ベロア素材の適切な洗濯方法は?ベロア素材をできるだけ長持ちさせるために!

普段からベロア素材の洋服を愛用している方も、きっとたくさんいらっしゃるでしょう。自分が気に入っているアイテムはできるだけ長持ちさせたいものですよね。

ここではベロア素材の洋服を長持ちさせる適切な洗濯方法をご紹介します。また、ベロア素材の洋服のお手入れに関する疑問にも回答しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここではあくまで一般的なベロア素材の洋服の洗濯方法などを解説しています。例外的なものもありますから、必ずそれぞれのベロア素材の洋服についている洗濯表示をご確認ください。
スポンサーリンク

ベロア素材とは?

ベロア素材の洋服の適切な洗濯方法を考える前に、ちょっとだけベロア素材について理解を深めておきましょう。ベロア素材の洋服のお手入れについて考えるヒントになるかもしれません。あまり興味がない方は読み飛ばしてくださいね。

そもそも「ベロア(Velour)」とは、ビロードのように表面が起毛している編物(ニット)素材のことです。「毛むくじゃら」という意味のラテン語に由来しています。

ベロア素材は非常にソフトで保温性に優れているとともに、優雅な光沢感を持っているのが特徴です。ベロア素材の原料としては、綿(コットン)・絹(シルク)・ポリエステル・レーヨン・アセテートなどさまざまなものが使われます。

また、「ベロア」と「ベルベット」は混同されがちですが、実は別のものです。確かに「ベロア」と「ベルベット」は見た目が非常に似ているのですが、「ベロア」は編物(ニット)なのに対して「ベルベット」は織物(縦糸と横糸で構成される)です。ただ一般的な洋服屋さんでは厳密に区別していないこともあります。

ベロア素材の洗濯方法とは?

ベロア素材にも洗濯機OKのものと洗濯機NGのものがあります。まずはそれぞれのベロア素材の洋服についている洗濯表示を確認しましょう。

洗濯機を使う場合

まずベロア素材の洋服を洗濯機にかける場合には、必ず洗濯ネットに入れます。他の洋服との摩擦を軽減するためです。洗濯ネットはダイソーなどの100円ショップで売られているもので十分です。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、ベロア素材の洋服を洗濯ネットに入れる前に、「①ファスナー・ボタンなどをすべて留める」→「②裏返す」→「③たたむ」というステップを踏んでおきましょう。そうすれば、さらにベロア素材の洋服へのダメージを抑えられます。

また、特に目立つ汚れがある場合には、事前に直接洗剤を塗り込んでおくとよいでしょう。洗剤が汚れにピンポイントで作用するため、キレイになりやすいです。

あとは普通にベロア素材の洋服を洗濯機にかけるだけです。このとき、洗濯機のソフトコースなどを選ぶとよいです。

ベロア素材は洗濯で色あせてしまいやすいので、花王の「エマール」などのおしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。できれば柔軟剤も入れましょう。ベロア素材の表面の起毛がふんわりと仕上がります。また、ベロア素材の洋服の脱水時間はいつもより短くするのがよいです。おおよそ30~60秒くらいを目安にしましょう。

手洗いする場合

ベロア素材の洋服を手洗いする場合には、まず洗濯液を準備します。洗面器やシンクにおおよそ38~40℃のぬるま湯をためたら、水量に合わせた洗剤を溶かします。ここでも花王の「エマール」などのおしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。

洗濯機にかける場合と同じように、特に目立つ汚れがついている場合には、事前に直接洗剤を塗り込んでおくとよいです。洗剤がピンポイントで作用するため、確実に汚れが落ちます。

ではいよいよベロア素材の洋服を洗っていきましょう。洋服を洗濯液に浸したら、手のひらでふんわりと押すように洗っていきます。洋服を浮かせたり沈ませたりを何度か繰り返しましょう。洋服へのダメージを軽減するためにわざわざ手で洗うわけですから、ゴシゴシと擦ったりしてはいけません。

