絶対に見逃すな!女性がキスしてほしいときの7つのサインとは?

kiss

女性もキスしたい気持ちになることはありますが、女性から直接的にキスをしてほしいとは言いづらいものです。だから女性は表情・態度・しぐさなどでキスをしてほしいというサインを出しています。

ここでは女性がキスしてほしいときの7つのサインをお伝えします。女性のOKサインを見逃さないようにしましょう!

スポンサーリンク

女性がキスしてほしいときの7つのサインとは?

kiss2

サイン1.目を見つめてくる

デートで女性がじっと目を見つめてくる場合には、あなたにキスをしてほしいというサインの可能性が高いです。特に上目遣いで甘えたように見つめてくるのなら、もう女性のキスしてほしいサインで間違いないでしょう。

非常にわかりやすいサインのひとつですから、絶対に見逃さないようにしたいですね。何度も見逃していると、相手の女性に意気地がないと思われてしまうかもしれません…。

サイン2.顔を近づけてくる

やはり恋人と顔が近づくとキスをイメージしてしまうものですよね。無意識的なのかもしれませんが、相手の女性は顔を近づけることで、自分の気持ちを伝えようとしているのです。

そもそもあまり好意のない相手に顔を近づけたりはしません。相手の女性がさりげなく顔を近づけてきたら、そっとキスをしてあげましょう。

サイン3.手をつないでくる

インターネット上のアンケート調査によると、女性の約9割が「手をつないだらキスをしてもよい」と回答しています。意外とキスのハードルは低いのかもしれませんね。

したがって、デートで相手の女性と手をつなぐことができれば、基本的には雰囲気次第でキスに持っていけるはずです。特に相手の女性から手をつないでくる場合には、あなたにキスをしてほしいサインの可能性が高いでしょう。

サイン4.声のリズムやトーンが変わる

マシンガントークではロマンティックな雰囲気にはならないものです。そんなことは女性も十分に理解していますから、女性がキスをしてほしいときにはだんだんと声のリズムやトーンが変わっていきます。

スポンサーリンク

いつもはもっとで元気でおしゃべりな彼女が、ゆっくりと甘えるような声で話すようになったら、それはキスをしてほしいというサインかもしれません。急に無口になったりすることもありますよ。

サイン5.さりげなく身体を近づけてくる

女性がさりげなく身体を近づけてくるのは、あなたともっと親密になりたいというサインです。この親密にはキスも含まれていると考えてよいでしょう。

たとえば、お酒に酔ったふりで身体をあずけてきたり、眠たそうに肩にもたれかかってきたり…。恥ずかしさを隠そうとしてきますが、女性のキスをしてほしいというサインは出ています!絶対に見逃さないようにしたいですね。

サイン6.口元に視線を集めようとする

  • 頻繁に唇をさわる
  • 唇をとがらせる
  • リップクリームを塗り直す

などなど。女性がキスをしてほしいときには、自分の口元に視線を集めようとすることがあります。自分の口元に視線を集めることで、あなたにキスを連想させようとしているのです。女性の表情の変化はしっかりとチェックするようにしましょう。

ただ女性が上記の動作をしたからといって、必ずしもキスをしてほしいとは限りません。他のサインやムードと合わせて、総合的に判断していきましょう。

サイン7.他人の目につかないところに行こうとする

一般的に女性は他人の目につくようなところでキスをしたくありません。そのため、女性がキスをしてほしいときには、さりげなく他人の目につかないようなところに行きたがります。

「もっと静かなところに行きたい」なんて言われたら、彼女のキスしてほしいサインで間違いありません。2人きりになれるところにスムーズに誘導してあげましょう。

最後に

kiss1

いかがでしたか?女性がキスしてほしいときの7つのサインをお伝えしてきました。女性はなかなか言葉で表現できないかわりに、表情・態度・しぐさなどキスをしてほしいサインを出しています。女心をしっかり察知してあげましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加