スマートフォンでも花火を綺麗に撮影するための10つのコツ

hanabitaikai

これからいよいよ花火大会のシーズンがやってきます!夜空を彩る花火の写真を友達と共有したいものですが、スマートフォンで花火を綺麗に撮影するのは難しかったりしますよね…。

ここではiPhoneやAndroidなどのスマートフォンで花火を綺麗に撮影するための10つのコツをご紹介します。友達に自慢できるような花火写真を簡単に撮影できるようになりますよ。

スポンサーリンク

1.まずはいい場所を確保する

花火大会は混雑しているものなので、必ずしも好きな場所が確保できるとは限りません。それでも花火大会がスタートする前にできるだけいい場所を確保しておきたいところです。

スマートフォンのカメラは画面に映る範囲が固定されています。花火が画面に収まる場所を選ぶようにしましょう。また、できれば風上で場所を確保すると、花火の煙を避けることができます。

2.シャッターを押す前に写真の構図を定める

どこで花火を撮影するのかが決まったら、あらかじめ写真の構図を定めておくことも大切です。どんな写真を撮りたいのかというイメージを持っておくだけでも全然違います。

どのあたりに花火が打ち上がるのかを確認した上で、花火が上がる前にカメラを構えておきましょう。そうすれば打ち上がった後に花火を追いかける必要がなくなります。

3.ピントを固定する

暗闇で動く花火にピントを合わせるのは難しいものです。オートフォーカス機能がONのままだと、ピントを調節している間にシャッターチャンスを逃してしまったり、花火以外のものにピントが合ってしまうことがあります。

そこで花火大会を撮影するときには、オートフォーカス機能を解除しましょう。そして、ピント固定で撮影するのがおすすめです。たいていのスマートフォンカメラでは、スクリーンをタップすることでフォーカスを調節できます。花火大会の序盤でピントを調節&固定しておけば、その後は綺麗な花火写真を撮影しやすくなります。

4.ISO感度を設定する

あなたのスマートフォンカメラにもきっと「ISO感度」という設定項目があるでしょう。ISO感度のしくみなどを理解する必要はないので、スマートフォンカメラで花火を撮影するときには、ISO感度を「100」もしくは「200」くらいの数値に設定しましょう。

花火は発光の強い被写体なので、ISO感度が低くても十分に写ります。逆に周囲が暗いからといってISO感度の高感度に設定すると、ノイズが大きくなってしまいがちです。

5.ホワイトバランスを設定する

「ホワイトバランス」とは、撮影環境での光の色の影響を補正することで、被写体本来の色を映し出すための機能のことです。白の被写体をどう写すかを基準にするため、ホワイトバランスと呼ばれるんですね。

スポンサーリンク

難しい説明は覚えなくてもOK!スマートフォンカメラのホワイトバランスを「自動」から「太陽光」に切り替えましょう。肉眼により近い色で花火を撮影することができますよ。

6.夜景モード/花火モードにする

最近のスマートフォンのカメラには、撮影モードを選択できるものがあります。もしあなたのスマートフォンカメラも撮影モードが選択できるのなら、「夜景モード」「花火モード」を使いましょう。自動でシャッタースピードや色味などを調節してくれます。

ただ撮影モードによっては、予想以上にシャッタースピードが遅くなることもあります。事前に試しておくと、花火大会本番で慌てることがなくなりますよ。

7.フラッシュ・HDRモードはOFFにする

花火まで届かないので、フラッシュはOFFにしましょう。ただ単にバッテリーを消耗するだけになってしまいます。

また、HDRモードもあらかじめOFFにしておきます。HDRモードは写真を綺麗に撮影する機能の1つです。最近のiPhoneやAndroid機にはデフォルトで搭載されていますが、花火の撮影には向いていません。

8.ズーム機能は使わない

ズーム機能も使わないようにしましょう。というのも、スマートフォンに搭載されているカメラのズームは、単なるデジタルズームでしかないからです。デジタルカメラの光学ズームとは異なるので、画質が一気に劣化してしまいます。

花火のアップ写真がほしいのなら、撮影後にトリミングをしましょう。

9.カメラを固定する

暗闇での写真撮影はどうしてもシャッタースピードが遅くなるため、ちょっと動いただけでもすぐにブレてしまいがちです…。そのため、花火を綺麗に撮影するには、カメラ自体を固定することが大切です。

三脚などがあるのがベストですが、なかなか用意できないですよね。自分の身体をしっかり固定するように工夫しましょう。スマートフォンは脇をしめて両手で持つのが基本です。また、iPhoneなどのサイドボタンでシャッターを切れるスマートフォンなら、画面のボタンを押すより衝撃が小さくなります。

10.とにかくたくさん撮影する

スマートフォンで花火を綺麗に撮影するコツをたくさん覚えても、ベストショットを撮るのは簡単なことではありません。

プロのカメラマンもたくさん撮影した写真の中からベストショットを選んでいるわけですから、わたしたちもとにかくたくさんの写真を撮影していきましょう!「下手な鉄砲も数撃てば当たる」の心構えが大切です。スマートフォンの連写機能を活用するのもよいかもしれません。

最後に

いかがでしたか?iPhoneやAndroidなどのスマートフォンで花火を綺麗に撮影するための10つのコツをご紹介してきました。

スマートフォンのカメラ機能はどんどん高性能になっています。上手に活用することができれば、プロ顔負けの花火写真を撮影できるかもしれません。ぜひ最高の夏の思い出を残してくださいね。

スポンサーリンク