仙台七夕花火祭2017のアクセス方法・交通規制・駐車場や穴場スポットまとめ

senndaitanabata_hanabi

今年も真夏の夜空を彩る仙台七夕花火祭が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは仙台七夕花火祭2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店などの情報をお伝えします。また、仙台七夕花火祭2017を観賞するおすすめ&穴場スポット7選もご紹介します。

スポンサーリンク

仙台七夕花火祭とは?

宮城県仙台市青葉区で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約50万人の観客でにぎわいます。「仙台七夕まつり」の前夜祭となる仙台の夏の風物詩イベントです。スターマインをはじめとする多種多様な花火が真夏の夜空を彩ります。

仙台七夕花火祭2017の基本情報

イベント名 第48回仙台七夕花火祭
打上玉数 約16,000発(予定)
開催場所 宮城県仙台市青葉区 仙台西公園周辺一帯
開催日程・時間 8月5日(土)19:00~20:30
※荒天の場合は8月9日(水)に順延・延期
料金・予約など 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ■公共交通機関
仙台市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩すぐ
仙台市営地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩10分
JR「仙台駅」より徒歩20分
■自家用車
東北自動車道「仙台宮城IC」から仙台西道路(国道48号線愛子バイパス)経由で約5km(通常時約10分)
交通規制 あり(おおよそ17:00~21:30ごろ)
※詳細は下記をご確認ください。
駐車場 なし
トイレ あり(公衆トイレ/仮設トイレ)
お問い合わせ先 TEL:022-222-9788
(仙台七夕花火祭特別委員会<仙台青年会議所内>)

仙台七夕花火祭2017の開催日程・時間は?

仙台七夕花火祭2017は8月5日(土)19:00~20:30に開催が予定されています(仙台七夕まつりは8月6日(日)~8月8日(火)に開催されます)。花火打上は少雨の場合には決行されますが、荒天の場合には8月9日(水)に順延・延期されるということです。

花火大会実施の可否は【仙台七夕花火祭公式ホームページ】などで案内される予定です。花火大会当日の天候が悪い場合には、あらかじめ確認しておきましょう。

仙台七夕花火祭2017の打上場所は?

仙台七夕花火祭2017の打上場所は上記の地図のマークのあたりです。仙台七夕花火祭2017をベストポジションで楽しむために、あらかじめ花火の打上場所を確認しておきましょう。

仙台七夕花火祭2017へのアクセス方法

  • 仙台市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩すぐ
  • 仙台市営地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩10分
  • JR「仙台駅」より徒歩20分

仙台七夕花火祭2017の公式観賞エリアは、宮城県仙台市青葉区の西公園周辺です。仙台七夕花火祭2017の公式観賞エリアへのアクセス方法は上記の通りです。ただ花火大会当日は例年大混雑するため、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。

また、花火大会の混雑は「行き」だけでなく「帰り」にも注意したいところです。大混雑で切符がなかなか購入できないなんてこともあるので、あらかじめ帰り用の切符も購入しておくとよいです。ICカード利用の場合は残金を確認しておきましょう。

仙台七夕花火祭2017の交通規制情報

※クリック・タップで拡大できます。

仙台七夕花火祭2017の当日には、会場周辺道路で車両通行止めなどの交通規制が実施される予定です。交通規制の時間帯はおおよそ17:00~21:30ごろです。その他の詳細な交通規制内容は上図ををご確認ください。

花火大会当日には交通規制区域外の道路も大混雑することが予想されます。花火大会当日はできるだけ車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

仙台七夕花火祭2017の会場に駐車場はあるの?

仙台七夕花火祭2017の会場に臨時駐車場などの用意はありません。上記の通り、交通規制もありますので、仙台七夕花火祭2017の会場に向かうには、基本的に公共交通機関を利用しましょう。例年約50万人の観客でにぎわう大規模な花火大会ですから、基本的に自家用車で行くものではありません。

「どうしても花火大会に自家用車で向かいたい」という場合には、仙台市中心部の一般駐車場を利用するのがよいかもしれません。ただ仙台市中心部の一般駐車場も正午以降はなかなか空車が見つからなくなりますので、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。JR仙台駅の東側エリアは比較的混雑がゆるやかで、駐車場の空車も見つけやすいです。

また、仙台七夕花火祭2017に自家用車で来場すると、花火大会終了後に帰路につくのにも苦労します。大渋滞で車がほとんど進まない状態になるため、仙台市中心部をを抜け出るのに2~3時間くらいかかってしまうこともあります…。それなりに覚悟はしておきましょう。

仙台市中心部にある駐車場については以下の地図を参考にしてみてください。

※クリックで拡大できます。

仙台七夕花火祭2017では屋台・露店は出るの?

