兄弟・姉妹への就職祝いの金額相場は?おすすめプレゼントもご紹介!

自分の兄弟・姉妹が就職するとなると、しっかりお祝いをしてあげたいと思うものですよね。ただ「兄弟・姉妹への就職祝いの金額はいくらくらいがよいのだろうか?」と疑問に思うこともあるでしょう。

ここでは兄弟・姉妹への就職祝いの金額相場についてお伝えします。また、兄弟・姉妹への就職祝いでおすすめのプレゼントもご紹介します!

スポンサーリンク

兄弟・姉妹への就職祝いの金額相場はどのくらいなのか?

兄弟・姉妹への就職祝いの金額相場はいくらくらいなのでしょうか?実際に冠婚葬祭の書籍やインターネットなどで調べてみると、兄弟・姉妹への就職祝いの金額相場はおおよそ10,000~30,000円のようです。

ただ世間一般の就職祝いの金額相場を参考にしつつも、あなたが置かれている状況ごとに臨機応変に対応すること大切です。

たとえば、あなた自身はまだ学生でアルバイトくらいしかしていないというのであれば、兄弟・姉妹への就職祝いの金額は5,000~10,000円くらいでもよいかと思います。きっとあなたのお財布の状況はご兄弟・姉妹も理解してくれているでしょう。

逆にあなたのほうが先に就職をしているというのであれば、きっとお財布の状況にも余裕があるでしょう。特に普段から仲よくしているのなら、ご兄弟・姉妹への就職祝いは20,000~30,000円くらいかけてもよいかもしれません。

スポンサーリンク

兄弟・姉妹への就職祝いにおすすめのプレゼントは?

兄弟・姉妹への就職祝いを贈るのであれば、現金やギフトカードを包むよりも、何かプレゼントをしてあげるほうが喜ばれるでしょう。ここでは兄弟・姉妹への就職祝いにおすすめのプレゼントをいくつかご紹介します。

  • ネクタイ【男性】
  • アクセサリー【女性】
  • 腕時計
  • 財布
  • 名刺入れ
  • 定期入れ
  • キーケース・キーホルダー
  • 高級ボールペン・万年筆
  • ハンカチ・ハンドタオル
  • タンブラー・ランチボックス
  • デジタルオーディオプレイヤー(iPodなど)
  • 電動シェーバー【男性】
  • 美容家電(加湿器・美顔器・ドライヤーなど)【女性】

兄弟・姉妹への就職祝いのプレゼントには、これからの社会人生活で役立つ実用的なものを贈るのがよいでしょう。

また、男性への就職祝いのプレゼントとしてネクタイは定番ですが、仕事で制服や作業着が用意されている場合にはあまり喜ばれないでしょう。そのため、あなたのご兄弟・姉妹の就職先や仕事内容などを把握しておくことも大切です。

さらにどんなプレゼントを選ぶとしても、黒・灰・白・紺などベーシックカラーのシンプルなデザインのものがおすすめです。仕事では個性的で派手なものは使いづらいからです。

ぜひあなたのご兄弟・姉妹にぴったりなプレゼントを見つけてくださいね。

就職祝いのその他マナー

兄弟・姉妹に就職祝いを贈る場合にはそれほど気にする必要はないかもしれませんが、一応就職祝いに関するマナーも確認しておきましょう。

必ず「新札」を包む

一般的に就職などのご祝儀で現金を包む場合には、「新札」で用意するのがマナーです。就職などのご祝儀にまだ一切使用されていない新札を包むのには、「あなたのために事前に用意しておきました」という心遣いが込められてます。

参考記事 意外と知らない新札(ピン札)を入手する7つの方法

「4」「9」のつく金額は避ける

「4」「9」は「死」「苦」を連想させる数字で、縁起がよくありません。就職祝いなどのご祝儀で現金・商品券などを包む場合は「4」「9」のつく金額を絶対に避けるようにしましょう。

熨斗(のし)には紅白の水引で蝶結びのものを選ぶ

就職祝いで現金・商品券などを包むとき、熨斗(のし)には紅白の水引で蝶結びのものを使います。この熨斗はお祝いごと全般で利用されるものです。

熨斗の表書きには「就職御祝」などを使う

熨斗の表書きには「就職御祝」「祝御就職」「御就職御祝」などが使われます。また、あなたの名前は表書きの下部に書きましょう。

ご祝儀袋にお札は表向きで入れる

「ご祝儀は表向き」「不祝儀は裏向き」でお札を入れるが一般的です。これは「死の世界はこの世とは逆さになっている」と仏教で考えることに由来しています。ご祝儀袋の内袋の表の上側に偉人の肖像がくるようにお札を包みましょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?一般的な兄弟・姉妹への就職祝いの金額相場はおおよそ10,000~30,000円でしたが、やはりあなたが置かれている状況ごとに臨機応変に対応することが大切です。ぜひあなたのご兄弟・姉妹に心からの就職祝いを贈ってあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加