【徹底攻略】調布市花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選

tyofu_hanabi4

今年も夜空をカラフルに彩る調布市花火大会が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていることと思います。ここでは調布市花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット7選をお伝えします。ぜひ調布市花火大会2017をベストポジションで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

調布市花火大会とは?

東京都調布市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約30万人以上の観客でにぎわいます。今年に予定されている打上玉数は約8,000発です。

調布市花火大会2017の基本情報

イベント名 第35回調布市花火大会
(映画のまち調布”秋”花火2017)
打上玉数 約8,000発(予定)
開催場所 東京都調布市 多摩川河川敷(二ヶ領上河原堰中洲周辺)
開催日程・時間 10月28日(日)17:30~18:30
※荒天の場合は中止(順延・延期なし)
料金・予約など 観覧無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ■布田会場(自由席/有料席)
京王線「国領駅」より徒歩20分、または「布田駅」より徒歩20分、または「調布駅」より徒歩25分
■京王多摩川会場(自由席/有料席)
京王線「京王多摩川駅」より徒歩10分、または「調布駅」より徒歩20分
■電通大グラウンド(有料席のみ)
京王線「京王多摩川駅」より徒歩15分、または「調布駅」より徒歩20分
交通規制 あり(車両通行禁止など)
駐車場 なし
トイレ 仮設トイレ設置
お問い合わせ先 TEL:042-481-7311
(調布市花火実行委員会)

調布市花火大会2017の見どころは?

調布市花火大会2017の見どころは、何といっても音楽と花火のコラボレーションさせた「ハナビリュージョン」です。コンピュータ制御されたスターマインが音楽に合わせて次々と打ち上げられると、多摩川河川敷は迫力満点のライブステージへと変化します。

また、調布市花火大会2017では関東の花火大会ではなかなかお目にかかれない8号玉(直径約280m)も打ち上がりますので、お腹にまで響く大迫力を楽しめます。

調布市花火大会2017の開催場所は?

調布市花火大会2017の開催場所は、東京都調布市の多摩川河川敷(二ヶ領上河原堰中洲周辺)です(上記の地図は花火の打上地点を指しています)。調布市花火大会2017をベストポジションで楽しむために、ぜひ地図で位置を確認しておきましょう。

調布市花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選

布田会場・京王多摩川会場

●布田会場

●京王多摩川会場

調布市花火大会2017の公式観賞エリアとなるのが「布田会場」「京王多摩川会場」です。いずれも花火の打上地点付近の多摩川河川敷に設置されます。

「花火大会の公式観賞エリアは大混雑するでは…?」と不安に思う方もいるかもしれません。でも調布市花火大会の例年の観客数は約30万人ほどで、他の東京都内の花火大会と比較すると混雑はゆるやかです。レジャーシートを敷く場所の確保もしやすいので、調布市花火大会はシンプルに公式観賞エリアで楽しむのがおすすめです。

イトーヨーカドー国領店の屋上

イトーヨーカドー国領店の屋上は例年花火観賞のために無料開放されています。地元の方だけが集まっている穴場スポットです。ただし今年も屋上を開放するかは未定なので、事前確認は必要です。

スポンサーリンク

布田公園(上布田公園・下布田公園)

●上布田公園

●下布田公園

京王線「調布駅」から花火大会会場と逆方向に向かうと、上布田公園・下布田公園があります。花火の打上地点からはやや距離がありますが、特に視界を遮るものがないので、花火をしっかりと見ることができる穴場スポットになっています。トイレや水道設備もあります。

神奈川県川崎市側の多摩川河川敷

東京都調布市側の多摩川河川敷のベストポジションは有料指定席となっています。しかし、神奈川県川崎市側の多摩川河川敷には有料指定席などはありません。そのため、無料で大迫力の花火を楽しむことができるおすすめスポットになっています。ただそれなりに混雑はします。

神奈川県川崎市側の多摩川河川敷へのアクセス方法は、南武線「稲田堤駅」から徒歩10分、京王相模原線「京王稲田堤駅」から徒歩15分です。

稲田公園

神奈川県川崎市側の多摩川河川敷付近にある公園です。児童プールや少年野球場なども併設されている敷地面積の大きな公園なので、ゆったりと花火を楽しむことができます。トイレや水道設備があるのも安心です。

京王線の高架下(川崎市側)

神奈川県川崎市側の京王線高架下付近の河川敷は、例年それほど混雑していません。花火大会がスタートした後でもシートを敷く場所は残っています。電車の音がうるさいのは難点ですが、花火はしっかりと見える穴場スポットです。

稲城市若葉台のみはらし緑地

花火の打上地点からはだいぶ距離がありますが、稲城市若葉台にある「みはらし緑地」からは大型の花火がよく見えます。夜景もきれいなところですから、ドライブデートの最後などに向かってみるのもよいかもしれません。以下の動画も参考にしてみてください。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?調布市花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット7選をお伝えしてきました。

調布市花火大会の例年の観客数は約30万人ほどで、他の東京都内の花火大会と比較すると混雑はゆるやかです。しかも多摩川河川敷には十分な敷地面積がありますので、特別なこだわりがなければ、調布市花火大会2017はシンプルに多摩川河川敷周辺で観賞するのがよいと思います。ぜひ調布市花火大会2017を楽しんでくださいね。

関連記事 調布市花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 調布市花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ
関連記事 調布市花火大会2017は雨天時には中止?順延・延期はあるの?

<画像出典>
●映画のまち調布“秋”花火2017公式サイト
http://hanabi.csa.gr.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加