【徹底攻略】水戸黄門まつり花火大会2018のおすすめ&穴場スポット6選

hanabi

今年も真夏の夜空を彩る水戸黄門まつり花火大会(千波湖花火大会)が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは水戸黄門まつり花火大会2018のおすすめ&穴場スポット6選をお伝えします。ぜひ水戸黄門まつり花火大会2018をベストポジションで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

水戸黄門まつり花火大会とは?

茨城県水戸市千波湖で開催される毎年恒例の花火大会で、「水戸黄門まつり」の初日を盛大に飾ります。例年約30万人の観客でにぎわう水戸の夏の風物詩です。特大スターマインやミュージックワイドスターマイン、創作花火など、個性豊かな花火が続々と登場!花火で輝く千波湖面も観客を魅了します。

水戸黄門まつり花火大会2018の基本情報

イベント名 第58回水戸黄門まつり花火大会
(千波湖花火大会)
打上玉数 約4,500発(予定)
開催場所 茨城県水戸市 千波湖畔
開催日程・時間 8月3日(金)19:30~20:30
※荒天の場合は翌週8月10日(金)に順延・延期
料金・予約など 観賞無料
有料観賞席 なし
アクセス方法 ■公共交通機関
JR「水戸駅」より徒歩15分
■自家用車
北関東自動車道「水戸南IC」より国道50号および県道50号経由で約8km
常磐自動車道「水戸IC」より国道50号経由で約10km
交通規制 あり
駐車場 臨時駐車場あり(無料/約1,800台)
トイレ あり(公衆トイレ/仮設トイレ)
お問い合わせ先 TEL:029-224-0441
(水戸観光コンベンション協会)
スポンサーリンク

水戸黄門まつり花火大会2018の打上場所は?

水戸黄門まつり花火大会2018の開催場所は、茨城県水戸市の千波湖畔です。水戸黄門まつり花火大会2018をベストポジションで楽しむために、あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

水戸黄門まつり花火大会2018を観賞するおすすめ&穴場スポット6選

1.千波湖畔北側エリア

ほとんどの花火観賞客がJR「水戸駅」南口から千波公園(千波湖畔南側エリア)を目指していきます。そのため、千波湖畔北側エリアは大迫力で花火を楽しめるところでありながら、例年観賞場所を確保しやすい穴場スポットになっています。ただそれでもレジャーシートを敷ける場所を確保するには、夕方17:00~18:00ごろまでには向かいたいところです。

2.西の谷公園

花火の打上場所である千波湖のすぐ北側にある公園なので、花火の臨場感をたっぷりと楽しめるおすすめスポットです。観賞場所を確保するためには、夕方17:00~18:00ごろまでに向かう必要があります。

3.偕楽園

例年水戸黄門まつり花火大会の当日には偕楽園の営業時間が延長されます。偕楽園の散策などを楽しんだ後に、そのまま花火を楽しむのもよいでしょう。

全体的に偕楽園は高台になっているので、花火を遮るものがほとんどありません。しかも千波公園などと比較すると、偕楽園はあまり混雑していません。ゆったりと花火を楽しみやすいと思います。ただし、偕楽園は入場料が大人200円・小人100円が必要です。

●偕楽園公式ホームページ
http://www.koen.pref.ibaraki.jp/park/kairakuen01.html

4.紀州堀緑地公園

水戸城の紀州堀があったところにつくられた公園で、市街地のオアシス的な場所です。やや木々が邪魔にはなりますが、十分に花火を楽しめる穴場スポットです。

スポンサーリンク

5.逆川緑地

花火の打上場所である千波湖の南側に位置する公園なのですが、例年それほど混雑はしていません。花火の打上場所からはやや距離がありますが、打上花火は十分に楽しめます。

6.水戸サウスタワーの飲食店

水戸サウスタワーの高層階にある飲食店からは、花火と食事を一緒に楽しむことができるおすすめの場所です。ただもしかすると花火の打上場所となる千波湖周辺よりも競争率が高いかもしれません。花火を観賞できる窓際席をぜひ予約してみてくださいね。

最後に

水戸黄門まつり花火大会2018のおすすめ&穴場スポット5選をお伝えしてきました。どこで花火を観賞するかは決まりましたか?ぜひ水戸黄門まつり花火大会2018をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 水戸黄門まつり花火大会2018の開催日程・時間や有料席・屋台情報まとめ
関連記事 水戸黄門まつり花火大会2018のアクセス方法・交通規制・駐車場情報まとめ
関連記事 水戸黄門まつり花火大会2018は雨天時には中止?順延・延期はあるの?

<画像出典>
●十二代目清三郎 ほろ酔い便り(個人ブログ)
http://seizaburo12.seesaa.net/

!こちらの記事も一緒に読まれています



  • このエントリーをはてなブックマークに追加