お祭り気分で屋台・露店を眺めるのも花火大会の醍醐味のひとつですよね。仙台七夕花火祭2017では屋台・露店は出ているのでしょうか?

仙台七夕花火祭では例年たくさんの屋台・露店でにぎわっています。もちろん、仙台七夕花火祭2017でもたくさんの屋台・露店が並ぶでしょう。主に花火大会の観賞エリアとなる西公園周辺に屋台・露店が集中します。また、仙台七夕花火祭の屋台・露店の営業時間は12:00~21:00となっています。

やきそば・たこ焼き・お好み焼き・フランクフルト・焼き鳥・かき氷・クレープ・わたあめ・トロピカルジュース・ラムネ・ビールなどなど…。お祭りの屋台・露店でイメージする食べ物・飲み物はほとんど揃っています。また、「笹かまぼこ」「牛たん」「三角あぶら揚げ」などの仙台らしいグルメの屋台・露店も出ていますよ。

ぜひ花火と一緒に屋台・露店なども楽しんでくださいね。

仙台七夕花火祭2017のおすすめ&穴場スポット7選

1.広瀬通り・西公園通り

「広瀬通り」とは仙台駅前の宮城野橋から西公園まで東西に走る両側6車線の道路のこと。そして、「西公園通り」とはその名前の通り、西公園の横を南北に走る道路のことです。

広瀬通り・西公園通りはいずれも花火大会当日の夕方18:00から歩行者天国となります。花火大会の交通規制がスタートするタイミングで、レジャーシートを敷く場所を確保しましょう。そうすれば、ゆっくりと花火と観賞できます。

もちろん、大混雑は必至なのですが、花火の臨場感をたっぷりと味わえるおすすめのスポットです。花火の打上地点からやや離れると、観賞場所を確保しやすいです。

2.仙台国際センター南側エリア

おそらくJR仙台駅のほうから来る花火観賞客のほとんどが、西公園周辺でとどまってしまうからでしょう。仙台国際センター南側エリアは花火の打上地点の目前で観賞できるところなのですが、西公園周辺と比較すると例年混雑はゆるやかな傾向にあります。なお、花火大会当日は仙台国際センターは閉鎖されます。

3.仙台第二高校グラウンド

仙台第二高等学校のグラウンドは花火観賞のために開放されることがあります。ただ今年も開放されるかは未定なので、あらかじめ確認は必要です。

4.澱橋(よどみばし)周辺河川敷

花火打上地点の北側に位置する澱橋周辺の広瀬川河川敷は、あまりアクセスがよくありません。そのため、大迫力で花火を楽しめるところでありながら、例年混雑がゆるやかな穴場スポットです。仙台第二高校グラウンドが解放されていなければ、広瀬川河川敷まで向かうとよいでしょう。

5.青葉城址(仙台城址)

仙台市街の夜景と花火を同時に楽しめる穴場スポットです。花火の打上地点からの距離も近いのですが、例年比較的混雑はゆるやかです。仙台市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩20分ほどでアクセスできます。

6.評定河原野球場周辺

評定河原野球場周辺の広瀬川河川敷は、花火大会開始直前でも普通にレジャーシートを敷ける場所を確保できる穴場スポットです。花火の打上地点からも決して離れているわけではないですから、十分に花火観賞を楽しめるでしょう。ゆったりと花火を見たい方におすすめです。仙台市営地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩5分ほどでアクセスできます

7.宮城県庁展望台

仙台市街を見渡せる宮崎県庁展望台は、花火観賞にもおすすめのスポットです。何より冷房の効いた室内から花火を楽しむことができます。ただ花火の打上地点周辺と同じくらい競争率は高いので、できるだけ早く向かいましょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?仙台七夕花火祭2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店・観賞スポットなどの情報をお伝えしてきました。今年も大混雑が予想されますが、ぜひ仙台七夕花火祭2017に足を運んでみてくださいね。

<画像出典>
●仙台七夕花火祭ホームページ
http://www.tanabata-hanabi.jp/
●仙台七夕まつりホームページ
http://www.sendaitanabata.com/access

  • このエントリーをはてなブックマークに追加