ナイロンジャケットの適切な洗濯方法とは?襟や袖の皮脂汚れを落とすには?

「ナイロンジャケットの洗濯はどうしたらいいんだろう…?」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?ナイロンジャケットは春や秋に大活躍してくれますが、いざ洗濯するときにどうしたらいいのかがわからなかったりするものですよね。

ここではナイロンジャケットの適切な洗濯方法をご紹介します。また、ナイロンジャケットのお手入れの仕方に関する疑問にも回答しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここではあくまで一般的なナイロンジャケットの洗濯方法などを解説しています。例外的なものもありますから、必ずそれぞれのナイロンジャケットについている洗濯表示をご確認ください。
スポンサーリンク

ナイロンとは?

ナイロンジャケットの適切な洗濯方法を考える前に、ちょっとだけナイロンという素材について理解を深めておきましょう。ナイロンジャケットのお手入れの仕方を考えるヒントになるかもしれません。あまり興味がない方は読み飛ばしてくださいね。

「ナイロン(Nylon)」は1935年に開発された世界初の合成繊維で、主に石油を原料につくられます。もともとはアメリカのデュポン社の商品名でしたが、現在ではポリアミド系繊維の総称として定着しています。

ナイロンは頑丈かつ柔軟な上に非常に安価だったため、女性用ストッキングの素材として爆発的に普及しました。現在では洋服はもちろん、テント、パラシュート、カーペットなど生活のさまざまなところで利用されています。

洋服の素材として使用するときのナイロンの長所・短所は以下の通りです。

ナイロンの長所

  • 頑丈で破れづらい
  • シワになりづらい
  • 摩擦に強い
  • 水に濡れても乾きやすい
  • 虫害・カビなどにも強い

ナイロンの短所

  • 汗などをほとんど吸収しない
  • 静電気が発生しやすい
  • 高熱に弱い

スポンサーリンク

ナイロンジャケットの適切な洗濯方法とは?

ナイロンジャケットを洗う

一般的なナイロンジャケットは洗濯機にかけることができます。ただ例外的なものもありますから、まずはご自身のナイロンジャケットの洗濯表示を確認してみてください。ここではナイロンジャケットを洗濯機にかける前提で手順をご紹介していきます。

まずナイロンジャケットを洗濯機にかける場合には、できれば洗濯ネットに入れるのがよいです。ナイロンジャケットへのダメージをできるだけ抑えるためです。ダイソーなどの100円ショップに売られているもので十分です。

また、ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、ナイロンジャケットを洗濯ネットに入れる前に、ファスナーやボタンなどはすべて留めておきましょう。

あとはナイロンジャケットを普通に洗濯機にかけるだけです。このとき、洗濯機のソフトコースなどを使うとよいです。

ナイロンジャケットの洗濯に使用する洗剤は基本的に何でもよいです。ただナイロンジャケットをより大切に扱いたいのだれば、花王のエマールなどのおしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。できれば柔軟剤も使いましょう。

また、ナイロンジャケットの脱水時間はいつもより短くするのがよいです。ナイロンジャケットはほとんど水分を吸わないので、おおよそ20~30秒くらいで十分です。

ナイロンジャケットの洗濯表示で手洗いが推奨されていることがありますが、洗濯機のソフトコースなどを選べば、特に問題はないでしょう。どうしても心配な方は、手洗いにしたほうがよいかもしれません。最終的には自己責任でお願いします。

ナイロンジャケットを乾かす

ナイロンジャケットを洗濯後(脱水後)に放置してしまうとシワになってしまうことがありますから、すぐにハンガーなどに吊るしましょう。また、ナイロンジャケットは直射日光に長時間当てると変色する(黄ばむ)ことがありますので、日陰で風通しのよいところで乾かすのがよいです。

そして、このナイロンジャケットを干す前の工夫が大事です。ここでしっかりとシワを伸ばしておけば、基本的にナイロンジャケットにアイロンをかける必要はなくなります。

STEP1.振りさばく
まずナイロンジャケットの端を両手で持って、上から下へバサッと何度か振りさばきます。全体の大きいシワをとります。

STEP2.引っ張る
襟・袖・裾などの縫い目がたくさんあるところは、シワが残りやすいです。ピーンと何度か引っ張ることで、シワを引き延ばします。

STEP3.叩く
ナイロンジャケットを叩くことで表面のシワを伸ばします。手のひら全体で両側から挟むように叩きましょう。ハンガーに吊るしてからのほうがやりやすいです。

ナイロンジャケットにアイロンをかける

前述の通り、ナイロンジャケットは洗濯後にしっかりとシワを伸ばしておけば、アイロンなしで十分に着用できるレベルになります。ただナイロンジャケットにシワがついてしまったときには、アイロンをかけるとよいでしょう。ナイロンは高熱に弱いというイメージがありますが、一切アイロンをかけれないほどではないのです。

ただ絶対に熱に負けないということではないですから、ナイロンジャケットに負担をかけないための工夫は必要です。アイロンの仕方を間違えると、ナイロンジャケットの表面が溶けてしまう可能性があります。そうなると、テカテカとした仕上がりになってしまいますので、十分に注意しましょう。

まずナイロンジャケットにアイロンをかける場合には、必ず適当なハンカチなどをあてます。ナイロン素材への負担をできるだけ和らげるためです。

また、アイロンの温度設定は約80~120℃の低温にします。そうすれば、ナイロンジャケットがアイロンの熱で溶けてしまうことはありません(ナイロンの融点は200℃以上です)。

あとはナイロンジャケットに普通にアイロンをかけていくだけです。ナイロンジャケットのシワが目立つところを霧吹きで湿らせた上で、アイロンをかけていきましょう。ゆっくりと一定方向にアイロンを動かすのがシワを伸ばすコツです。

スポンサーリンク

ナイロンジャケットのお手入れの仕方Q&A

ナイロンジャケットは洗濯で縮むの?

