【徹底攻略】高崎まつり大花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選

今年も真夏の夜空を彩る高崎まつり大花火大会が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは高崎まつり大花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

高崎まつり大花火大会とは?

群馬県高崎市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年30万人を超える観客でにぎわう高崎の夏の風物詩イベントです。花火の種類が豊富で豪華なのはもちろんですが、たった50分で15,000発もの花火を打ち上げるので、圧倒的なスピード感を楽しめます。

高崎まつり大花火大会2017の基本情報

イベント名 第43回高崎まつり大花火大会
打上玉数 約15,000発(予定)
開催場所 群馬県高崎市八千代町 烏川和田橋上流河川敷
開催日時 8月5日(土)19:40~20:30
※荒天の場合は翌日8月6日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ■公共交通機関
JR「高崎駅」より徒歩20分
■自家用車
関越自動車道高崎ICから県道27号経由で高崎市街地方面へ7km(通常時15分)
上信越道吉井ICから県道71号(西上州やまびこ街道)経由で高崎市街地方面へ11km(通常時20分)
交通規制 あり(おおよそ18:00~22:00ごろ)
駐車場 なし
トイレ あり
問い合わせ先 TEL:027-321-1257(高崎まつり実行委員会)

高崎まつり大花火大会2017の開催場所は?

高崎まつり大花火大会2017の開催場所は、群馬県高崎市八千代町の烏川和田橋上流河川敷です。あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

高崎まつり大花火大会2017の無料公式観賞エリアは?

※クリック・タップで拡大画像が開きます。

会場名 場所 収容人数
A会場 乗附野球場および烏川右岸堤防 約9,500人
B会場 烏川緑地高松エリア 約5,000人
C会場 和田橋運動広場 約27,000人
D会場 旧高崎カントリークラブ 約10,000人
E会場 創価学会駐車場 約1,000人
烏川2号線緑地石原エリア 烏川2号線緑地石原エリア 約5,500人

高崎まつり大花火大会2017では無料公式観賞エリアとして約58,000人分のスペースが確保される予定です(昨年より約7,000人分増設)。花火大会当日の午前8:00よりA~Eの各会場でレジャーシートなどを敷けるようになります。花火大会の無料公式観賞エリアでレジャーシートを敷く場所を確保したければ、最低でも午前のうちに向かいましょう。

また、B会場のみ入場制限があります。B会場は入場リストバンドがないと入場することができません。B会場では午前8:00よりリストバンドが無料配布されます。リストバンドは1人5枚まで受領することができます。定員に達したところで終了となります。

高崎まつり大花火大会2017を観賞するおすすめ&穴場スポット7選

1.高崎公園

花火大会を大迫力で楽しめる定番スポットとして有名ですが、花火大会の公式観賞エリアと比べると混雑はゆるやかな傾向にあります。高崎公園の周辺にはコンビニや公衆トイレもあるので、花火観賞を安心して楽しめます。JR「高崎駅」より徒歩15分でアクセスできます。

2.もてなし広場

高崎まつりの会場になっているもてなし広場で、そのまま花火を楽しんでしまうのもおすすめです。たくさんの屋台・露店が並んでいますので、食べ物・飲み物の調達には困りません。ただレジャーシートを敷いたりすることはできません。

3.城南運動公園

花火の打上地点の南東に位置する公園で、野球場やサッカー場などがあります。花火を遮る建物などもないですし、花火を十分に楽しめる距離にありますが、例年それほど混雑はしていない穴場スポットです。花火大会開始直前でも意外と観賞場所を確保できます。

4.石原緑地

城南運動公園の鳥川対岸にある河川敷緑地で、例年花火大会の公式観賞エリアと比較するとだいぶ混雑がゆるやかなおすすめスポットです。花火の打上地点から離れるように歩いていけば、花火大会開始後でもレジャーシートを敷ける場所が残っています。JR「高崎駅」またはJR「南高崎駅」より徒歩25分ほどでアクセスできます。

スポンサーリンク

5.高崎シティパーク屋上駐車場

高崎シティパークの屋上駐車場からは花火がよく見えます。高崎シティパークの駐車料金は100円/30分で最大料金は600円です。花火大会に車で来たいという方によいでしょう。ただ高崎まつりの交通規制区域内にあるため、花火大会当日の午前のうちには到着しておく必要があります。

6.高崎タカシマヤ

例年高崎タカシマヤの屋上ではビアガーデンが開催されています。そのため、ビールを飲みながら花火観賞を楽しめます。花火大会当日は非常に人気がありますので、早めに予約をとっておきましょう。

●高崎タカシマヤ 屋上ビアガーデン
https://www.takashimaya.co.jp/store/special/beergarden/takasaki.html

7.ニトリ高崎店駐車場

ニトリ高崎店駐車場の周辺にはあまり背の高い建物がないため、花火がそれなりに見えます。ただ花火の打上地点からは約2.5kmほど離れているため、花火の臨場感には欠けるでしょう。できるだけ花火大会の混雑を避けたいという方におすすめの穴場スポットです。

最後に

スポンサーリンク

高崎まつり大花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選をご紹介してきました。どこで花火を観賞するかは決まりましたか?ぜひ高崎まつり大花火大会2017をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 高崎まつり大花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 高崎まつり大花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場情報まとめ

<画像出典>
●ホテルメトロポリタン高崎
http://takasaki.metropolitan.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加