【コピペOK】バレンタインの義理チョコに添えるメッセージ文例16選

「バレンタインの義理チョコに添えるメッセージは何を書いたらいいんだろう…」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?意外と筆が進まなかったりするものですよね。ここではバレンタインの義理チョコに添えるメッセージ文例16選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコに添えるメッセージ文例16選

ではさっそくいきましょう!
もちろんそのままコピペしてもOKです。

ビジネス編(職場の上司・先輩・同僚・後輩・部下などへ)

○○部長へ
いつもありがとうございます。
ささやかながら感謝の気持ちです。
これからもご指導よろしくお願いします。

○○課長へ
いつもお世話になっています。
ささやかですが日ごろの感謝の気持ちです。
これからもよろしくお願いします。

○○先輩へ
いつも優しいご指導ありがとうございます。
これからもお世話になります。

○○先輩へ
先日は私のミスをフォローしていただきありがとうございました。
早く仕事で恩返しできるよう頑張ります。

○○くん/さんへ
仕事お疲れ様です。
今後もよろしくお願いします。

○○くん/さんへ
いつもお世話になっています。
休憩のひとときにこのチョコレートをどうぞ。
これからもお互いに仕事を頑張りましょう。

○○くん/さんへ
Happy Valentine’s Day!
早く仕事覚えられるようにがんばってね!
陰ながら応援してます。

毎日がんばっている○○(くん/さん)
いつもお疲れ様です。
チョコレートでたまには息抜きしてね。
これからもよろしく!

プライベート編(男友達など)

○○へ
いつもありがとう!
これからもよろしくね。

○○へ
いつもありがとう!
これからもいい友達でいてね。

○○へ
もしかして期待した?義理チョコです笑
これからもよろしく!

○○へ
Happy Valentine’s Day!
お互い仕事頑張ろう!

○○へ
Happy Valentine’s Day!
またみんなでご飯食べに行こう!

○○へ
ささやかですが義理チョコです。
これからも仲よくしてね!

○○へ
Happy Valentine’s Day!
ホワイトデーは10倍返しでよろしくね笑

○○へ
いつもお疲れ様!
仕事頑張りすぎて風邪引かないようにね。

スポンサーリンク

バレンタインの義理チョコ用のメッセージをつくるときの注意点とは?

バレンタインの義理チョコに添えるメッセージをつくるときに最も意識すべきなのは、相手の男性に本命だと誤解させないことです。ここではバレンタインの義理チョコに添えるメッセージをつくるときの注意点をいくつか解説します。

1.長文は書かない

バレンタインの義理チョコに添えるメッセージですから、あくまでシンプルにまとめるのがよいです。だいたい1~3行くらいにまとめるのがおすすめです。バレンタインのメッセージが長文になると、相手の男性に本命だと誤解される可能性が上がります。

2.恋愛に関することは書かない

ちょっと恋愛のことを話題に出すだけでも、「もしかしたら自分に気があるのかも…?」なんて思ってしまう男性も世の中にはいます。バレンタインの義理チョコに添えるメッセージには、基本的に恋愛に関することは書かないほうがよいでしょう。

3.顔文字やハートマークは使わない

顔文字やハートマークも誤解のもとになります。メッセージカードをかわいくしたい気持ちはわかりますが、グッと我慢しましょう。

4.できるだけ定型的・事務的な文章にする

「いつもありがとうございます」「いつもお世話になっています」「これからもよろしくね」などなど…。バレンタインの義理チョコに添えるメッセージは、できるだけ定型的・事務的な文章を心がけるとよいでしょう。

5.「Be my valentine」は危険と心得る

確かには英語はオシャレな雰囲気が出やすいですが、「Be my valentine」を直訳すると「私の恋人になってください」という意味になります。今まで何となく使っていたという方は注意してください。どうしても英語を使いたいのなら、「Happy Valentine’s Day」がよいです。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?バレンタインの義理チョコに添えるメッセージ文例16選をご紹介してきました。やはりバレンタインの義理チョコに添えるメッセージで大切なのは、相手の男性に本命だと誤解させないことです。相手の男性との関係がおかしくならないように、しっかりと言葉を選ぶようにしましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です