バファリンとアルコールの飲み合わせは危険!どのくらい時間を空ければいいの?

仕事上の大切な飲み会と頭痛・生理痛・発熱などが重なってしまうこともありますよね。ついついお酒を飲む前にバファリンを飲んでおこうなんて考えてしまうかもしれません。

しかし、バファリンとアルコールを時間を空けずに摂るのよくありません。ここではバファリンとアルコールを飲み合わせる危険性について解説します。また、バファリンとアルコールはどのくらい時間を空ければよいのかもお伝えします。

スポンサーリンク

そもそもバファリンとは?

バファリンとアルコールを飲み合わせる危険性について解説する前に、まずはバファリンについて簡単に確認しておきましょう。

バファリンは頭痛・発熱・生理痛・肩こり痛・腰痛・筋肉痛・歯痛などを抑える鎮痛薬です。「バファリンの半分はやさしさでできています」などのTV広告を見たことのある方も、きっとたくさんいらっしゃるでしょう。現在はこのキャッチフレーズは薬事法で禁止されていますが、バファリンはおそらく日本で最も有名な鎮痛剤だと思います。

バファリンを販売しているのはライオン株式会社またはエーザイ株式会社です。一般用医薬品(市販薬)のバファリンはライオン株式会社が販売しています。一方、医療用医薬品(処方薬)のバファリンはエーザイ株式会社が販売しています。

ただ単にバファリンと呼ばれることがほとんどですが、実はバファリンには現在だと下記のような商品ラインナップがあります(この他に風邪薬のラインナップもあります)。昔からある最もスタンダードなものは「バファリンA」ですね。

なお、「バファリンA」の主成分となっているアセチルサリチル酸(アスピリン)は、何と古代ギリシャのころから鎮痛薬として利用されてきたそうです。その当時にはアセチルサリチル酸(アスピリン)を含む柳の樹皮や葉を鎮痛薬として使っていたという記録が残っています。

  • 「バファリンA」(市販薬)
  • 「バファリンプレミアム」(市販薬)
  • 「バファリン ルナi」(市販薬)
  • 「バファリン ルナj」(市販薬)
  • 「小児用バファリンCII」(市販薬)
  • 「小児用バファリンチュアブル」(市販薬)
  • 「バファリンEX」(市販薬)
  • 「バファリン配合錠A330」(処方薬)
  • 「バファリン配合錠A81」(処方薬)

バファリンとアルコールは飲み合わせるのは危険?

バファリンとアルコールを飲み合わせるのは非常に危険です。もちろん、何も起きないこともありますが、バファリンとアルコールをあまり時間を空けずに摂るのは避けたほうがよいでしょう。

「バファリンA」などの市販薬の添付文書には、「服用前後に飲酒しないでください」と使用上の注意が書かれています。バファリンの使用上の注意に素直に従うのがよいです。また、「バファリン配合錠A330」などの処方薬も「バファリンA」と基本の成分は一緒ですから、同様に考えてもよいでしょう。

バファリンは肝臓で分解されます(薬は基本的に肝臓で分解されます)。そして、お酒の主成分であるアルコールも肝臓で分解されます。そのため、バファリンとアルコールを同時に摂取すると、結果的に肝機能障害を起こしてしまう可能性があります…。つまり、肝臓に負担がかかりすぎてしまうのです。

バファリンは普通に服用する分には副作用があまり出ません。バファリンの副作用が発生する確率は1%未満です。「100回に1回は副作用が出るの?」と思ってしまいますが、実際にはバファリンの副作用が発生する確率はもっと低いでしょう。

しかし、バファリンとアルコールを一緒に摂ると副作用も出やすくなります。というのも、アルコールが肝臓の代謝酵素を奪ってしまうため、バファリンの成分が通常よりもたくさん血液に入ってしまうからです。

バファリンの代表的な副作用には、腹痛腹部不快感食欲不振嘔吐下痢などの胃腸症状があります。また、発疹蕁麻疹が出たり、貧血めまいなどを引き起こすこともあります。

また、バファリンで命に影響を与えるような副作用が出るのは非常に稀ですが、アルコールと同時に摂取してしまった場合は別問題です。ショック症状で失神したり、呼吸困難に陥ったりするなどの重篤な症状が出る危険性がグッと上がります。

スポンサーリンク

「バファリン×アルコール」の危険な経験談とは?

職場の飲み会の後に頭が痛くなったので、いつも持ち歩いているバファリンを飲みました。
結果的に普通に立っていられないくらいの胃痛に襲われました。
個人差はあると思いますが、私はやらないほうがいいと思います。

友達がお酒飲んでいるときにバファリンを飲んで急にぶっ倒れました。顔が異常に白くなってたのだけ覚えています。車で病院に連れていったら大丈夫でしたけど、たぶんバファリンとお酒の飲み合わせが悪かったんだと思います。

バファリン+アルコールは絶対にダメ!以前バファリンプレミアムを飲んだ後にお酒を飲みました。ビール3杯くらいだったと思いますが、そのあと目の前が真っ白になって、呼吸も苦しくなって、救急車で運ばれました。一晩だけ入院するだけで済んだのですが、正直もう死ぬのかもって思いました。

インターネット上の掲示板やSNSで口コミを探したところ、上記のような経験談をいくつか見つけました。もちろん、バファリンとアルコールを同時に摂取しても、特に何も起きないこともあるでしょう。しかし、これらの口コミを読むかぎり、バファリンの服用前後にお酒を飲むのは控えるのが賢明です。

バファリンとアルコールを摂るときはどのくらい時間を空けるとよいのか?

バファリンとアルコールを飲み合わせるのはよくありませんでした。ではバファリンとアルコールはどのくらい時間を空ければよいのでしょうか?

「バファリン→アルコール」の順番で飲む場合

医療機関の臨床研究によると、いずれのバファリンも服用した後に身体から完全に消えるまでにはおおよそ6~8時間かかります。したがって、バファリンを服用した後にお酒を飲みたい場合には、おおよそ6~8時間空ければよいでしょう。

ただし必ず個人差はあります。たとえば、高齢者は生理機能が下がっていますので、もうちょっと時間を空けたほうがよいかもしれません。

「アルコール→バファリン」の順番で飲む場合

お酒を飲んだ後にバファリンを服用したい場合には、完全にアルコールが分解されるまで待つのが賢明です。ただアルコールの分解速度は個人差が非常に大きいです。そのため、具体的に答えるのは難しいのですが、次の例を参考にしてみてください。

たとえば、日本人男性がビール500mlを分解するにはおおよそ3時間かかります。したがって、日本人男性がビール500mlを飲んだ後にバファリンを服用したい場合には、おおよそ3時間空ければよいことになります。

また、日本人女性がビール500mlを分解にはおおよそ4時間かかります。したがって、日本人女性がビール500mlを飲んだ後にバファリンを服用したい場合には、おおよそ4時間空ければよいことになります。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?バファリンとアルコールを飲み合わせるのは非常に危険です。バファリンとアルコールを摂るときにはしっかりと時間を空けるようにしましょう。

※この記事の投稿以降に商品内容が変更される可能性もあります。商品の成分・用法上の注意などは必ずご自身でご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加