ジャージは乾燥機にかけてもいいの?あえて縮ませたいならアリかも?

スポーツなどでジャージを愛用している方はたくさんいらっしゃいますよね。また、最近ではファッションアイテムとしてジャージを着こなしている方もいらっしゃるかもしれません。

そんなジャージは洗濯後にわりと乾きやすい洋服です。しかし、それでもジャージを干す時間を省くために乾燥機にかけたくなることはあるでしょう。ではジャージは乾燥機にかけてしまってもよいのでしょうか?

スポンサーリンク

ジャージとは?

ジャージを乾燥機にかけてもいいのか考える前に、ちょっとだけジャージについて理解を深めておきましょう。ジャージのお手入れを考えるヒントになるかもしれません。

一般的に「ジャージ」とは、ポリエステル製の目が細かいニット素材(編物)を使用したスポーツウェアのことです。伸縮性・耐久性・通気性に優れているため、運動に適しています。ジャージはポリエステル製がほとんどですが、綿(コットン)は毛(ウール)などのものもあります。

しかし、もともとのジャージは17世紀ごろよりイギリス海峡のジャージー島でつくられていた天竺編のニット衣料のことを指していました。そのときは漁師の作業着として使われていたそうです。現在までにジャージの定義はだいぶ変わってきているようですね。

また、日本で「ジャージ」と呼ばれている衣服は、アメリカなどでは「トラックスーツ(Track Suit)」などと呼ばれます。アメリカなどで「ジャージ(Jersey)」と使う場合は、単に衣服の素材を指すそうです。

ジャージを乾燥機にかけてもよいのか?

ジャージを乾燥機にかけるのは基本的にNGです。ほとんどのジャージには洗濯表示に乾燥機禁止のマークがついているはずです。

おおよそ60~80℃という高温で洋服の水分を蒸発させる乾燥機は、洋服へのダメージが非常に大きいです。ジャージの場合には生地が縮んでしまう可能性が高いです。元々のサイズよりもだいぶ小さくなるため、最悪ご自身では着れなくなってしまうかもしれません。また、ジャージのシワがとれなくなったり、毛羽立ちができてしまうこともあります。

ジャージにできるだけダメージを与えたくない方は、乾燥機は避けたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

なぜジャージは乾燥機で縮んでしまうのか?

ジャージを洗濯後に普通に乾かしてもほぼ縮みません。しかし、ジャージを乾燥機にかけると縮んでしまうことがあります。これはなぜなのでしょうか?

ジャージに使われる繊維には、製造の過程で「延伸」と呼ばれる処理が施されています。「延伸」とはその名前の通り、繊維を引き伸ばす処理のこと。この「延伸」によって繊維は強度が上がります。ただ繊維は無理に引き伸ばされている状態ですので、常に元に位置に戻ろうとしています。

もちろん、ジャージを普通に着たりしている分には、繊維は元の位置に戻らないようになっています。しかし、ジャージを乾燥機にかけてしまうと、高熱と機械的作用で繊維が元の位置に戻ってしまうのです。ジャージを構成していた繊維の1本1本が短くなるわけですから、ジャージ全体も縮んでしまうというわけです。

ジャージを乾燥機で縮ませる方法

前述の通り、ジャージは乾燥機で縮む可能性が高いです。一般的に洋服が縮むのはよいことではありませんが、ジャージのサイズが大きすぎる場合などには、あえて乾燥機で縮ませるのもありかもしれません。ジャージをサイズ感が気に入らずに捨てるくらいであれば、とりあえず試してみる価値はあると思います。

では具体的な手順を見ていきましょう。

STEP1.ジャージを水に浸す
洗剤には洋服を縮ませないための成分が入っていることがあります。ジャージを縮ませたい場合には水だけに浸しましょう。

STEP2.ジャージを脱水する
特に注意すべきことはありません。ジャージから水が滴らないくらいまで普通に脱水してください。

STEP3.ジャージを乾燥機にかける
ジャージの水分が完全に飛ぶまで乾燥機に入れておきます。おおよそ30~50分が目安です。ジャージをたくさん縮ませたい場合には、乾燥機の温度設定を高くしましょう。逆にジャージをちょっとだけ縮ませたい場合には、乾燥機の温度設定を低くするとよいです

ジャージを乾燥機で縮めるときの注意点は、やはり自分のイメージしたようになるとは限らないことです。ジャージがそれほど縮まないこともあれば、想像以上に縮んでしまうこともあります。また、ジャージのシワがとれなくなったり、毛羽立ちができてしまうこともあります。最終的には自己責任で試してみてください。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?ジャージを乾燥機にかけてもよいのかなどについてお伝えしてきました。ジャージを乾燥機にかけると縮んでしまう可能性があります。あえてジャージのサイズを縮ませたい場合は別ですが、基本的にジャージに乾燥機は使わないほうがよいでしょう。そもそもジャージは乾きやすいですから、洗濯後は普通に干すのがおすすめです。

<画像出典>
●古着屋 JAM 京都店
https://jamtrading.jp/kyoto/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加