ベロア素材の洋服を洗い終わったら、洗剤を落としていきます。水を入れ替えながら、完全に泡が出なくなるまで洗剤をすすぎましょう。このときも洋服を浮かせたり沈ませたりを何度か繰り返します。最後にサッと柔軟剤にくぐらせると、ベロア素材の表面の起毛がさらにふんわりと仕上がります。

あとはベロア素材の洋服を脱水するだけです。バスタオルに包み込んで水分を拭きとります。あまり神経質にならないのであれば、脱水だけは洗濯機を使うのもよいです。ただし、必ず洗濯ネットに入れましょう。

ベロア素材の洋服を乾かす方法

ベロア素材の洋服を洗濯後(脱水後)にそのまま放置してしまうと、シワが残ってしまう可能性が高いです。すぐにハンガーなどに吊るしましょう。また、ベロア素材の洋服は直射日光に長時間当てると日焼けすることがありますので、日陰で風通しのよいところで乾かすのがよいです。

そして、このベロア素材の洋服を干す前に、しっかりとシワを伸ばしておくことが大切です。具体的な手順は以下を参考にしてみてください。

STEP1.振りさばく
まず洋服の端を両手で持って、上から下へバサッと何度か振りさばきます。全体の大きいシワをとります。

STEP2.引っ張る
襟・袖・裾などの縫い目がたくさんあるところは、シワが残りやすいです。ピーンと何度か引っ張ることで、シワを引き延ばします。

STEP3.叩く
洋服を叩くことで表面のシワを伸ばしていきます。手のひら全体で両側から挟むように叩きましょう。ハンガーに吊るしてからのほうがやりやすいです。

ベロア素材の洋服にアイロンをかける方法

一般的にベロア素材の洋服に直接アイロンでプレスをかけてはいけません。というのも、ベロア素材に直接アイロンでプレスをかけると、表面の起毛が完全に倒れてしまうからです。そうすると、ベロア素材が持っている独特の雰囲気が死んでしまいます…。

ただベロア素材の洋服に一切アイロンが使えないという意味ではありません。ベロア素材の洋服のシワを伸ばしたい場合には、スチームアイロンの蒸気だけをあてるようにしましょう。そうすれば、ベロア素材の表面の起毛を倒さず、シワだけをとることができます。

具体的には洋服からスチームアイロンを約2~3cm浮かせた状態で蒸気だけをあてます。このとき、洋服をハンガーなどに吊るしておくとやりやすいです。

しっかりシワが伸びたら、そのまま約5~10分くらいハンガーに吊るしておきます。完全に洋服が乾く前にクローゼットなどに収納してしまうと、またシワがついてしまうことがありますので、しばらく時間をおいてから収納しましょう。

ベロア素材の洋服の収納方法

ベロア素材の洋服は表面の起毛が命です。ベロア素材の表面の起毛を倒さないためには、クローゼットなどに収納するときもハンガーに吊るしておきましょう。他の洋服とぶつからないように十分なスペースを確保できるのが理想です。

ただすべての洋服をハンガーに吊るしていたのではスペースが足りなくなりますから、どうしてもベロア素材の洋服をたたんでおかなければいけないこともあるでしょう。

そのようなときにはベロア素材の洋服をふんわりとたたんだ後、単体で収納ボックスに入れるのがおすすめです。少なくとも他の洋服に押しつぶされるようなことは避けましょう。

スポンサーリンク

ベロア素材の洋服を長持ちさせるためのお手入れQ&A

ベロア素材の洋服を洗濯すると縮むの?

できれば洋服は新品のときと同じサイズ感で着たいものですよね。ではベロア素材の洋服は洗濯で縮んでしまうのでしょうか?

