リネンジャケットの適切な洗濯方法とは?襟や袖の皮脂汚れを落とすには?

「リネンジャケットの洗濯はどうしたらいいんだろう…」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?リネンジャケットは春夏に大活躍しますが、いざ洗濯するときにどうしたらいいのかがわからなかったりするものですよね。

ここではリネンジャケットの適切な洗濯方法をご紹介します。また、リネンジャケットのお手入れの仕方に関する疑問にも回答しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ここではあくまで一般的なリネンジャケットの洗濯方法などを解説します。例外的なものもありますから、必ずそれぞれのリネンジャケットについている洗濯表示をご確認ください。
スポンサーリンク

リネンとは?

リネンジャケットの適切な洗濯方法を考える前に、ちょっとだけリネンという素材について理解を深めておきましょう。リネンシャツのお手入れの仕方を考えるヒントになるかもしれません。あまり興味がない方は読み飛ばしてくださいね。

「リネン」とは亜麻という植物の繊維を原料につくられる素材のことで、春夏用の洋服やシーツ・テーブルクロス・ハンカチなどによく使用されます。エジプトでは紀元前5000年ごろにはリネンの洋服がつくられていた記録があることから、リネンは世界最古の洋服繊維とも言われています。

また、「麻」と「リネン」は同じものだと思われがちですが、実は厳密には異なります。一般的に「麻」は植物の繊維を原料につくられる素材の総称のこと。つまり、「麻」には「リネン(亜麻)」も含まれていますが、他にも「ラミー(苧麻)」「ヘンプ(大麻)」「ジュート(黄麻)」など別の種類のものがあるのです。

ただ日本で流通している洋服に「麻」と表記されている場合には、ほとんどが「リネン(亜麻)」を使っています。

洋服の素材として使用するときのリネンの長所・短所は以下の通りです。

リネンの長所

  • 頑丈で長持ちする
  • 水分の吸収・発散性に優れている
  • 通気性が良い
  • 洗濯で汚れが落ちやすい
  • カビ・雑菌の繁殖を抑制する

リネンの短所

  • 洗濯で縮みやすい
  • シワがつきやすい
  • 摩擦で毛羽立ちやすい
スポンサーリンク

リネンジャケットを洗う

リネンジャケットにも洗濯機OKのものと洗濯機NGのものがあります。まずはそれぞれのリネンジャケットについている洗濯表示を確認しましょう。

また、そもそもリネンジャケットが自宅で洗濯ができない場合には、素直にクリーニングに出すのがおすすめです。以下ではリネンジャケットを自宅で洗濯する方法を解説していきます。

リネンジャケットを洗濯機にかける場合

まずリネンジャケットを洗濯機にかける場合には、必ず洗濯ネットに入れます。他の洋服との摩擦を軽減するためです。洗濯ネットはダイソーなどの100円ショップで売られているもので十分です。

リネンジャケットに食べもの・飲みものなどの目立つ汚れがついている場合には、事前に直接洗剤を塗り込んでおくとよいでしょう。洗剤がピンポイントで作用するため、確実に汚れを落としてくれます。

あとは普通にリネンジャケットを洗濯機にかけるだけです。このとき、洗濯機のソフトコースなどを選ぶとよいです。

リネンジャケットの洗濯をするときには、花王のエマールなどのおしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。蛍光剤や漂白剤の使用は控えてください。リネンジャケットが色あせたようになってしまう可能性があります。また、リネンジャケットをふんわりとした仕上がりにしたい場合には、最後に柔軟剤を使いましょう。

リネンジャケットを手洗いする場合

リネンジャケットを手洗いする場合には、まず洗濯液を準備します。洗面器やシンクにおおよそ38~40℃のぬるま湯をためたら、水量に合わせた洗剤を溶かします。ここでも花王のエマールのようなおしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。

先ほどと同じように、リネンジャケットに食べもの・飲みもなどの目立つ汚れがついている場合には、事前に直接洗剤を塗り込んでおくとよいです。洗剤がピンポイントで作用するため、確実に汚れが落ちます。

