足立区花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ

adachi_hanabi2

今年も真夏の夜空を彩る足立区花火大会が開催されます。打上花火、スタ-マイン、小型煙火、仕掛花火(足立名物300mのナイアガラ)など、約12,000発の花火がガンガン打ち上がります!ここでは足立区花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・駐輪場・混雑状況などの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

足立区花火大会とは?

東京都足立区で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約50万人の観客でにぎわいます。明治時代に千住大橋の完成祝いとして花火を打ち上げたのが起源とされるので、約100年の歴史を持っています。

足立区花火大会の最大の特徴は、たったの60分間で約12,000発もの花火をガンガンと打ち上げるということです。特にクライマックスは怒涛の連発!高密度に凝縮された迫力満点の花火大会となっています。もちろん、足立名物のナイアガラも見逃せません。

足立区花火大会2017の基本情報

イベント名 第39回足立区花火大会(足立の花火)
打上玉数 約12,000発(予定)
開催場所 東京都足立区 荒川河川敷
(東京メトロ千代田線西新井橋から千代田線鉄橋間)
開催日程・時間 7月22日(土)19:30~20:30
※荒天の場合は中止(順延・延期なし)
料金・予約など 観覧無料
有料指定席 あり
アクセス方法 ■堤南側
東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス「北千住駅」より徒歩15分、または日暮里・舎人ライナー「足立小台駅」より徒歩25分
■堤北側
東武線「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」より徒歩15分
交通規制 あり(18:00~22:00ごろに会場周辺道路で車両通行禁止)
※詳細は下記をご確認ください。
駐車場 なし(自家用車での来場不可)
トイレ 荒川河川敷周辺約30カ所に仮設トイレ設置予定
お問い合わせ先 TEL:03-3880-5853
(足立区観光交流協会)

足立区花火大会2017の開催場所は?

足立区花火大会2017の開催場所は例年通り、東京都足立区の荒川河川敷(東京メトロ千代田線西新井橋から千代田線鉄橋間)です(上記の地図は花火の打上地点を指しています)。あらかじめ地図で場所を確認しておきましょう。

足立区花火大会2017へのアクセス方法は?

足立区花火大会2017の観賞エリアは荒川の南側(千住側)と北側(西新井側)の2つに分かれています。足立区花火大会2017のそれぞれの観賞エリアへのアクセス方法をお伝えします。

南側河川敷(千住側)

  • 東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス「北千住駅」より徒歩15分
  • 日暮里・舎人ライナー「足立小台駅」より徒歩25分
  • 京成本線「千住大橋駅」より徒歩25分

東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス「北千住駅」は例年大混雑します。花火大会の当日は通常時の2倍以上の時間がかかることもありますから、十分に時間の余裕を持っておきましょう。

一方で日暮里・舎人ライナー「足立小台駅」や京成本線「千住大橋駅」は、比較的混雑がゆるやかです。そのため、できればこちらからアクセスしたほうがよいかもしれません。

北側河川敷(西新井側)

  • 東武線「小菅駅」「五反野駅」「梅島駅」より徒歩15分

足立区花火大会2017の観賞エリアとなる荒川河川敷は東西に広がっていますから、どのあたりで花火を観賞するのかによって最寄駅は変わってきます。ただいずれも混雑は必至なので、十分に時間の余裕を持っておきましょう。

スポンサーリンク

足立区花火大会2017の交通規制情報

adachi-hanabi2016-map

(※クリックで拡大できます)

足立区花火大会2017の当日には会場周辺道路で車両通行禁止などの交通規制が実施される予定です。交通規制の時間帯はおおよそ18:00~22:00ごろになるでしょう。足立区花火大会2017の詳細な交通規制内容は上図ををご確認ください(上図は昨年のものですが、例年交通規制内容は同じです)。

花火大会当日は交通規制区域外の道路も大渋滞になります。花火大会当日はできるだけ車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。

足立区花火大会2017の会場に駐車場・駐輪場は用意されているのか?

駐車場

足立区花火大会2017の会場に臨時駐車場などの用意はありません。上記の通り、交通規制などもあるため、足立区花火大会2017の会場に向かうには公共交通機関を利用するのがよいでしょう。基本的に東京都内の花火大会は自家用車で行くものではありません。

「どうしても花火大会に自家用車で向かいたい」という場合には、交通規制区域外でコインパーキングなどを探しましょう。そして、そこから公共交通機関で花火大会の会場に向かうとよいです。

駐輪場

一方で足立区花火大会2017の会場周辺に臨時駐輪場は用意される予定です。千住側では「千住公園」「元宿さくら公園」「尾竹橋公園」など、西新井側では「足立小学校」「梅島第二小学校」「関原の森」「関原小学校」などが臨時駐輪場となります。

ただ「自転車でのご来場はなるべくご遠慮ください」とのことなので、花火大会の会場にはできれば公共交通機関で向かうのが望ましいでしょう。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?足立区花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・駐輪場・混雑状況などの情報をお伝えしてきました。今年も大混雑が予想されますが、ぜひ調布市花火大会2017に足を運んでみてくださいね。

関連記事 足立区花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 足立区花火大会2017は雨天時には中止?順延・延期はあるの?
関連記事 【徹底攻略】足立区花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選

<画像出典>
●万象の詞 ~カミガミノコエ~(個人ブログ)
http://qookaku.blog.shinobi.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加