一般的にベロア素材の洋服は洗濯ではそれほど縮まない傾向にあります。もしベロア素材の洋服が洗濯でちょっと縮んでしまったとしても、普通に着用しているうちにおおよそ元々のサイズ感に戻ります。ベロア素材の洋服が洗濯で縮むことは特に気にする必要はないでしょう。

ベロア素材の洋服を洗濯すると色落ちするの?

ブラック・ブラウン・ネイビー・モスグリーン・ワインレッドなどなど…。ベロア素材の洋服には濃色のものがたくさんあります。ではベロア素材の洋服を洗濯すると色落ちしてしまうのでしょうか?

ベロア素材の洋服は洗濯で色落ちすることがあります。そのため、ベロア素材の洋服は最初の2~3回くらい単体で洗濯するのが安心です。何回か洗濯を繰り返していると、ほとんど色落ちしなくなってくるため、その後は他の洋服と一緒に洗濯しても問題ありません。どうしても心配な方は淡色の洋服との洗濯を避けるとよいでしょう。

ベロア素材の洋服は乾燥機にかけてもよいの?

洋服を乾かす時間を短縮するために、普段から乾燥機を使っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。ではベロア素材の洋服を乾燥機にかけてもよいのでしょうか?

ベロア素材の洋服を乾燥機にかけるのは基本的にNGです。ほとんどのベロア素材の洋服には、洗濯表示に乾燥機(タンブラー)禁止のマークがついているはずです。

ベロア素材の洋服を乾燥機にかけると、高熱と機械的作用で縮んでしまう可能性が高いです。元々のサイズよりもだいぶ小さくなるため、最悪の場合にはご自身では着れなくなってしまうかもしれません。また、ベロア素材の洋服の表面の起毛がボロボロになってしまったりすることもあります。

ベロア素材の洋服のほこりやゴミをとるには?

ベロア素材の洋服のほこりやゴミをとるには、シンプルに洋服ブラシをかけるのがよいです。ただ「洋服ブラシを持っていない」という方も安心してください。実はベロア素材の洋服を食器用スポンジで擦ると、洋服ブラシと同じような効果が得られます。

食器用のスポンジのガサガサしているほうで、ベロア素材の洋服のほこりやゴミが気になるところをふんわりと擦ってみてください。そうすると、洋服ブラシよりは時間がかかってしまいますが、ベロア素材の洋服のほこりやゴミを食器用スポンジがからめとってくれます。

また、粘着ローラーやガムテープを使うという定番の方法もありますが、ベロア素材の表面の起毛も一緒にとれてしまいます。何度も繰り返しているとすぐにベロア素材がダメになってしまうので、十分に注意しましょう。

ベロア素材の洋服が雨に濡れてしまったらどうする?

ベロア素材の洋服を着るときには、天候にも注意を払いましょう。ベロア素材の洋服に雨などの水分が付いてしまうと、そこだけ表面の起毛が倒れてしまうために、シミのようになってしまうことがあるからです。

もしベロア素材の洋服が雨などに濡れてしまった場合には、できるだけ早くハンカチやタオルなどで拭くようにしてください。このとき、ベロア素材の洋服をゴシゴシと擦ったりはせず、ポンポンと叩くように水分をとるのがコツです。

また、事前にベロア素材の洋服に防水スプレーを吹きかけておくのもおすすめです。そうすれば、ちょっとくらいの雨は弾いてくれますので、ちょっと天候が悪い場合にも着用しやすくなります。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?ベロア素材の洋服の適切な洗濯方法などをご紹介してきました。ベロア素材の洋服は普段の洗濯などをちょっと工夫するだけでより長持ちさせることができますので、ぜひ大切に扱ってあげてくださいね。

関連記事 ベロア素材のシワをとりたい!ベロア素材にアイロンをかけてもいいの?
関連記事 ベロア素材のほこりやゴミをとる3つの方法!最後は静電気防止スプレーを!
関連記事 ベロア素材の洋服を着てもよい時期はいつからいつまで?春夏は変なの?

<画像出典>
●古着屋 JAM 京都店
https://jamtrading.jp/kyoto/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加