できれば洋服は新品の時と同じサイズ感で着たいものですよね。ではナイロンジャケットは洗濯すると縮んでしまうのでしょうか?

一般的なナイロンジャケットは日常的な洗濯ではほぼ縮みません。ナイロンジャケットが洗濯で縮むことは特に気にする必要はないでしょう。

ただし、ナイロンジャケットを熱湯で洗濯すると縮むことがあります(煮洗い)。ナイロンジャケットは普通に水またはぬるま湯で洗濯しましょう。

ナイロンジャケットは洗濯で色落ちするの?

ブラック、レッド、ブルー、グリーン、イエローなどなど…。ナイロンジャケットはカラフルなものがたくさんあります。ではナイロンジャケットを洗濯すると色落ちしてしまうのでしょうか?

ナイロンジャケットは日常的な洗濯くらいではほぼ色落ちしません。そのため、ナイロンジャケットの洗濯による色落ちには、あまり過敏にならなくてもよいと思います。

ただナイロンジャケットが一切洗濯で色落ちしないわけではないですから、他の洋服への色移りにはちょっとだけ注意しましょう。他の洋服への色移りが心配な方は、淡色の洋服との洗濯は避けるのがおすすめです。

ナイロンジャケットを乾燥機にかけてもよいの?

洋服を乾かす時間を短縮するために、普段から乾燥機を使っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。ではナイロンジャケットを乾燥機にかけてもよいのでしょうか?

ナイロンジャケットを乾燥機(タンブラー)にかけるのは基本的にNGです。おそらくほとんどのナイロンジャケットには洗濯表示に乾燥機(タンブラー)禁止のマークがついているはずです。

洋服の水分を高熱と機械的運動で蒸発させる乾燥機は、洋服に対するダメージが非常に大きいです。しかもナイロンは高熱に弱い素材です。ナイロンジャケットを乾燥機にかけると変形してしまう危険性が高いのです。

そもそもナイロンはあまり水分を吸わない素材ですから、洗濯後も乾きやすいです。ナイロンジャケットの洗濯後は自然乾燥させましょう。

ナイロンジャケットの襟や袖の皮脂汚れを落とすには?

洋服はずっと使っていると襟や袖の皮脂汚れが落ちづらくなってきますよね。もちろん、ナイロンジャケットも例外ではありません。ではナイロンジャケットの襟や袖の皮脂汚れを落とすにはどうしたらよいのでしょうか?

ナイロンジャケットの襟や袖の皮脂汚れを落とすには、実は女性が化粧を落とすときに使う「クレンジングオイル」が効果的です。というのも、クレンジングオイルには人間から出た皮脂が酸化したもの(これが洋服の襟や袖の皮脂汚れになります)を分解する作用を持っているからです。

では具体的な手順を確認していきます。まずは適当なタオルやハンカチなどにクレンジングオイルをつけます。そして、ナイロンジャケットから皮脂汚れを押し出すイメージで何回か叩いてあげましょう。あとはナイロンジャケットを通常通り洗濯するだけです。そうすれば、ナイロンジャケットの襟や袖の皮脂汚れがすっきりと落ちているはずです。

男性はクレンジングオイルを普通持っていないかと思いますが、クレンジングオイルはドラッグストアなどでおおよそ300~500円くらいで購入できます。ナイロンジャケットの襟や袖の皮脂汚れを何とかしたい場合にはぜひ試してみてください。

ナイロンジャケットのカビを落とすには?

ナイロンジャケットはそれほど水分を吸わないため、カビが生えることはほとんどありません。しかし、水分を吸ったままのナイロンジャケットを適当に放置していたりすると、ごくまれにカビが生えてしまうこともあります。ではナイロンジャケットのカビを落とすにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは適当なタオル・雑巾でカビを拭きとってみましょう。ナイロンジャケットにはカビが根を張りづらいため、これだけでも十分だったりします。もちろん、ナイロンジャケットはしっかりと乾燥させてあげましょう。

これだけではナイロンジャケットのカビが完全に落ちない場合には、「エタノール」を使うのがよいです。エタノールはカビのタンパク質を分解する効果があるからです。

具体的には適当なタオル・雑巾にエタノールを染み込ませたら、ナイロンジャケットのカビを叩くようにしながら落としていきます。あとはナイロンジャケットを普通に洗濯した後に、しっかりと乾かしましょう。

エタノールは消毒・除菌用のものがドラッグストアなどで手に入ります。自宅に常備しておくと、掃除などで何かと役に立ちます。

最後に

いかがでしたか?ナイロンジャケットの適切な洗濯方法などをご紹介してきました。ナイロンジャケットは普段の洗濯やお手入れの仕方をちょっと工夫するだけで長持ちしますので、ぜひ大事に使ってあげてくださいね。

関連記事 ナイロンジャケットのシワを伸ばしたい!アイロンをかけてもいいの?
関連記事 ナイロンジャケットを乾燥機にかけてもいいの?自分で縮めることはできる?
関連記事 ナイロンジャケットを着てもよい時期はいつからいつまで?夏や冬は変なの?

<画像引用>
●古着屋JAM
https://jamtrading.jp/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加