「アウター」と「インナー」の意味とは?ファッション用語を徹底解説!

ファッション雑誌などを眺めていると、「アウター」「インナー」という言葉をよく目にしますよね。でも「アウター」や「インナー」という言葉の意味は、意外と正確に理解できていなかったりしないでしょうか?ここでは「アウター」と「インナー」という言葉の意味を確認していきます。

スポンサーリンク

「アウター」の意味とは?

「アウター(Outer)」とは「アウターウェア(Outer wear)」の省略で、もともと外側に着る衣服のことを指します。日本語では「外衣(がいい)」に相当する言葉です。

もともと言葉の意味を厳密に考えると、最も外側に着用する衣服はすべてアウターになります。したがって、何がアウターになるのかはコーディネートによって変わります。

たとえば、秋冬などの気温の低い時期にジャケット・ブルゾン・コートなどを最も外側に着ていたとしたら、それらがアウターとなります。

一方、春夏などの気温が高い時期にシャツ・ブラウス・カットソーなどを最も外側に着ていたとしたら、それらもアウターとなります。

しかし、実際にアウターという言葉をそこまで厳密に使っている人はあまりいないでしょう。

一般的にアウターという言葉を使う場合には、コート・ブルゾン・ジャケットなどの防寒用の衣服を指すことがほとんどです。シャツ・ブラウス・カットソーなどを最も外側に着用していたとしても、それらをアウターと呼ぶことはあまりありません。

アウターという言葉はかなり曖昧に使われているので、文脈や状況で意味を判断するのがよいでしょう。

スポンサーリンク

「インナー」の意味とは?

「インナー(Inner)」とは「インナーウェア(Inner wear)」の省略で、もともと内側に着る衣服のことを指します日本語では「内衣(ないい)」に相当する言葉です。

もともと言葉の意味を厳密に考えると、最も外側に着用する衣服以外はすべてインナーになります。したがって、何がインナーになるのかはコーディネートによって変わります。

たとえば、春夏などの気温が高い時期にパーカーの内側にTシャツを着ていれば、Tシャツがインナーです。さらにTシャツの内側にタンクトップ・キャミソールなどを着ていれば、それらもインナーとなります。

また、秋冬などの気温が低い時期にコートの内側にジャケットを着ていれば、ジャケットはインナーです。さらにジャケットの内側にカーディガン・シャツ・下着などを着ていれば、それらもインナーとなります。

しかし、実際にインナーという言葉をそこまで厳密に使っている人はあまりいないでしょう。

一般的にインナーという言葉を使う場合には、タンクトップ・キャミソール・Tシャツなどの肌に直接ふれる衣服を指すことがほとんどです。コートの内側にジャケットを着ていたとしても、ジャケットをインナーと呼ぶことはあまりありません。

インナーという言葉はかなり曖昧に使われているので、文脈や状況で意味を判断するのがよいでしょう。

スポンサーリンク

「アウター」と「インナー」という言葉の関係は?

「アウター」とはもともと外側に着る衣服のことでした。一方、「インナー」とはもともと内側に着る衣服のことでした。

もうおわかりかと思います。文脈や状況で意味が変わることはありますが、「アウター」と「インナー」は真逆の意味を持つ反対語です。セットで覚えておくとよいでしょう。

また、「アウター」と「インナー」はもともと外側と内側を区別するための言葉です。したがって、Tシャツを1枚で着ているような場合には、そのTシャツはアウターともインナーとも呼びません。そのTシャツには外側も内側もないからです。

まとめ

  • 「アウター」はもともと外側に着る衣服のことを指す
  • 「インナー」ともともと内側に着る衣服のことを指す
  • 「何がアウターになるのか」また「何がインナーになるのか」はコーディネートによって変わる
  • 実際には「アウター」と「インナー」という言葉は曖昧に使われているので、文脈や状況で意味を判断するのがよい
  • 「アウター」と「インナー」は反対語なので、セットで覚えておくとよい

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加