枕の向きで運勢が変わる!風水的に東西南北のどの方角がよいのか?

shinshitsu

寝室は風水的に重要視されている場所で、特に枕の向きで運勢が変わります!というのも、「人間は眠っているときに運気を補う」と風水では考えられているからなんですね。

では風水的にはどの方角に枕を向けるのがよいのでしょうか?ここでは北・北東・東・南東・南・南西・西・北西の八方位それぞれの枕の向きの意味をお伝えします。

スポンサーリンク

それぞれの方角に枕を向ける風水的な意味とは?

kazamidori出典:kawareru.me/

北枕

実は北枕には健康運や仕事運がアップする効果があります。風水では気は北から南に流れると考えます。そのため、北枕は寝ているときに自然に気を体内に引き込むことができるのです。

日本では死者を北枕で寝かせるので、生者が北枕で寝るのは縁起が悪いと言われます。ただもともと死者を北枕で寝かせるのは、埋葬の前に復活してほしいという願いが込められていました。決してもとの北枕の意味は悪くないんですね。縁起が悪いどころか、風水的に北枕は最高によいとされています。

北東枕

北東枕は変化を起こします。また、蓄財の運気も向上する方角です。「毎日が平凡でつまらない…」なんて感じている方によいかもしれません。転職・転居などの成功にもよいでしょう。

東枕

太陽が昇っていくる方角に頭を向けて寝ることによって、風水的には向上・発展・成長などの運気が上昇します。東枕で寝るとやる気が向上するため、何か物事に意欲的に取り組みたいという方におすすめです。

東枕はエネルギーがあふれるので、若さを保つのにもよいとされています。また、東枕は早寝早起きを習慣にするのにもよいです。

スポンサーリンク

南東枕

風水的には南東枕は人間関係の運気がアップします。「人間関係でトラブルを抱えている…」「素敵な恋人がほしい!」「取引先との交渉を成功させたい!」などと思っている方は、南東枕で寝るのがよいです。ただし全体運はそれほどよくありません。

南枕

風水的にもっとも避けなければならないのが南枕です。北と真逆の方角なので、南枕は健康運や金運がガクッと下がります。

ただ南枕は直観力やインスピレーションを高めます。そのため、仕事などでクリエイティブなアイデアを求められいる場合などには、あえて南枕にするという選択もあるでしょう。脳が冴えわたる分、一般的には寝つきも悪くなると言われます。

南西枕

風水的に努力・勤勉・忍耐などに好影響を与える南西枕は、安定的な生活を送りたいという方によいかもしれません。また、子宝にも恵まれやすいと考えられることがあります。ただ南に近い分、全体運はそれほどよくありません。

西枕

金運・健康運・恋愛運などを全体的に安定させてくれるのが西枕です。ただ東枕と逆なので、やる気が下がってしまうこともあります…。

太陽が沈む方角に頭を向けて寝ることで、風水的には安定を得ることができます。ただ落ち着いた生活を送ることで、老化もしやすいと言われます。女性にはあまりよくない枕の向きかもしれませんね。

北西枕

北西枕は勝負運や出世運が向上します。仕事などで重要な判断をしなければならないときなどには、北西枕が効果を発揮します。社会的地位がほしいという方にもよいでしょう。

結局どの枕の向きがよいのか?

sleepwoman

結局のところ、どの枕の向きがよいのでしょうか?どの方角にもよいところがありますから、これはなかなか難しい問題です。あなたが健康を重視するのなら北枕かもしれませんし、あなたが安定を重視するのなら西枕かもしれません。

また、本当は家全体の気の流れなども考えたほうがよいですし、寝室のドアや窓の位置によっても、どの枕の向きがよいかは変化します。

最終的にはご自分でさまざまな枕の向きを試してみたうえで、自分がもっとも寝やすい位置にするのがよいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加