母の日に白いカーネーションを贈ってはいけない理由

carnation_white

毎年5月の第2日曜日は「母の日」です。母の日にはカーネーションを贈るのが定番ですよね。

でも「母の日に白いカーネーションだけは贈ってはいけない」って知っていましたか?ここでは母の日に白いカーネーションを贈るべきではない理由をお伝えします。

スポンサーリンク

そもそも母の日の起源・由来とは?

母の日の起源・由来を知ると、母の日に白いカーネーションを贈るべきではない理由がわかります。では母の日の起源・由来を見てきましょう。

母の日は今から100年以上前にアメリカで誕生した記念日です。

20世紀初頭のアメリカ・ウエストヴァージニア州に、アンナ・ジャービスという女性が住んでいました。アンナの母親は1905年の5月9日に天国へと旅立ちました。

母親を深く敬愛していたアンナは、生前のうちに母に感謝や尊敬の気持ちを伝える機会を設けようという運動を始めます。アンナの運動は徐々に賛同者が増えていきました。まずは地元のウエストヴァージニア州で母の日の制定が認められます。そして、1914年にはアメリカ連邦議会で5月の第2日曜日が国民の祝日「母の日」と制定されたのでした。

なお、母の日が日本に伝わってきたのは、明治~大正時代ごろです。このころから母の日は徐々に世間に広まっていったのですが、日本で母の日でメジャーなイベントになったきっかけは、1937年(昭和12年)にお菓子メーカーの森永製菓が全国的に告知をしたことでした。その後の戦争中は母の日どころではない時代でしたが、終戦後の1947年には正式に5月の第2日曜日が母の日として制定されます。

スポンサーリンク

母の日に白いカーネーションを贈ってはいけない理由

アンナ・ジャービスの運動によって母の日が制定されましたが、そんなアンナの母親は白いカーネーションが大好きでした。そのため、母親の追悼式において、アンナは白いカーネーションを祭壇に飾りました。

このことから、母の日には母親がすでに亡くなっているならば白いカーネーションを贈る、母親が生きていれば赤いカーネーションを贈るという習慣ができました。

そう、基本的に白いカーネーションは亡くなったお母さんに贈るもの。ご健在のお母さんに贈るべき色ではありません。実際、白いカーネーションの花言葉の1つに「亡き母を偲ぶ」があります。

もしあなたのお母さんの好きな色が白だったとしても、母の日に白いカーネーションを贈るのは避けましょう。もちろん、天国にいるお母さんのために、母の日に白いカーネーションを贈るのはよいでしょう。

色別のカーネーションの意味・花言葉をより詳細に知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

参考記事 母の日のカーネーション!色で変わる意味や花言葉とは?

最後に

いかがでしたか?特に何も気にしないお母さんもいるかもしれませんが、もし白いカーネーションの意味を知っていたら、気分を害してしまうかもしれません。母の日にカーネーションを贈るなら、オーソドックスに赤・ピンクあたりを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です