「トップス」と「ボトムス」の意味とは?ファッション用語を徹底解説!

ファッション雑誌などを眺めていると、「トップス」「ボトムス」という言葉をよく目にしますよね。でも「トップス」や「ボトムス」という言葉の意味は、意外と正確に理解できていなかったりしないでしょうか?ここでは「トップス」と「ボトムス」という言葉の意味を確認していきます。

スポンサーリンク

「トップス」の意味とは?

アパレル・ファッションにおける「トップス」とは、上半身に着用する衣服のことで、英語の「top」の複数形である「tops」に由来します。日本語では「上衣(じょうい)」に相当する言葉です。

たとえば、トップスに含まれるものとしては、シャツ・ブラウス・Tシャツ・キャミソール・セーター・カーディガン・パーカー・チュニック・ブルゾン・ジャケット・コートなどがあります。上半身に着用する衣服はすべてトップスです。

もともとの言葉の意味を考えると、トップスは上半身に着用する下着(肌着)も含む概念です。しかし、日常的にトップスという言葉を使う場合には、下着(肌着)を含めないことがほとんどです。

スポンサーリンク

「ボトムス」の意味とは?

アパレル・ファッションにおける「ボトムス」とは、下半身に着用する衣服のことで、英語の「bottom」の複数形である「bottoms」に由来します。日本語では「下衣(かい)」に相当する言葉です。

たとえば、ボトムスに含まれるものとしては、ズボン(パンツ)・ショートパンツ・スカート・レギンス・スパッツなどがあります。下半身に着用する衣服はすべてボトムスです。

もともとの言葉の意味を考えると、ボトムスは下半身に着用する下着(肌着)も含む概念です。しかし、日常的にボトムスという言葉を使う場合には、下着(肌着)を含めないことがほとんどです。

スポンサーリンク

「トップス」と「ボトムス」という言葉の関係は?

トップスは上半身に着用する衣服のことでした。一方、ボトムスは下半身に着用する衣服のことでした。

もうおわかりかと思いますが、トップスとボトムスは真逆の意味を持つ反対語です。セットで覚えておくとよいでしょう。

なお、ワンピース・オーバーオール・サロペットなどの上下のつながった衣服は、トップスにもボトムスにも分類されません。トップスとボトムスが一緒になった衣服と考えられます。

まとめ

  • 「トップス」は上半身に着用する衣服のことを指す
  • 「ボトムス」は下半身に着用する衣服のことを指す
  • 一般的に「トップス」と「ボトムス」はいずれも下着を含めない
  • 「トップス」と「ボトムス」は反対語なので、セットで覚えておくとよい

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加