【徹底攻略】ふじさわ江の島花火大会2017のおすすめ&穴場スポット11選

今年も秋の夜空を彩るふじさわ江の島花火大会が開催されます。湘南の秋の風物詩イベントですから、きっとたくさんの方が楽しみにしていることでしょう。

ここではふじさわ江の島花火大会2017のおすすめ&穴場スポット11選をお伝えします。ぜひふじさわ江の島花火大会2017を最高の場所で楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

ふじさわ江の島花火大会とは?

神奈川県藤沢市の湘南海岸で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約5万人以上の観客でにぎわう湘南の秋の風物詩イベントです。湘南のシンボルである江の島を背景にスターマインや芸術玉が次々と打ち上がります。特に正2尺玉(開花直径約480m)では頭上へ火花が舞い降りるような大迫力を体感できるでしょう。

ふじさわ江の島花火大会2017の基本情報

イベント名 ふじさわ江の島花火大会
打上玉数 約3,000発(予定)
開催場所 神奈川県藤沢市 片瀬海岸西浜
開催日時 10月21日(土)18:00~18:45
※荒天の場合は翌日10月22日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ■公共交通機関
小田急「片瀬江ノ島駅」より徒歩すぐ
江ノ島電鉄「江ノ島駅」より徒歩5分
湘南モノレール「湘南江の島駅」より徒歩5分
■自家用車
東名高速道路「厚木IC」より国道134号経由で約25km(通常時50分)
交通規制 あり(おおよそ17:00~21:00ごろ)
駐車場 あり(一般有料駐車場)
トイレ 公衆トイレあり
問い合わせ先 TEL:0466-22-4141(公益社団法人藤沢市観光協会)

ふじさわ江の島花火大会2017の開催場所は?

ふじさわ江の島花火大会2017の開催場所は、片瀬海岸西浜です。花火大会をベストポジションで楽しむために、あらかじめ花火の打上場所も地図で確認しておきましょう。

ふじさわ江の島花火大会2017を観賞するためのおすすめ&穴場スポット11選

1.片瀬漁港周辺

片瀬漁港周辺にいくつかある芝生スペースが超おすすめスポットです。いずれもレジャーシートを敷く場所を確保するには最低でも午前のうちに到着する必要がありますが、花火の臨場感を有料観賞席と同等以上に楽しめます。

2.新江ノ島水族館周辺

新江ノ島水族館周辺も大迫力で花火を楽しめるおすすめスポットのひとつです。ただレジャーシートを敷く場所を確保するには、それなりに早く到着する必要があるでしょう。夕方に到着するなら、立ち見を覚悟したほうがよいかもしれません。

3.片瀬海岸西浜

片瀬海岸西浜も花火の迫力を十分に楽しめる定番スポットです。レジャーシートを砂浜に敷いてしまってもよいですし、石段に腰掛けることもできます。花火の打上地点から離れるように歩いていけば、花火大会開始後でも普通に座る場所を確保できるでしょう。

4.湘南海岸公園

湘南海岸公園も花火の迫力を十分に楽しめる定番スポットのひとつです。湘南海岸公園には広大な芝生スペースがありますから、ゆったりと花火を楽しめます。

5.片瀬海岸東浜

ふじさわ江の島花火大会ではやはり片瀬海岸西浜のほうに観客が集中します。そのため、例年片瀬海岸東浜は比較的混雑がゆるやかな穴場スポットになっています。ただ花火の種類によっては江の島大橋・江の島弁天橋が邪魔になることがあります。

スポンサーリンク

6.腰越漁港周辺

花火の打上地点からはやや離れますが、腰越漁港周辺からも十分に花火の迫力は味わえます。腰越漁港の堤防にはそれなりに観客が集まりますが、大混雑というほどではありません。

7.湘南港北緑地公園(旧オリンピック記念公園)

花火大会を江の島側から楽しむ場合の定番スポットです。十分なスペースがありますから、花火大会開始直前でも意外と観賞場所を確保できたりします。

8.聖天島公園

江の島の中心あたりにある小さな公園で、花火大会当日は例年それほど観客が集まっていません。それなりにゆったりと花火を楽しめます。

9.西浦海岸(漁港)

老舗旅館「岩本楼(いわもとろう)」の前の小道を100mほど歩いていくと、知る人ぞ知るプライベートビーチに到着します。その西浦海岸は花火を大迫力で楽しめる穴場スポットで、視界を遮るものが一切ありません。花火大会当日は江の島島内や地元の方々だけが集まっていますから、こっそりと仲間に入れてもらいましょう。

10.江の島展望灯台

江の島展望灯台(シーキャンドル)から眼下に見下ろす花火は一味違います。ただ花火大会当日の江の島展望灯台は抽選制になることがあります(今年は未定です)。江の島展望灯台から花火を見てみたいという方は、ぜひ応募してみるとよいでしょう。

11.湘南モールフィル屋上駐車場

湘南モールフィルの屋上駐車場は例年花火観賞のために開放されています。あまり花火の臨場感などは楽しめないですが、ショッピングやドライブのついでにちょっと花火を見るくらいのつもりならよいでしょう。ただ今年も湘南モールフィルの屋上駐車場が開放されるかは未定ですから、事前に確認が必要です。

ふじさわ江の島花火大会2017では防寒対策をしよう!

「花火には感動したけど、ちょっと寒かった…」

ふじさわ江の島花火大会ではこんな口コミをよく見かけます。せっかくの花火もカタカタ震えながらでは楽しめませんよね。秋の夜に海風にあたりながらじっとしているわけですから、十分な防寒対策をしておきましょう。ふじさわ江の島花火大会を観に行くのなら、以下のようなものを準備しておくとよいです。

  • 上着
  • 毛布・ブランケット
  • クッション(薄手の敷物だと底冷えしやすい)
  • 水筒・タンブラーに温かい飲みもの
  • カイロ

最後に

スポンサーリンク

ふじさわ江の島花火大会2017のおすすめ&穴場スポット11選をお伝えしてきました。どこで花火を観賞するかは決まりましたか?ぜひふじさわ江の島花火大会2017を最高の場所で楽しんでくださいね。

関連記事 ふじさわ江の島花火大会2017の開催日程・時間や有料席・屋台情報まとめ
関連記事 ふじさわ江の島花火大会2017のアクセス方法・駐車場・交通規制情報まとめ
関連記事 ふじさわ江の島花火大会2017は雨天時には中止?順延・延期はあるの?