ではいよいよリネンジャケットを洗っていきましょう。洋服を洗濯液に浸したら、手のひらでふんわりと押すように洗っていきます。洋服を浮かせたり沈ませたりを何度か繰り返します。洋服へのダメージを軽減するためにわざわざ手で洗うわけですから、ゴシゴシと擦ったりしてはいけません。

リネンジャケットを洗い終わったら、洗剤を落としていきます。水を入れ替えながら、完全に泡が出なくなるまで洗剤をすすぎましょう。このときも洋服を浮かせたり沈ませたりを何度か繰り返します。最後に柔軟剤にくぐらせると、リネンジャケットがふんわりと仕上がります。

リネンジャケットを乾かす

リネンは非常にシワがつきやすい素材です。そのため、リネンジャケットを洗濯後に普通に乾かすとシワシワになってしまいます…。しかもリネンジャケットのシワはアイロンでもなかなか伸ばすのが大変です。

ではどうしたらいいのか?リネンジャケットにできるだけシワを残さずに乾かすには「ドリップドライ(濡れ干し)」というテクニックが非常に有効です。リネンジャケットにアイロンをかける手間を省きたい方は、ぜひ試してみてください。

まずリネンジャケットを洗濯した後は一切脱水をしないようにしましょう。そして、リネンジャケットのシワを丁寧に伸ばしたら、水滴がボトボトの滴る状態でハンガーに吊るしておきます。

そうすると、リネンジャケットが自重に引っ張られながら乾いていくので、ほとんどシワが残りません。リネンジャケットがアイロンをかけずに十分着用できるレベルになります。もしアイロンをかけるにしても、非常に楽になります。

「それではリネンジャケットが全然乾かないのではないか?」と疑問に思うかもしれません。しかし、リネンジャケットは非常に乾きやすいので、夏場であればおおよそ3~4時間で完全に乾きます。朝に洗濯をしたら昼には乾いているイメージですね。

もちろん、リネンジャケットをドリップドライするときには、お風呂場などの水滴が落ちてもよいところを利用します。おおよそ20~30分でほとんど水滴が滴らなくなるので、その後は別のところに移動してもよいです。リネンジャケットは長時間直射日光にあてると色あせてしまうことがあるので、日陰に干してください。

リネンジャケットにアイロンをかける

上記のテクニックを使えば、リネンジャケットはアイロンをかけなくても十分に着用できるレベルになります。ただリネンジャケットのシワをもっと丁寧に伸ばしたい場合には、アイロンをかけるとよいでしょう。リネンジャケットがパリッとした印象に仕上がります。

リネンジャケットが完全に乾いた状態でアイロンをかけても、ほとんどシワは伸びません。そのため、リネンジャケットにアイロンをかける場合には、たっぷりと水分を含ませることが大切です。アイロンのスチームくらいではあまり効果がないので、霧吹きなどでたっぷりと濡らしてください。

あとは普通にリネンジャケットにアイロンをかけていきす。アイロンは中温~高温に設定するのがおすすめです。ゆっくりと一定の方向にアイロンを動かしていくのがリネンジャケットのシワを伸ばすコツです。

また、リネンジャケットに直接アイロンをあてると、テカってしまうことがあります。リネンジャケットをテカらせたくない場合には、適当なハンカチなどをあてるようにしましょう。

スポンサーリンク

リネンジャケットを長持ちさせるお手入れの仕方Q&A

リネンジャケットは洗濯で縮んでしまうの?

できれば洋服は新品のときと同じサイズ感で着たいものですよね。ではリネンジャケットは洗濯すると縮んでしまうのでしょうか?

