隅田川花火大会2016のアクセス・交通規制・駐車場情報まとめ

sumidagawa_haanbi2

今年2016年も真夏の夜空を彩る隅田川花火大会が開催されます。日本の花火大会の代名詞と言ってもよいビッグイベントですよね。きっとたくさんの方が楽しみにしていることと思います。ここでは隅田川花火大会2016のアクセス方法・交通規制・駐車場・駐輪場などの情報をお伝えします。

スポンサーリンク

隅田川花火大会とは?

東京都墨田区・台東区の隅田川河川敷で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約90万人以上の観客でにぎわいます。「東京湾大華火祭(東京湾花火大会)」や「江戸川区花火大会」とともに東京三大花火大会のひとつに数えられています。

例年の打上玉数が約20,000発と全国トップクラスな上に、コンクールなどを含めた花火自体のレベルも非常に高くなっています。全国的な知名度も高く、日本の花火大会の代名詞といってもよいでしょう。

隅田川花火大会2016の基本情報

イベント名 第39回隅田川花火大会
打上玉数 約20,000発
(第一会場:約9,500発/第二会場:約10,500発)
開催場所 第一会場:桜橋下流~言問橋上流
第二会場:駒形橋下流~厩橋上流
開催日程・時間 7月30日(土)19:05~20:30
※荒天の場合は中止(順延・延期なし)
料金・予約など 観覧無料
有料指定席 なし(市民協賛席はあり)
アクセス方法 ■第一会場
東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」より徒歩15分、または東武鉄道「とうきょうスカイツリー駅」「曳舟駅」より徒歩15分
■第二会場
東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」より徒歩5分、または都営地下鉄「蔵前駅」より徒歩5分
交通規制 あり(18:00~21:30ごろに会場周辺道路で車両通行禁止)
駐車場 なし(自家用車での来場不可)
トイレ 仮設トイレ設置予定
お問い合わせ先 TEL:03-5246-1111
(隅田川花火大会実行委員会事務局)

隅田川花火大会2016へのアクセス方法

隅田川花火大会2016には「第一会場」と「第二会場」があります。それぞれの会場へのアクセス方法をお伝えします。たくさんのアクセス方法が考えられますので、きっちりと作戦を立てておきましょう。

第一会場

  • 東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」より徒歩10分
  • 東武鉄道「とうきょうスカイツリー駅」「曳舟駅」より徒歩15分
  • 東武鉄道・京成電鉄・東京メトロ・東京都交通局「押上駅」より徒歩15分

隅田川花火大会2016の第一会場の最寄駅は東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」ですが、ここは例年殺人的に混雑します。そのため、「浅草駅」で下車してしまうと、警察の規制でずっと歩かされることになります…。本来の目的の場所になかなかたどりつけず、花火観賞どころではなくなってしまう可能性があるでしょう。

東武鉄道「とうきょうスカイツリー駅」「曳舟駅」や東武鉄道・京成電鉄・東京メトロ・東京都交通局「押上駅」も大混雑ですが、それでも「浅草駅」よりはよいでしょう。多少の距離を歩くのが嫌でなければ、JR・東京メトロ「南千住駅」「上野駅」などから会場に向かうのも作戦のひとつです。

第二会場

  • 東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」より徒歩5分
  • 都営地下鉄「蔵前駅」より徒歩5分
  • JR・都営地下鉄「浅草橋駅」「両国駅」より徒歩10分

隅田川花火大会2016の第二会場の最寄駅となるのは、東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄「浅草駅」、または都営地下鉄「蔵前駅」です。どちらも第二会場まで徒歩5分ほどの距離ではありますが、例年大混雑で身動きがとれなくなるので、あまり利用をおすすめしません。

それよりもJR・都営地下鉄「浅草橋駅」「両国駅」を利用することをおすすめします。もちろん大混雑ではありますが、身動きができなくなるほどではありません。ただそれでもたっぷりと時間の余裕を持っておきましょう。

スポンサーリンク

隅田川花火大会2016への交通規制情報

sumidagawa-hanabi-2016-map01

※画像クリックでpdfファイルが開きます。

隅田川花火大会2016の当日には、大規模な交通規制がかかります。交通規制の時間帯はおおよそ18:00~21:30ごろで、花火大会の周辺道路が車両通行禁止となります。その他の詳細な交通規制内容は上図ををご確認ください。

花火大会当日は交通規制区域外の道路も大渋滞になります。隅田川花火大会2016の当日は、できるだけ車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。なお、バイク・自転車なども交通規制の対象となります。

隅田川花火大会2016の会場に駐車場・駐輪場は用意されているのか?

駐車場

隅田川花火大会2016の会場には臨時駐車場などは用意されていません。上記の通り、交通規制などもあるため、隅田川花火大会2016の会場に向かうには公共交通機関を利用しましょう。東京都内で開催される花火大会は基本的に自家用車で行くものではありません。

「どうしても花火大会に自家用車で会場に向かいたい」という場合には、交通規制区域外でコインパーキングなどを探しましょう。そして、そこから公共交通機関で花火大会に向かうとよいです。

ただ花火大会の会場から1~3駅分くらいの距離にあるコインパーキングであれば、当日の午前中には満車になっています。同じことを考える方もたくさんいますから、駐車場を探すときには十分に時間の余裕をもっておきましょう。

駐輪場

上記の通り、バイクや自転車も交通規制(車両通行禁止)の対象となっています。そのため、隅田川花火大会2016の会場には臨時駐輪場などの用意もありません。

また、花火大会当日に会場周辺の公道上や公園内などに放置されたバイク・自転車は、保管所に移送されます。バイク・自転車を引き取りにいくと移送料5,000円がかかりますし、一定期間持ち主の現れないバイク・自転車は処分されてしまいます。十分にご注意ください。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?隅田川花火大会2016のアクセス方法・交通規制・駐車場・駐輪場などの情報をお伝えしてきました。今年も大混雑必死ですが、ぜひ隅田川花火大会2016に足を運んでみてくださいね。

関連記事 隅田川花火大会2016の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 隅田川花火大会2016は雨天時には中止?順延・延期はあるの?
関連記事 【徹底攻略】隅田川花火大会2016のおすすめ&穴場スポット17選

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です