大洗海上花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場情報まとめ

今年も真夏の夜空を彩る大洗海上花火大会が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは大洗海上花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店などの情報をお伝えします。また、大洗海上花火大会2017を観賞するおすすめ&穴場スポット5選もご紹介します。

スポンサーリンク

大洗海上花火大会とは?

茨城県東茨城郡大洗町で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約10万人の観客でにぎわう大洗の夏の風物詩イベントです。内閣総理大臣賞を受賞している野村花火工業による独創性にあふれた創作花火が楽しめます。特に2尺玉やミュージックスターマインが名物です。

大洗海上花火大会2017の基本情報

イベント名 大洗海上花火大会
打上玉数 約3,000発(予定)
開催場所 茨城県東茨城郡大洗町大貫町地先 大洗サンビーチ
開催日時 7月29日(土)19:30~20:30
※荒天の場合は翌日7月30日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 なし
アクセス方法 ■公共交通機関
鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「大洗駅」より徒歩15分
■自家用車
北関東自動車道(東水戸道路)「水戸大洗IC」より国道51号線経由で約7km(通常時10分)
交通規制 あり(おおよそ17:00~22:00ごろ)
駐車場 あり(有料/約7,500台)
トイレ 公衆トイレあり
問い合わせ先 TEL:029-267-5111(大洗町商工観光課)

大洗海上花火大会2017の開催日程・時間は?

大洗海上花火大会2017は7月29日(土)19:30~20:30に開催が予定されています。

花火打上は少雨の場合には決行されますが、荒天の場合には翌日7月30日(日)に順延・延期されます。両日ともに荒天の場合の対応は未定です。

花火大会実施の可否は【大洗町公式ホームページ】などで案内される予定です。花火大会当日の天候が悪い場合には、あらかじめ確認しておきましょう。

大洗海上花火大会2017へのアクセス方法は?

  • <公共交通機関>…鹿島臨海鉄道大洗鹿島線「大洗駅」より徒歩15分
  • <自家用車>…北関東自動車道(東水戸道路)「水戸大洗IC」より国道51号線経由で約7km(通常時10分)

大洗海上花火大会2017の開催場所は、茨城県東茨城郡大洗町大貫町地先の大洗サンビーチです。花火大会の観賞エリアへのアクセス方法は上記の通りです。ただ花火大会当日は例年大混雑するため、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。

また、花火大会の混雑は「行き」だけでなく「帰り」にも注意したいところです。たとえば、花火大会に公共交通機関で向かう場合には、大混雑で切符がなかなか購入できないなんてこともあるので、あらかじめ帰り用の切符も購入しておくとよいです。

スポンサーリンク

大洗海上花火大会2017の交通規制情報

大洗海上花火大会2017の当日には大洗マリンタワーと大洗アウトレットの海側道路で交通規制が実施されます。花火大会の交通規制の時間帯はおおよそ17:00~22:00ごろです。

また、花火大会当日には交通規制区域外の道路も大混雑することが予想されます。花火大会当日は無暗に車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。

大洗海上花火大会2017の会場に駐車場はあるのか?

大洗海上花火大会2017の当日も大洗サンビーチの町営駐車場(普通車1,000円/約7,500台)大洗リゾートアウトレット駐車場(無料/約1,500台)が普通に利用できます。

花火大会の駐車場は十分にあるように思うかもしれません。しかし、例年花火大会の駐車場は正午を過ぎたあたりから混雑し始めます。花火大会の駐車場に夕方ごろに到着してもなかなか空車は見つけられませんから、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。

できれば花火大会当日の午前のうちに駐車場を確保しましょう。そして、海水浴場・アウトレット・マリンタワーなどで時間を潰しているのが理想的なプランです。

また、大洗海上花火大会2017に自家用車で向かうと、おそらく花火大会終了後に帰路につくのにも苦労します。花火大会終了後は大渋滞で車がほとんど進まない状態になるため、大洗町から抜け出るだけで2~3時間くらいかかってしまうこともあります…。花火大会終了後の大渋滞を避ける方法はないので、それなりに覚悟しておきましょう。

大洗海上花火大会2017では屋台・露店は出るの?

お祭り気分で屋台・露店を眺めるのも花火大会の醍醐味のひとつですよね。大洗海上花火大会2017では屋台・露店は出ているのでしょうか?

例年大洗海上花火大会ではおおよそ30~50店くらいの屋台・露店が並びます。おそらく今年の花火大会でも同じくらいの屋台・露店が並ぶでしょう。また、大洗サンビーチは海水浴シーズンでもあるため、海の家もいくつか出ています。

やきそば・たこ焼き・お好み焼き・フランクフルト・焼き鳥・かき氷・クレープ・チョコバナナ・わたあめ・りんご飴・トロピカルジュース・ラムネ・ビールなどなど…。お祭りの屋台・露店でイメージする食べ物・飲み物はほとんど揃っている印象です。

ただ花火大会の観客数に対して屋台・露店が少ないので、食べ物・飲み物を購入するのに非常に苦労します。花火と一緒に食べもの・飲みものを楽しみたい方は、あらかじめ購入しておいたほうがよいかもしれません。

大洗海上花火大会2017のおすすめ&穴場スポット5選

1.大洗サンビーチ南側エリア

鹿島臨海鉄道「大洗駅」からのアクセスが悪いからなのか、大洗サンビーチの南側エリアは例年混雑が緩やかなおすすめスポットです。花火の打上地点から離れるように歩いていけば、花火大会開始直前でもレジャーシートを敷ける場所が残っています。もちろん、十分に花火観賞を楽しめる距離にあります。

2.大洗リゾートアウトレット

花火の観賞エリアのすぐそばにあるアウトレットモールで、大迫力で花火を楽しめます。ただそれなりに混雑はしますので、花火が見やすい場所を夕方ごろから確保しておくとよいです。

3.大洗マリンタワー

大人330円・小人160円と入場料がかかりますが、地上60mの位置から花火を見下ろすように観賞できます。大洗マリンタワーは入場料のおかげで例年混雑も適度な傾向にあります。ただ花火が見やすい場所を確保するには早めに入場しておく必要があるでしょう。

4.めんたいパーク大洗周辺

花火の観賞客のほとんどは大洗サンビーチに集中します。そのため、例年めんたいパーク大洗周辺は混雑が緩やかな穴場スポットになっています。花火を遮るものも一切ないので、大迫力で花火を楽しめます。

5.大洗海岸

花火の打上地点からちょっと距離はありますが、大洗海岸の南側あたりからも十分花火を楽しめます。例年それほど混雑はしていません。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?大洗海上花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店・観賞スポットなどの情報をお伝えしてきました。今年も大混雑が予想されますが、ぜひ大洗海上花火大会2017に足を運んでみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です