結婚式なのに新札がない!土日に新札を入手する5つの方法&裏技

pinsatsu

「明日結婚式なのに、ご祝儀の新札を用意しておくのを忘れてしまった…」なんて経験をしたことはありませんか?土日に結婚式が行われる場合、銀行などの窓口もお休みなので困ってしまいますよね…。

でも安心してください。土日でも新札を入手することは不可能ではありません!ここでは土日に新札を入手する5つの方法&裏技をお伝えします。

スポンサーリンク

方法1.結婚式場・ホテルのフロントで両替をお願いする

結婚式がある日には新札の需要が高くなるので、結婚式場やホテル(結婚式が行われるようなホテル)のフロントでは、しばしば一定数の新札を用意してくれています。

ただ新札を用意していない結婚式場やホテルももちろんありますので、念のために電話で確認をしておきましょう。新札があることが確認できれば、あらかじめご祝儀袋に名前などは書いて持参しましょう。結婚式場やホテルでは両替してもらった新札を入れるだけの状態にしておくのがよいですね。

方法2.デパート・百貨店で両替をお願いする

大手デパート・百貨店では、ご祝儀袋を購入した方に対して新札両替のサービスを行っていることがあります。結婚式の会場に向かう途中に大手デパート・百貨店があるのであれば、電話で新札両替サービスがあるかどうかを確認してみるとよいでしょう。

また、大手デパート・百貨店の高級ブランドを扱っている各売り場でも、新札に両替してくれることがあります。断られる可能性もありますが、切羽詰まった状態であれば、ダメでもともとでお願いしてみるのもよいかもしれません。

方法3.コンビニATMで頑張ってみる

決して確実に新札が入手できるわけではありませんが、「コンビニATMで預金を限度額まで引き出す」という方法もあります。

コンビニに設置されているATMは、他のATMよりもコンパクトに設計されています。そのため、できるだけたくさんのお札を格納できるように、しわの少ない新札を使っているそうです。預入れする人もいることを考えると、絶対に新札が入手できるとは限りません。ただ他のATMよりも新札が入手できる可能性は高いのです。

わたしも1度試してみたことがあるのですが、そのときは20万円引き出したうち、11万円がほぼ新札でした。どうしても土日に新札を入手しないといけないというときには、試してみる価値のある方法だと思います。ATMの手数料には注意してくださいね。

スポンサーリンク

方法4.土日営業している郵便局の窓口を利用する

以前はできなかったのですが、最近は郵便局でも新札に両替してもらえるようになりました。郵政民営化による変化なのかもしれませんね。郵便窓口で「新札に両替してもらえますか?」とたずねれば、普通に両替してくれます。

「郵便局は土日に営業していないじゃないか!」と思う方もいるかもしれません。でも各都道府県の中央郵便局や各市・区にある大規模な郵便局には、土曜日・日曜日・祝日に営業しているところもあります。たとえば、東京都の場合、土曜日・日曜日・休日も営業している年中無休の郵便局は、約30局ほどあります。

あなたのお住まいの地域で「郵便窓口」が土日に営業している郵便局を探しましょう。「ゆうゆう窓口」ではそもそも両替を受け付けていないのでご注意ください。また、郵便局は必ずしも新札を用意しているわけではないので、あらかじめ電話で確認しておいたほうがよいです。

方法5.スーパーなどのお店で両替してもらう

ピンチのときにはスーパーなどのお店で新札の両替をお願いしてみるのも方法の1つです。レジが何台もあるようなスーパーなどであれば、そのなかに新札がある可能性も…。

ただ両替NGのお店などもありますし、あまり期待しすぎないようにしましょう。また、両替は本来のサービスではないわけですから、丁寧にお願いをします。新札に両替してもらえた場合、できれば数百円程度でも何かを購入するという配慮もしたいところですね。

裏技.旧札をアイロンで伸ばす

どうしても新札を入手できなかった場合の裏技ですが、手持ちの旧札をアイロンで伸ばすと、それなりに新札のように見えるようになります。

できるだけしわの少ないキレイなお札を用意しましょう。濡らしたタオルや霧吹きなどで軽くお札を湿らせます。あとはさらしやハンカチなど薄い布をあてて、低温でアイロンをかけていくだけです。しわ伸ばしスプレーやアイロンスプレーを使うと、さらに効果がアップします。

お祝いごとで折り目のない新札を包むのには、「あなたのために事前に準備をしておきました」という心遣いを相手に伝える意味があります。どうしても新札を準備できないときにだけ、この裏技を使ってみてくださいね。

最後に

いかがでしたか?土日に新札を入手する方法・裏技をご紹介してきました。結婚式などのご祝儀のために新札を用意するには、事前に銀行で両替しておくのがベストな方法です。ただうっかり忘れてしまったというときには、ここで紹介した方法をせひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加