【徹底攻略】福島花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット7選

今年も真夏の夜空を彩る福島花火大会が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは福島花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

福島花火大会とは?

福島県福島市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年10万人を超える観客でにぎわう福島の夏の風物詩イベントです。大迫力の尺玉や華麗なスターマインなどのバリエーション豊かな花火が打ち上げられます。願いごとを祈念したりする縁起花火も登場するので、何か願をかけてみるのもよいかもしれません。

福島花火大会2017の基本情報

イベント名 第39回福島花火大会
打上玉数 約10,000発(予定)
開催場所 福島県福島市古川地内 信夫ヶ丘緑地(阿武隈川と松川の合流地点)
開催日時 7月29日(土)19:20~20:40
※荒天の場合は翌日7月30日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ■公共交通機関
JR「福島駅」より有料臨時シャトルバスで約15分
(大人300円・小人150円/16:00~19:00随時運行)
■自家用車
東北自動車道「福島西IC」より国道115号・国道4号経由で約10km(通常時20分)
交通規制 あり(おおよそ17:00~22:00ごろ)
駐車場 あり(無料/約1,600台)
トイレ あり(常設/仮設)
問い合わせ先 TEL:024-525-3720(ふくしま花火大会実行委員会)

福島花火大会2017の開催場所は?

福島花火大会2017の開催場所は、福島県福島市の信夫ヶ丘緑地(阿武隈川と松川の合流地点)です。あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

福島花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選

1.信夫ヶ丘緑地公園(花火大会公式観賞エリア)

花火大会の無料の公式観賞エリアとなるのは、上図のマークのあたりです。もちろん、花火の臨場感をたっぷりと味わえるおすすめスポットです。信夫ヶ丘緑地公園でレジャーシートを敷く場所を確保するためには、最低でも夕方17:00~18:00ごろには到着しましょう。

2.下釜地区の阿武隈川河川敷

おそらくJR「福島駅」などからのアクセスが悪いからでしょう。下釜地区の阿武隈川河川敷(信夫ヶ丘緑地公園対岸)は大迫力で花火を観賞できるところでありながら、例年混雑がゆるやかな傾向にあります。ゆったりと花火を楽しめる穴場スポットです。花火大会開始直前でも意外と観賞場所を確保できます。

3.岡部地区の阿武隈川河川敷

岡部地区の阿武隈川河川敷も例年混雑がゆるやかな傾向にあります。国道115号の文知摺橋(もちずりばし)を渡っていきましょう。ただ花火大会の屋台・露店などは出ていませんから、花火と一緒に食べ物・飲み物を楽しみたい方は事前に用意しておくとよいです。

4.松川橋上流の阿武隈川河川敷

松川橋上流の阿武隈川河川敷もゆったりと花火を観賞しやすいおすすめスポットです。花火の打上地点から離れるように歩いていけば、花火大会開始後でも普通に観賞場所を確保できるでしょう。ただ花火の種類によっては松川橋が邪魔になることがあります。

スポンサーリンク

5.新山霊園

花火の打上地点からはちょっと離れているのですが、新山霊園のあたりは高台になっているため、花火がよく見えます。ただ幽霊などがこわいという方は避けたほうがよいでしょう。

6.スーパーいちい信夫ヶ丘店

スーパーいちい信夫ヶ丘店の屋上駐車場からは花火が非常にきれいに見えます。ただ花火観賞のために開放しているわけではないため、レジャーシートを敷いたりすることはできません。花火を自家用車から観賞するのであれば、食べ物・飲み物などを購入するなどの配慮もしてあげましょう。

7.まるいちフードセンター岡部店

まるいちフードセンター岡部店からも花火が非常によく見えます。ただこちらも花火観賞のために駐車場を開放しているわけではありません。

最後に

スポンサーリンク

福島花火大会2017のおすすめ&穴場スポット7選をご紹介してきました。どこで花火を観賞するかは決まりましたか?ぜひ福島花火大会2017をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 福島花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 福島花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加