お酒を飲むと関節が痛い!アルコールによる関節痛の5つの対処法とは?

nomikai

「普段は全然関節が痛くなることはないけど、お酒を飲んだ後に関節が痛くなる」

あなたはこんな症状に悩んでいませんか?毎回のようにお酒を飲むとひじやひざなどの関節が痛くなると、なかなかお酒を楽しむことができないですよね…。

ここではお酒を飲むと関節が痛くなるときの原因と対処法をお伝えします。お酒を飲むと関節が痛くなるという方は、ぜひ何かのヒントをつかんでくださいね。

スポンサーリンク

なぜお酒を飲むと関節が痛くなるのか?

mushimegane

そもそもなぜお酒を飲むと関節が痛くなるのか?まずはお酒を飲むと関節が痛くなる原因をしっかりと理解しておきましょう。

お酒を飲むと関節が痛くなるときの最大の原因は、アルコールの分解過程で発生する「アセトアルデヒド」という猛毒物質です。

完全に肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒドは、血液に溶け込むことで全身を巡ります。そして、そのアセトアルデヒドが全身の神経を刺激するため、お酒を飲んだ後に関節が痛くなることがあるのです。

特に日本人の約半分以上は体質的にアセトアルデヒドを分解するのが苦手です。そのため、お酒を飲みすぎると関節が痛くなるなどの不快な症状を引き起こしやすいんだとか…。

お酒を飲むと関節が痛くなるときの5つの対処法とは?

お酒を飲んだ後の関節痛を引き起こしている犯人は、アルコールの分解過程で発生する「アセトアルデヒド」という猛毒物質でしたね。したがって、アルコールを肝臓でしっかりと分解できれば、お酒を飲んでも関節は痛くならないということです!そのことを踏まえて、お酒を飲むと関節が痛くなるときの対処法を考えていきましょう。

対処法1.適度な飲酒を心がける

beer

たくさんのお酒を飲むとアルコールを肝臓で完全に分解できなくなる可能性が高くなりますから、まずはそもそもお酒を飲みすぎないようにすることが大切です。

アルコールを肝臓で分解する能力は個人差があります。どのくらいまで自分がお酒を飲めるのかをしっかり把握しておきましょう。

対処法2.お酒と一緒に何かおつまみを食べる

karaage

空腹状態のままでお酒を飲んではいけないとよく言われますよね。空腹状態のままでお酒を飲むと、一気にアルコールを胃腸が吸収してしまいます。しかし、わたしたちの肝臓はたくさんのアルコールをいっぺんに分解しきることができません。結果的にお酒を飲んだ後に関節が痛くなるなどの症状が出やすくなってしまいます。

スポンサーリンク

お酒を飲むときには必ず一緒に何かおつまみを食べるようにしましょう。特にからあげやフライドポテトなどの油分の多い食べものはしばらく胃腸に残るため、お酒を飲んだ後の関節痛が起きづらくなるでしょう。ただどうしてもカロリーは高いですから、ダイエットをしている方はご注意くださいね。

対処法3.たっぷりと水分を摂取する

water

アルコールには利尿作用があるため、お酒だけを飲んでいると、体内の水分はどんどん奪われてしまいます。わたしたちの身体は水分が不足すると、なかなかアルコールを分解できなくなります。つまり、お酒を飲んだ後の関節痛が起きやすくなってしまうのです。

お酒を飲んだ後は意識的にたくさんの水分を摂取するようにしましょう。できればお酒を飲んでいるときから、チェイサーとしてミネラルウォーターやウーロン茶などを飲むとよいです。

対処法4.グレープフルーツジュースを飲む

grapefruit

グレープフルーツの主成分であるフルクトース(果糖)は、アルコールの分解を助ける作用を持っています。また、同じくアルコールの分解をサポートするクエン酸やビタミンCなども豊富です。ただわざわざグレープフルーツを食べるのは大変ですから、お酒を飲んだ後に100%グレープフルーツジュースを飲むのがおすすめです。

さらに、お酒を飲むと不足しやすい栄養素であるカルシウム、カリウム、ビタミンB1、ビタミンB2なども補給できるため、単純に二日酔い対策としても効果的があります。

対処法5.ヘパリーゼなどを飲む

お酒の飲んだ後に関節が痛くならないようにするには、市販のアルコール分解促進ドリンクを飲むのもよい方法です。あらかじめ飲んでおくのでもよいですし、飲み会後に飲んでもよいでしょう。アルコールの分解がスムーズに進めば、当然お酒を飲んだ後の関節痛も起きなくなります。

市販のアルコール分解促進ドリンクはいくつか種類がありますが、ゼリア新薬の「ヘパリーゼ」がおすすめです。第三種医薬品に指定されているため、ドラッグストアなどの薬局でしか購入できませんが、その分だけ効果も期待できるでしょう。

最後に

いかがでしたか?お酒を飲むと関節が痛くなるときの原因と対処法をお伝えしてきました。結局のところ、お酒を飲むとと関節が痛くなるのは、自分のアルコールの処理能力を超えてしまっていることです。自分の体質などをしっかり理解した上で、上手にお酒と付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です