捻挫で病院を受診するときの料金はいくらくらいなの?

nenza

捻挫は頻繁に起きるケガのひとつです。もし捻挫をしたらしっかりと病院を受診したいという方も、きっとたくさんいらっしゃるでしょう。

ただ病院は受診してみるまでどのくらいお金が必要になるかがわかりません。予想外の出費になるのではないかと不安になってしまいますよね。では捻挫で病院を受診するときの料金はいくらくらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

捻挫でも病院を受診すべきなのか?

byouin

もしあなたが足首など捻挫をしてしまったら、自己判断せずに病院を受診するほうがよいでしょう。というのも、捻挫の症状はなかなか見た目だけで判断できないからです。

一時的に靭帯が伸びているだけの軽傷の捻挫がほとんどですが、部分的に靭帯が切れているような重傷の捻挫ということも少なくありません。また、単なる捻挫だと思っていたら、靱帯断裂・脱臼・骨折を伴っていることもあります。

特に下記のような状態のときには必ず病院を受診しましょう。「特に問題はなかった」と確認するだけでも、病院を受診する価値はあります。

  • 捻挫をした関節が明らかに変形している
  • 捻挫をした関節を動かそうとすると激痛が走る
  • 捻挫をした関節を自力で動かせない
  • 捻挫をした関節周辺がパンパンに張れている(通常時の1.5倍以上が目安)
  • 捻挫をした関節の痛みがいつまでもとれない

捻挫は病院の何科を受診すればよいのか?

gimon

スポンサーリンク

では捻挫は病院の何科を受診すればよいのでしょうか?いざ捻挫で病院に行こうと思っても迷ってしまいますよね。

捻挫は病院の整形外科を受診するようにします。整形外科は骨・関節・靭帯・腱・神経・筋肉などの運動器を専門としていますから、適切な診察をしてくれるでしょう。

なお、はじめての捻挫の診察で整骨院や接骨院には行くべきではありません。というのも、捻挫の症状を正確に診断するために必要なレントゲン撮影は、整骨院や接骨院ではできないからです。必ず整形外科の専門医がいる病院で診察を受けるようにしましょう。もちろん、捻挫の治療やリハビリで信頼できる整骨院や接骨院に行くのはよいでしょう。

捻挫で病院を受診すると料金はどのくらいかかるのか?

money

捻挫で病院を受診するときの料金の目安は、健康保険適用により自己負担分が3割だとすると約3,000~5,000円です。もちろん、診察や処置の内容によって料金は変わります。

たとえば、足首関節の捻挫でレントゲン撮影の後にギプス固定、消炎鎮痛剤や湿布を処方された場合では、おおよそ以下の表のような診療報酬点数になります。診療報酬点数の10倍である14,500円が診療費です。健康保険適用により自己負担分が3割だとすると4,350円が必要になります。

診療内容 診療報酬点数
初診料 270点
レントゲン撮影 300点
ギプス固定 780点
指導料(薬剤情報提供料) 10点
薬剤料(消炎鎮痛剤・湿布など) 90点
合計 1,450点

最後に

いかがでしたか?捻挫で病院を受診するときの料金はいくらくらいなのかについてお伝えしてきました。おおよそ必要な金額がわかっていれば、病院を受診するのも安心です。もしあなたが捻挫をしてしまったら、自己判断せずに病院で受診するようにしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です