リネンは非常に縮みやすい素材で、日常的な洗濯などでおおよそ3~8%くらい縮むのが目安になります。たとえば、もともとのリネンジャケットの着丈が70cmだとすると、おおよそ2.1~5.6cmくらい縮む計算ですね。

リネンジャケットが日常的な洗濯で縮むのは基本的に避けられません。リネンジャケットを購入するときには、普段よりもちょっとサイズに余裕を持たせておくのがよいでしょう。ただリネンジャケットが洗濯などで縮んだとしても、普通に着用しているうちに多少はもともとのサイズ感に戻っていきます。

リネンジャケットは洗濯で色落ちするの?

ブラック、ブラウン、ネイビーなどなど…。リネンジャケットには濃色を使ったものもたくさんあります。ではリネンジャケットを洗濯すると色落ちしてしまうのでしょうか?

確かにリネンジャケットは洗濯で色落ちしやすいです。ただリネンジャケットは色落ちを含めて自然な変化を楽しむ洋服でもありますから、あまり色落ちに過敏になる必要はないかと思います。

リネンジャケットをできるだけ色落ちさせたくない方は、前述のように洗濯前に必ずネットに入れましょう。それだけでリネンジャケットの色落ちをだいぶ抑えられます。

ただリネンジャケットを洗濯するときには、他の洋服への色移りに注意しましょう。濃色のリネンジャケットは最初の2~3回は単体で洗濯したほうが安心です。何回か洗濯を繰り返しているとほとんど色落ちしなくなってくるため、その後は他の洋服と一緒に洗濯しても問題ありません。どうしても心配な方は淡色の洋服との洗濯を避けるとよいでしょう。

リネンジャケットを乾燥機にかけてもよいの?

洋服を乾かす時間を短縮するために、普段から乾燥機を使っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。ではリネンジャケットを乾燥機にかけてもよいのでしょうか?

リネンジャケットを乾燥機(タンブラー)にかけるのは基本的にNGです。ほとんどのリネンジャケットには洗濯表示に乾燥機(タンブラー)禁止のマークがついているはずです。

もしリネンジャケットを乾燥機にかけると、おそらくご自身が想像している以上に縮みます。最悪ご自身では着れなくなってしまうかもしれません。また、リネンジャケットが毛羽立ってしまったり、襟や袖がよれてしまうこともあります。リネンジャケットにできるだけダメージを与えたくない方は、乾燥機は避けたほうがよいでしょう。

リネンジャケットの襟や袖の皮脂汚れを落とすには?

洋服はずっと使っていると襟や袖の皮脂汚れが落ちづらくなってきますよね。特にリネンジャケットを着るのは春夏ですから、襟や袖の皮脂汚れが発生しやすくなります。ではリネンジャケットの襟や袖の皮脂汚れを落とすにはどうしたらよいのでしょうか?

リネンジャケットの襟や袖の皮脂汚れが目立つ場合には、実は女性が化粧を落とすときに使う「クレンジングオイル」が効果的です。というのも、クレンジングオイルには人間から出た皮脂が酸化したもの(これが洋服の襟や袖の皮脂汚れになります)を分解する作用を持っているからです。

まずは適当なタオルやハンカチなどにクレンジングオイルをつけます。そして、リネンジャケットの襟や袖から皮脂汚れを押し出すイメージで何回か叩いてあげましょう。あとはリネンジャケットを通常通り洗濯するだけです。そうすれば、リネンジャケットの襟や袖の皮脂汚れがすっきりと落ちているはずです。

男性はクレンジングオイルを普通持っていないかと思いますが、クレンジングオイルはドラッグストアなどでおおよそ300~500円くらいで購入できます。どうしてもリネンジャケットの襟や袖の皮脂汚れを何とかしたい場合にはぜひ試してみてください。

最後に

いかがでしたか?リネンジャケットの適切な洗濯方法などをご紹介してきました。リネンジャケットは普段の洗濯やお手入れの仕方をちょっと工夫するだけで非常に長持ちしますので、ぜひ大事に使ってあげてくださいね。

<画像引用>
●MaW SAPPORO
http://maw-sapporo.com/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加