熊谷花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ

kumagaya-hanabi

今年も真夏の夜空を彩る熊谷花火大会が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは熊谷花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台・露店などの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

熊谷花火大会とは?

埼玉県熊谷市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年40万人を超える観客でにぎわう熊谷の夏の風物詩イベントです。熊谷花火大会の最大の見どころは、花火業者7社によるスターマインコンクールで、花火師たちがプライドをかけて文字通り火花を散らします。

熊谷花火大会2017の基本情報

イベント名 第68回熊谷花火大会
打上玉数 約10,000発(予定)
開催場所 埼玉県熊谷市河原町 荒川河畔(荒川大橋下流)
開催日時 8月12日(土)19:00~21:00
※荒天の場合は8月13日(日)・8月19日(土)・8月20日(日)の順番に延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
※詳細は下記をご確認ください。
アクセス方法 ■公共交通機関
JR・秩父鉄道「熊谷駅」より徒歩5分
JR・秩父鉄道「上熊谷駅」より徒歩10分
■自家用車
関越自動車道東松山ICから国道407号経由で15km(通常時30分)
交通規制 あり(おおよそ17:00~21:30ごろ)
駐車場 臨時駐車場あり
(無料・有料の両方あり/約5,500台)
トイレ 公衆トイレあり
問い合わせ先 TEL:048-524-1111
(熊谷市観光協会)

熊谷花火大会2017の開催日程・時間は?

熊谷花火大会2017は8月12日(土)19:00~21:00に開催が予定されています。

花火打上は少雨の場合には決行されますが、荒天の場合は8月13日(日)・8月19日(土)・8月20日(日)の順番に延期されるということです。

花火大会当日の天候が悪い場合には、専用の自動音声案内(TEL:0180-99-3510)を確認してみるとよいでしょう。また、花火大会実施の可否は【熊谷市観光協会公式ホームページ】なども案内される予定です。

熊谷花火大会2017の開催場所は?

熊谷花火大会2017の開催場所は、埼玉県熊谷市河原町の荒川河畔(荒川大橋下流)です。あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

スポンサーリンク

熊谷花火大会2017の有料席チケット情報

熊谷花火大会2017では有料席チケットが販売されます。熊谷花火大会2017を大迫力で楽しみたい方は、有料席チケットの購入を検討してみてもよいかもしれません。

有料席チケットの内容

マス席 定員4名 22,000円
テーブル席 定員4名 16,000円
イス席 定員1名 3,000円
ブルーシート席 定員4名 6,000円

有料席チケットの購入方法

熊谷花火大会2017では有料席チケットは、6月16日(金)より「ローソンチケット」「セブンチケット」「チケットぴあ」などで販売が開始されます(売切れ次第終了)。インターネット・電話・店頭で購入することができます。花火大会の有料席チケットの詳細は以下をご確認ください。

●熊谷花火大会2017の有料席チケットについて
http://www.oideyo-kumagaya.com/cate-info/6518/

熊谷花火大会2017では屋台・露店は出るの?

お祭り気分で屋台・露店を眺めるのも花火大会の醍醐味のひとつですよね。熊谷花火大会2017では屋台・露店は出ているのでしょうか?

熊谷花火大会では例年たくさんの屋台・露店でにぎわっています。もちろん、今年の花火大会でもたくさんの屋台・露店が並ぶでしょう。主に花火大会の観賞エリアとなる荒川河川敷に屋台・露店がずらりと並びます。

やきそば・たこ焼き・お好み焼き・フランクフルト・焼き鳥・かき氷・クレープ・チョコバナナ・わたあめ・トロピカルジュース・ラムネ・ビールなどなど…。お祭りの屋台・露店でイメージする食べもの・飲みものはほとんど揃っています。ぜひ花火と一緒に屋台・露店なども楽しんでくださいね。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?熊谷花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台・露店などの情報をお伝えしてきました。今年も大混雑が予想されますが、ぜひ熊谷花火大会2017に足を運んでみてくださいね。

関連記事 熊谷花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ
関連記事 【徹底攻略】熊谷花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット8選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加