ナイロンジャケットを乾燥機にかけてもいいの?自分で縮めることはできる?

スポーツなどでナイロンジャケットを愛用している方はたくさんいらっしゃいますよね。また、日常のファッションアイテムとしてナイロンジャケットを着こなしている方もいらっしゃるかもしれません。

そんなナイロンジャケットは洗濯後にわりと乾きやすい洋服です。しかし、それでもナイロンジャケットを干す時間を省くために乾燥機にかけたくなることはあるでしょう。ではナイロンジャケットは乾燥機にかけてしまってもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

ナイロンとは?

ナイロンジャケットを乾燥機にかけてもよいのかを考える前に、ちょっとだけナイロンという素材について理解を深めておきましょう。ナイロンジャケットのお手入れの仕方を考えるヒントになります。

「ナイロン(Nylon)」は1935年に開発された世界初の合成繊維で、主に石油を原料につくられます。もともとはアメリカのデュポン社の商品名でしたが、現在ではポリアミド系繊維の総称として定着しています。

ナイロンは頑丈かつ柔軟な上に非常に安価だったため、女性用ストッキングの素材として爆発的に普及しました。現在では洋服はもちろん、テント、パラシュート、カーペットなど生活のさまざまなところで利用されています。

洋服の素材として使用するときのナイロンの長所・短所は以下の通りです。

ナイロンの長所

  • 頑丈で破れづらい
  • シワになりづらい
  • 摩擦に強い
  • 水に濡れても乾きやすい
  • 虫害・カビなどにも強い

ナイロンの短所

  • 汗をほとんど吸収しない
  • 静電気が発生しやすい
  • 高熱に弱い

ナイロンジャケットを乾燥機にかけてもよいのか?

ナイロンジャケットを乾燥機(タンブラー)にかけるのは基本的にNGです。おそらくほとんどのナイロンジャケットには洗濯表示に乾燥機(タンブラー)禁止のマークがついているはずです(例外もあります)。

洋服の水分を高熱と機械的運動で蒸発させる乾燥機は、洋服に対するダメージが非常に大きいです。しかもナイロンは高熱に弱い素材です。ナイロンジャケットを乾燥機にかけると変形してしまう危険性が高いです。

ナイロンはあまり水分を吸わない素材ですから、洗濯後も乾きやすいです。ナイロンジャケットの洗濯後は自然乾燥するのがよいです。

ナイロンジャケットを乾燥機で縮めることはできるの?

コットン(綿)・ウール(羊毛)・リネン(麻)などの天然繊維は乾燥機にかけると縮むことがあります。一般的に洋服が縮むのは良いことではありませんが、洋服のサイズが大きすぎる場合には、あえて乾燥機で縮ませるというテクニックもありますよね。

しかし、残念ながらナイロンジャケットを乾燥機で縮めることはできません。前述のように、ナイロンジャケットを乾燥機にかけると単に変形してしまう可能性が高いです。ご自身がイメージしているようにはならないと思いますので、ナイロンジャケットのサイズを縮めたい場合には、シンプルに専門店で直してもらったほうがよいです。

スポンサーリンク

ナイロンジャケットを洗濯後にすぐに乾かす方法

ナイロンジャケットは乾燥機(タンブラー)にかけるべきではありませんでした。しかし、何とかしてナイロンジャケットを洗濯後にすぐ着たいなんてこともありますよね。

どうしてもナイロンジャケットを洗濯後にすぐ乾かしたい場合には、「ドライヤー」を活用するのがおすすめです。

ナイロンジャケットをハンガーに吊るした上で、ドライヤーの温風を直接あてるだけでも十分効果があります。そもそもナイロンジャケットはあまり水分を吸わないですから、おおよそ20~30分もあれば完全に乾きます。

もっとスピーディにナイロンジャケットを乾かしたいのなら、適当なサイズのビニール袋も用意しましょう。まずビニール袋の底の両角をハサミでカットします。これは水分の外への逃げ道をつくるためです。次にナイロンジャケットをビニール袋に入れましょう。あとはドライヤーの温風をビニール袋に送り込むだけです。

これは簡易的な温風式乾燥室をつくるようなもの。ナイロンジャケットであればおおよそ10~20分で完全に乾きます。

ただし、ドライヤーの温風を長時間同じところばかりにあてないように注意してください。ナイロンジャケットが変形してしまう可能性があります。適度にドライヤーを動かしたり袋を揺らしたりすることが大切です。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?ナイロンジャケットを乾燥機(タンブラー)にかけてもよいのかなどについてお伝えしてきました。

ナイロンジャケットを乾燥機にかけると、高熱と機械的運動で変形してしまう危険性があるのでした。ナイロンジャケットを乾燥機にかけるのはやめておいたほうがよいでしょう。

どうしてもナイロンジャケットを洗濯後すぐに着たい場合には、ドライヤーを活用するのがおすすめです。