洋服のサイズ表記「XS」の意味とは?どのくらいの身長が適しているの?

洋服を選んでいると、「XS」というサイズ表記を見かけることがあります。「S」「M」「L」はそれぞれ「Small」「Medium」「Large」の省略だとわかりますが、「XS」はあまりピンと来ないものです。

では洋服のサイズ表記で見かける「XS」とはどのような意味なのでしょうか?また、どのくらいの身長が「XS」サイズに適しているのでしょうか?

スポンサーリンク

洋服のサイズ表記で見かける「XS」の意味とは?

洋服のサイズ表記の「XS」は、「Extra Small」の省略形で、「極小」という意味になります(発音的にわかりやすいため、一般的に英語では「ex-」 で始まる単語の略すときに「x」を前に出します)。

つまり、「XS」は「S」よりさらに1段階下のサイズということです。

洋服のサイズ表記を小さいほうから大きいほうへ順番に並べると、【…→「2XS(XXS)」→「XS」→「S」→「M」→「L」→「XL」→「2XL(XXL)」→…】となります。

2XS(XXS)よりサイズが小さくなると、3XS(XXXS)のようにさらに数字(Xの個数)が増えていきます。一方で2XL(XXL)よりサイズが大きくなると、3XL(XXXL)のようにさらに数字(Xの個数)が増えていきます。ただいずれも一般的な洋服メーカーで見かけることはあまりありません。

また、「S」よりさらに1段階下のサイズということを考えると、一般的に「XS」は「2S(SS)」と同じ意味(認識)と考えてよいでしょう。それぞれの洋服メーカーで表記方法が違うため、複数の表記方法があります。

略称 正式名称 他の表記方法 サイズ













2XS
(XXS)
Double Extra Small 3S(SSS)
XS Extra Small 2S(SS)
S Small
M Medium
L Large
XL Extra Large 2L(LL)
2XL
(XXL)
Double Extra Large 3L(LLL)
スポンサーリンク

洋服のXSサイズはどのくらいの身長が適しているのか?

「XS」「S」「M」「L」「XL」などの洋服のサイズ表記には明確な基準があるわけではありません。それぞれの洋服メーカーが独自の基準でサイズ表記を決めています。たとえば、A社では身長145cmを目安にXSサイズをつくっていても、B社では身長150cmを目安にXSサイズをつくっていることがあるのです。

したがって、「どのくらいの身長だと洋服のXSサイズに適しているのか」という疑問に答えるのは非常に難しいところです。

ここではあくまでちょっとした目安にしかなりませんが、日本を代表する洋服ブランドであるUNIQLOのサイズ表をご紹介します。国民全体に浸透している洋服ブランドですから、おそらく一般的な日本人の身体つきにフィットしやすいようにデザインされているのではないでしょうか?

UNIQLOの男性用洋服サイズ(単位:cm)

サイズ 身長 首回り 裄丈 胸囲 ウエスト
XS 155~165 ~37 ~78.5 78~84 66~72
S 155~165 ~38 ~80.5 80~88 68~76
M 165~175 ~40 ~83 88~96 76~84
L 175~185 ~42 ~85.5 96~104 84~92
XL 175~185 ~44 ~88 104~112 92~100
XXL 175~185 ~46 ~90 112~120 100~108
3XL 175~185 ~48.5 ~91.5 120~128 108~116
4XL 175~185 ~51 ~93 128~136 116~124

UNIQLOの女性用洋服サイズ(単位:cm)

サイズ 身長 バスト ウエスト ヒップ
XS 149~156 74~80 57~63 82~88
S 153~160 77~83 60~66 85~91
M 153~160 80~86 63~69 88~94
L 159~166 86~92 69~75 94~100
XL 159~166 92~98 75~81 100~106
XXL 159~166 98~104 81~87 106~112
3XL 159~166 104~110 87~93 112~118

UNIQLOのXSサイズの場合には、男性で身長約155~165cm/女性で身長149~156cmにフィットするように設計されているようです。

ご自身の洋服のサイズを選ぶときの参考にしてみてください。他の洋服ブランドのサイズ表などもチェックしてみると何か発見があるかもしれません。

参考URL https://faq.uniqlo.com/articles/FAQ/100001976

洋服のサイズを失敗しないために!

前述の通り、実際には洋服のサイズは各メーカーによってバラバラだったりします。たとえば、A社のXSサイズのTシャツとB社のSサイズのTシャツがほとんど同じくらいなんてことも、決して珍しくありません。また、同じ洋服メーカーがつくっているものでもデザインによってサイズ感は変わります。

さらに、日本製の洋服と海外製の洋服はサイズ感がだいぶ異なります。日本人と外国人では身体つきが全然違うからです。たとえば、日本製のMサイズのパーカーとアメリカ製のXSサイズのパーカーがほとんど同じくらいということがよくあります。

つまり、自分の洋服はXSサイズがいいと決めつけていると、洋服のサイズで失敗してしまう可能性があるのです。洋服がピチピチだと着心地が悪いですし、逆に洋服がブカブカだとだらしない印象になってしまうでしょう。

洋服のサイズで失敗しないためには、実際にお店で試着するのが確実です。また、インターネット通販などで洋服を購入する場合には、しっかり実寸を調べることが大切です。自分が気に入っている洋服と比較するとわかりやすいです。「XS」「S」「M」「L」「XL」などの洋服メーカーのサイズ表記、はあくまで目安にするくらいがちょうどよいでしょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?洋服のタグに表記されている「XS」は、「Extra Small」の省略で「S」よりもさらに1段階下のサイズでした。一般的には「XS」は「2S(SS)」と同じ意味と考えてよいです。洋服のサイズ表記はなかなかわかりづらいですが、今度お洋服を買うときにはぜひ参考にしてみてくださいね。

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加