洋服のサイズ表記「OT」の意味は?どのくらいの身長が適しているの?

洋服を選んでいると、「OT」というサイズ表記を見かけることがあります。「S」「M」「L」はそれぞれ「Small」「Medium」「Large」の省略だとわかりますが、「OT」はあまりピンと来ないものです。

では洋服のサイズ表記で見かける「OT」とはどのような意味なのでしょうか?また、どのくらいの身長が「OT」サイズに適しているのでしょうか?

スポンサーリンク

洋服のサイズ表記の「OT」はどういう意味なのか?

「OT」はJASPO(日本スポーツ用品工業協会)が定めた洋服のサイズ表記で、日本の女性用スポーツウェアなどによく使われます。この洋服のサイズ表記の仕方を順番に並べると、【「XS」→「S」→「M」→「L」→「OT」→「XOT」→「2XOT」→「3XOT」→…】と続きます。

つまり、「OT」は「L」よりも1段階上のサイズということです。「L」よりも1段階上のサイズということを考えると、一般的に「OT」は「XL」や「2L(LL)」とおおよそ同じ意味(認識)と考えてよいでしょう。

JASPOの公式情報などを探してみましたが、「OT」が何の略記なのかはわかりませんでした。インターネット上では「OTher(その他の~)」の略記ではないかという意見がありましたが、その後に「XOT」「2XOT」「3XOT」…と続くことを考えるとちょっと違うような気がします。

また、「英語=海外から来たもの」と考えてしまいがちですが、実は外国の洋服のサイズ表記には使われていません。あくまで「OT」は日本独自のサイズ表記です。

略称 正式名称 他の表記方法 サイズ
XS Extra Small 2S(SS)












S Small 特になし
M Medium 特になし
L Large 特になし
OT 不明 XLまたは
2L(LL)
XOT 不明 2XL(XXL)または
3L(LLL)
2XOT 不明 3XL(XXXL)または
4L(LLLL)
以下サイズが大きくなるにつれて、
3XOTなどのように先頭の数字が増えていきます。

スポンサーリンク

洋服のOTサイズはどのくらいの身長が適しているのか?

JASPO規格の成人女性用ウェアのサイズ表を下記の載せてみました。これを見ると、成人女性用ウェアのOTサイズは身長が約170cmが目安ということになります。

日本人女性としては相当背が高い方が着るサイズですね。ただバスケットボールやバレーボールなどの競技者では決して珍しくはないのかもしれません。

成人女性用ウェア(単位:cm)

サイズ 身長 胸囲 ウエスト
XS 147~153 75~79 56~60
S 152~158 78~82 59~63
M 157~163 81~85 62~66
L 162~168 84~88 65~69
OT 167~173 87~91 68~72
XOT 172~178 90~94 71~75

洋服のサイズを失敗しないために!

ここまで洋服のサイズ表記「OT」についてお伝えしてきました。「自分は女性で身長が171cmだからOTサイズがちょうどいいのか!」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

でもちょっと待ってください!

JASPO規格なんてものを定めていても、実際には洋服のサイズは各メーカーによってバラバラだったりします。たとえば、NikeのLサイズのTシャツとadidasのOTサイズのTシャツがほとんど同じくらいなんてことも、決して珍しくありません。

つまり、自分の洋服はOTサイズがいいと決めつけていると、洋服のサイズで失敗してしまう可能性があるのです。洋服がピチピチだと着心地が悪いですし、逆に洋服がブカブカだとだらしない印象になってしまいます。

洋服のサイズで失敗しないためには、実際にお店で試着するのが確実です。インターネット通販で洋服を購入する場合には、しっかり実寸を調べることが大切です。自分が気に入っている洋服と比較するとわかりやすいです。「XS」「S」「M」「L」「OT」などの洋服メーカーのサイズ表記は、あくまで目安にするくらいがちょうどよいでしょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?「OT」はJASPO(日本スポーツ用品工業協会)が定めた「L」よりも1段階上のサイズのことでした。したがって、一般的に「OT」は「XL」や「2L(LL)」とおおよそ同じ意味と考えることができます。洋服のサイズ表記が統一されていないのはわかりづらいですが、今度お洋服を買うときにはぜひ参考にしてみてくださいね。

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加