洋服のサイズ表記「OSFM」の意味とは?どのくらいの身長が適しているの?

お店で洋服を選んでいると「OSFM」というサイズ表記を見かけることがあります。「S」「M」「L」はそれぞれ「Small」「Medium」「Large」の省略だとわかりますが、「OSFM」はあまりピンと来ないものです。

では洋服のサイズ表記で見かける「OSFM」とはどのような意味なのでしょうか?また、洋服のサイズ表記の「OSFA」にはどのくらいの身長が適しているのでしょうか?

スポンサーリンク

洋服のサイズ表記で見かける「OSFM」の意味とは?

洋服のサイズ表記の「OSFM」は、「One-Size-Fits-Most」の頭文字をとった略記で、「ほとんど誰でも着用できる」というような意味で使用されます。また、その洋服のサイズ展開が1つだけということも表します。

ゆったりと羽織れるオーバーコート、ウエストがゴムのスカート、ソックス・タイツ・レギンスなどの伸縮性のあるもの、パジャマなどなど…。誰でも身長・体型に影響されずに着用できるような洋服によく使われます。特に個人の身長差・体型差があまりない女性用の洋服に目立ちます。

また、帽子・手袋・ベルト・マフラー・ストールなどのアイテムにも使われやすい傾向にあります。これらも個人の身長・体型あまり影響されずに使用できるからです。

一般的に洋服のサイズ表記の「OSFM」=「One-Size-Fits-Most」は、「OSFA」=「One-Size-Fits-All」とほぼ同じ意味で使用されます。さらに「F」=「Free-size(フリーサイズ)」もほぼ同様の意味です。こちらは知っている方もたくさんいらっしゃるのはないでしょうか?

ただし、「F」=「Free-size(フリーサイズ)」は和製英語なので、実はアメリカなどの洋服のサイズ表記には使われていません。日本だけで通用する洋服のサイズ表記です。

スポンサーリンク

洋服サイズのOSFMはどのくらいの身長が適しているの?

  • 男性用洋服(men’s)のOSFM…身長165~180cm
  • 女性用洋服(women’s)のOSFM…身長150~165cm

日本の洋服ブランドがOSFMと表記しているのであれば、日本人の平均的身長を考慮した上でデザインしているはずです。したがって、洋服のOSFM表記を着るにはおおよそ上記くらいの身長が目安になるでしょう。(日本人男性の平均身長は約171cm/日本人女性の平均身長は約158cm)。

ただ日本人の平均よりも背が低い(身体が小さい)方には、ゆったりとした着用感になるでしょう。逆に日本人の平均よりも背が高い(身体が大きい)方には、きっちりとした着用感になるかと思います。洋服のOSFM表記を着るのは、やはり日本人の平均身長くらいの方がちょうどよいのかもしれません。

また、海外の洋服ブランドになると話は変わってきます。アメリカやヨーロッパなどの洋服ブランドは日本人を対象にしているわけではありません。日本人と外国人では全然身長などが違いますので、十分に注意しましょう。

スポンサーリンク

洋服のサイズを失敗しないために!

ここまで洋服のサイズ表記のOSFMについてお伝えしてきました。「自分は女性で158cmだからOSFM表記もたぶんちょうどいいんだ」なんて思った方もいらっしゃるかもしれません。

でもちょっと待ってください。

実は洋服のサイズ表記には明確な基準があるわけではありません。それぞれの洋服ブランドが独自の基準でサイズを決めています。そのため、洋服ブランドAのOSFM表記のTシャツと洋服ブランドBのOSFM表記のTシャツでは、全然着丈・身幅・袖丈などが違うなんてこともよくあるのです。

さらに同じ洋服ブランドがつくっているものでもデザインによってサイズ感は異なります。ワンピースのOSFM表記はゆったりなデザインでも、デニムパンツのOSFM表記はわりとタイトなデザインというようなことも決して珍しくありません

つまり、「自分は日本人女性の標準的な身体つきだからOSFM表記は何でも着れる」と決めつけていると、洋服のサイズで失敗してしまう可能性があるのです。洋服がピチピチだと着心地が悪いですし、逆に洋服がブカブカすぎるとだらしない印象になってしまいます。

洋服のサイズで失敗しないためには、実際にお店で試着するのが確実です。また、インターネット通販などで洋服を購入する場合には、しっかり実寸を調べることが大切です。そのとき、自分が気に入っている洋服と比較するとわかりやすいです。洋服ブランドのサイズ表記は、あくまで目安にするくらいがちょうどよいでしょう。

最後に

いかがでしたか?洋服のサイズ表記の「OSFM」は、「One-Size-Fits-Most」の頭文字をとった略記で、「おおよそ誰でも着用できる」というような意味で使用されているのでした。

ただ洋服ブランドによってOSFM表記でも全然着丈・身幅・袖丈などが違うこともあります。「自分は標準的な身体つきだから問題ない」などと考えず、お店で試着してみるのがおすすめです。

今度お洋服を買うときにはぜひ参考にしてみてくださいね。

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加