おからパウダーはスーパーでどこの売り場にある?お値段の相場も紹介します!

はじめておからパウダーを購入しようとしてる方は、意外とスーパーでどこの売り場にあるのかを見つけづらいかもしれません。ここではおからパウダーがスーパーでどこの売り場に置いてあるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

おからパウダーはスーパーのどこの売り場にあるのか?

  • 日配食品売り場(豆腐・納豆・油揚げなど)
  • 乾物売り場(乾燥ワカメ・切り干し大根・高野豆腐など)
  • 粉類売り場(小麦粉・片栗粉・パン粉など)

おからパウダーはスーパーで上記の3つの売り場のいずれかに置いてあります。

最近ではおからパウダーはスーパーの日配食品売り場に置いてあります。日配食品とは毎日店舗に配送される食品のことで、豆腐、納豆、油揚げなどが代表的です。おからパウダーはこれらと一緒に並べられています。

おからパウダー乾燥食品で長持ちするのですが、大豆製品と一緒に置いてあるほうがわかりやすいので、日配食品売り場に置いているようです。

また、今お伝えしたようにおからパウダーは乾燥食品ですので、乾物売り場に置かれていることもあります。乾燥ワカメ、乾燥コンブ、乾燥椎茸、切り干し大根、鰹節、高野豆腐、干瓢などと一緒の場所です。

さらに、おからパウダーは粉製品と考えることもできますので、粉類売り場に置いているケースもあります。小麦粉、片栗粉、パン粉などと一緒に置いてあるかもしれません。

おからパウダーをスーパーで探すときには、この3つの売り場を探してみてください。どうしてもおからパウダーがスーパーで見つからない場合には、店員さんに聞いてみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

おからパウダーの値段の相場は?

おからパウダーのスーパーでの値段の相場は、国産で約150~250円(100g)、中国産で約100~150円(100g)くらいです。

もちろん、お店によっておからパウダーの値段は変わりますから、あくまで目安として考えてみてください。

TVなどで紹介されると食品も突然値段が跳ね上がることがありますので、普段のお値段の相場を頭の片隅に入れておくとよいですよ。

おからパウダーはどこのスーパーに売っているの?

  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • マックスバリュー
  • ダイエー
  • 西友
  • 東急ストア
  • アリオ
  • 成城石井
  • マルエツ
  • カルディ

おからパウダーは上記のスーパーマーケットにはほぼ置いてあるようです。

特にイオンのプライベートブランドである「TOP VALU(トップバリュ)」では、おからパウダーを生産しています。そのため、イオン系列のスーパーでは売り切れていないかぎりは、おからパウダーを取り扱っているでしょう。

以前はおからパウダーを置いていないスーパーもけっこうありました。しかし、2018年ごろにTVで大々的に特集されてからは、おからパウダーは定番商品となりました。そのため、最近では一定の規模のスーパーは基本的におからパウダーを取り扱っています。

上記でご紹介したスーパー以外にも、地方を中心に展開しているスーパーなどにもおからパウダーを取り扱っているところはあるかと思います。また、食品を取り扱っているドラッグストアではおからパウダーを置いていることがあります。

スポンサーリンク

おからパウダーは100円ショップに売っているの?

おからパウダーは「DAISO(ダイソー)」や「CanDo(キャンドゥ)」などの100円ショップでも売っています。

インターネット上の口コミを調べてみると、おからパウダーをDAISO(ダイソー)やCanDo(キャンドゥ)などの100円ショップで購入したという方が、けっこういらっしゃいました。

また、わたしも近所のDAISO(ダイソー)に行ってみたところ、おからパウダーを置いていました。

100円ショップのおからパウダーのお値段は、スーパーなどのおからパウダーの値段とほとんど変わりません。1パックにおおよそ100円分の分量が入った状態で売られています。

100円ショップの商品ラインナップは定期的に変わるので、おからパウダーがなくなっている場合もあります。あらかじめご了承ください。

おからパウダーは豆腐屋さんにも売っているの?

個人や家族で経営しているようなお豆腐屋さんでは、おからパウダーは売っていないことがほとんどかと思います。

お豆腐屋さんでは生のおからを売っていたり、常連さんに無料で配っていたりすることがありますよね。これは豆腐を作る過程でおからが副産物として大量に出るから、ついでにやっていることです。単におからを廃棄してしまうよりはお客さんに喜んでもらうほうがよいですよね。

しかし、おからパウダーを用意するには、おからを乾燥させた後に粉末状にするという手間をかけなければいけません。さらにおからを乾燥させる場所や粉末状にする機械なども必要になります。ここまでくるとお豆腐屋さんにとってはついでではできなくなってしまいます。

そのため、いわゆる町のお豆腐屋さんではおからパウダーはあまり売っていないでしょう。

おからパウダーはインターネット通販にも売っているの?

生のおからは常温で長期保存できないので、インターネット通販で購入するのは難しいです。

しかし、おからパウダーは常温で長期保存できるので、インターネット通販でも購入できます。「楽天市場」「Amazon」「Yahoo!ショッピング」などでおからパウダーと検索すれば、たくさん出てきます。

おからパウダーが近所のスーパーなどで見つからない方は、インターネット通販を利用するとよいと思います。

スポンサーリンク

おからパウダーの活用方法

おからパウダーそのものにはほとんど味がないので、さまざまな料理に合わせることができます。おからパウダーを料理などにちょっと混ぜるだけで、栄養バランスがよくなったり、満腹感を得やすくなりますよ。いくつかおからパウダーの簡単な活用法をご紹介します。

1.ヨーグルトに入れる
ヨーグルトを食べる習慣がある方は、おからパウダーをスプーン1杯分くらい混ぜてみてください。おからパウダーに含まれる大豆オリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌のエサになります。ヨーグルトだけで食べるよりも腸内環境が整います。
2.味噌汁やスープに入れる
おからパウダーは味噌汁やスープに入れても違和感がありません。こちらもおからパウダーをスプーン1杯くらい混ぜてみましょう。おからパウダーを混ぜると満腹感が得やすいので、女性の場合はお昼ごはんくらいにできるかもしれません。
3.コーヒーに入れる
おからパウダーをコーヒーに入れるのもよいでしょう。ただあまり入れすぎると、コーヒーが粉っぽくなってしまいます。コーヒーに溶ける範囲で混ぜるとよいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加