがつきづらくするためには、単純に柔軟剤を入れるのも効果があります。また、コーチジャケットにできるだけシワをつけたくない場合には、いつもより脱水時間を短くしましょう。

干す

コーチジャケットを洗濯後(脱水後)にそのまま放置するとシワになることがありますから、すぐにハンガーなどに吊るしましょう。また、コーチジャケットを干す前のちょっと工夫しておくと、あとでアイロンをかける必要はなくなります。

1.振りさばく
コーチジャケットの端を両手で持って、上から下へバサッと何度か振りさばきます。全体の大きいシワをとります。

2.引っ張る
襟や袖など縫い目がたくさんあるところは洗濯で縮みやすいです。結果的にシワも残りやすいですから、ピーンと何度か引っ張りましょう。

3.叩く
コーチジャケットを叩くことで表面のシワを伸ばします。コーチジャケットを手のひら全体で両側から挟むように叩きましょう。ハンガーに吊るしてからのほうがやりやすいです。

収納する

コーチジャケットにシワをつけないためには、クローゼットなどに収納するときもハンガーに吊るしておくのが理想です。ただすべての洋服をハンガーに吊るしていたのではスペースが足りなくなりますから、コーチジャケットを長期間収納するときにはたたんでおかなければいけないこともあるでしょう。

実はこのときもコーチジャケットにシワをつけないコツがあります。それはコーチジャケットをたたんだ後に立てた状態で収納することです。

実は洋服を収納したときにシワができるのは折りたたむからではありません。それよりもたくさんの洋服を積み重ねるからシワができるのです。上のほうの洋服は問題ないですが、下のほうの洋服は押しつぶされるので、くっきりとシワがついてしまいます。

これを防ぐには、洋服を立てた状態で収納するのがよいのです。そうすれば、しばらく洋服を収納ケースに入れておいても、それほどシワにはなりません。着用前にちょっと手でシワを伸ばすくらいでも問題ないでしょう。

また、洋服を立てた状態で収納するときには、スペースに余裕を持たせることも大切です。ギュウギュウに洋服を詰め込むと、結局シワになってしまいます。

最後に

いかがでしたか?コーチジャケットのシワを伸ばす方法などを解説してきました。ナコーチジャケットもあまりにシワシワだと汚らしい印象になってしまいがちですから、しっかりとケアしてあげましょう。

関連記事 コーチジャケットを乾燥機にかけてもいいの?自分で縮めることはできる?
関連記事 コーチジャケットを着てもよい時期はいつからいつまで?夏や冬は変なの?
関連記事 コーチジャケットの適切な洗濯方法とは?コーチジャケットを長持ちさせるために!

<画像引用>
●古着屋JAM
https://jamtrading.jp/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加