【徹底攻略】鎌倉花火大会2016のおすすめ&穴場スポット5選

kamakura_hanabi4

今年2016年も真夏の夜空を彩る鎌倉花火大会が開催されます。鎌倉の夏の風物詩イベントですよね。きっとたくさんの方が楽しみにしているかと思います。

ここでは鎌倉花火大会2016の見どころとおすすめ&穴場スポット5選をお伝えします。ぜひ鎌倉花火大会2016をベストポジションで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

鎌倉花火大会とは?

神奈川県鎌倉市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約10~15万人の観客でにぎわいます。「鎌倉の大仏」「鶴岡八幡宮」「銭洗い弁天」など人気スポットがたくさんあるので、花火と一緒に観光も楽しむことができます。

鎌倉花火大会2016の基本情報

イベント名 第68回鎌倉花火大会
打上玉数 約2,500発(予定)
開催場所 神奈川県鎌倉市 由比ヶ浜海岸・材木座海岸
開催日程・時間 7月20日(水)19:20~20:10
※雨天・荒天・高波の場合は翌日7月21日(木)に延期・順延
料金・予約など 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ●江ノ島電鉄「由比ヶ浜駅」または「和田塚駅」より徒歩5分
●JR「鎌倉駅」から徒歩15分
交通規制 あり(18:30~22:30ごろに会場周辺道路で車両通行禁止など)
駐車場 なし
トイレ 公衆トイレあり
お問い合わせ先 TEL:0467-23-3050
(鎌倉花火大会実行委員会事務局)

鎌倉花火大会2016の見どころは?

鎌倉花火大会の最大の見どころは、何といっても海上を移動する船から海中に投げ入れられる水中花火です。カラフルな花火が漆黒の海で扇状に開く情景は、他の花火大会ではなかなかお目にかかることはできません。

他にもスピード感にあふれるスターマインの連発、全国著名花火業者の作品、花火玉の購入者からのメッセージの読み上げとともに打上げる「サポーター花火」など、見どころがたくさん!最初から最後まで目を離せない花火大会となっています。

鎌倉花火大会2016の打上場所は?

鎌倉花火大会2016の開催場所は由比ヶ浜海岸・材木座海岸です。鎌倉花火大会2016をベストポジションで楽しむために、あらかじめ地図で場所を確認しておきましょう。

鎌倉花火大会2016のおすすめ&穴場スポット5選

ここでは鎌倉花火大会2016を観賞するおすすめのスポットをまとめました。大迫力で花火大会を楽しめる鉄板人気スポットだけでなく、ゆったりと花火を観賞できる穴場スポットも紹介します。

由比ヶ浜海水浴場・材木座海水浴場

鎌倉花火大会のメイン会場となっているのが由比ヶ浜海水浴場・材木座海水浴場です。花火打上地点と距離が近いので、大迫力で花火を観賞できるおすすめの場所です。

「花火打上地点と距離が近いということは大混雑するのでは…?」と不安に感じる方もいますよね。確かに混雑はするのですが、どちらの海水浴場もかなりのスペースがあります。そのため、花火打上地点から離れるように歩いていけば、例年花火開始直前でもシートを敷く場所を確保できます。

鎌倉海浜公園(由比ヶ浜地区)

由比ヶ浜海水浴場に面している公園で、花火がそれなりに見える穴場スポットになっています。グラウンドや芝生が広がっているので、シートを敷いて花火を観賞できます。例年花火大会開始くらいまではそれほど混雑もしていません。

ただ水中花火を思いっきり楽しむためには、立見になってしまうかもしれません。また、公園内にある築山(丘)は座ったままでも水中花火がよく見えるので、前日からシートを敷いている方がいます。

スポンサーリンク

鎌倉海浜公園(坂ノ下地区)

坂ノ下地区にある市民プールが隣接している公園で、ここからは由比ガ浜から材木座、逗子へと続く海岸線が一望できます。打上地点からは多少離れますが、水中花火もしっかりと楽しめる穴場スポットです。

例年それほど混雑はしていないため、花火大会開始後でも普通に場所を確保できます。江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩15分です。

披露山公園

逗子市の披露山山頂にある公園(標高68.9m)です。ここからは逗子マリーナや由比ヶ浜はもちろん、江ノ島まで一望できます。花火打上地点からはやや離れますが、鎌倉花火大会を眼下に観賞できるおすすめの穴場スポットです。例年ほとんど人は集まっていないので、ゆったりと花火を楽しめます。

JR逗子駅よりバス小坪経由鎌倉行きに乗車、バス停「披露山入口」より徒歩15分でアクセスできます。また、駐車場もあるので、自家用車でアクセスすることもできます。

大崎公園

披露山公園からさらに徒歩10分、海に突き出した半島にある公園です。披露山公園よりは標高が低くなりますが、より海に近づきます。駐車場は用意されていないため、自家用車の場合は披露山公園駐車場を使います。かなり歩く必要があるため、花火大会当日でもほとんど人はいません。頑張った分だけゆったりと花火を楽しめる穴場スポットです。

最後に

スポンサーリンク

鎌倉花火大会2016の見どころとおすすめ&穴場スポット5選をお伝えしてきました。どこから鎌倉花火大会2016を観賞するかは決まりましたか?

高々と夜空に開く打上花火が観賞できる場所は他にもありますが、鎌倉花火大会の目玉はやはり水中花火です。できれば海岸に近いところで見たいですね。ぜひ鎌倉花火大会2016をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 鎌倉花火大会2016の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 鎌倉花火大会2016のアクセス・交通規制・駐車場情報まとめ
関連記事 鎌倉花火大会2016は雨天時には中止?順延・延期はあるの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です