【男性版】ピアスをあける位置や個数による意味とは?

babypiasu出典:itmama.jp

最近ではファッションアイテムの1つとしてピアスをつけている男性も増えましたよね。

実はそんなピアスをあける位置や個数には意味があります。その意味は男女によっても異なるので、ここでは男性版のピアスをあける位置や個数による意味をお伝えします。

それほどピアスの位置や個数が持つ意味を気にしている人はいないですが、ピアスをあけた後から意味を知ってショックを受けるなんてことがないようにしたいですね。

スポンサーリンク

ピアスの位置による基本的な意味とは?

本来はピアスは片耳だけにあけるものでした。そして、片側の耳にだけにあけるピアスには、もともと次のような意味があります。

  • 左耳ピアス=守る人(男性)
  • 右耳ピアス=守られる人(女性)

こうした意味は中世ヨーロッパの文化に由来しています。

中性ヨーロッパの文化において、女性と一緒にいるとき、男性は必ず右側を歩いていました。利き手である右手をあけておくことで、いつでも女性を守れるようにするためです。今では左右に関係なく車道側を歩くのが紳士的ですが、当時は右側を歩くのが紳士的だったんですね。

そのため、男性が右耳にピアスをしたり、女性が左耳にピアスをしたりすると、お互いのピアスを見ることができないですよね。そこで男性は左耳、女性は右耳にピアスをするようになりました。

今でも海外には男性が左耳、女性が右耳にピアスをあけることで、エンゲージリングのような意味を持たせる地域があるそうです。

男性のピアスをあける位置による意味は?

上で解説した意味が発展することで、欧米においてピアスをあける位置は性的な意味を持つようになりました。最近はそれほど重視されていないようですが、そうした意味が残っている地域やコミュニティもあるので頭に入れておきましょう。

男性が左耳だけにピアスをあける場合

男性が左耳だけにピアスをあける場合には、「勇気と誇り」という意味を持ち、単純に男らしさをアピールすることになります。

なお、女性が左耳だけにピアスをあけると、意味が逆転するため、「レズビアン」という意味を持つことがあります。

スポンサーリンク

男性が右耳だけにピアスをあける場合

男性が右耳だけのピアスをあける場合には、意味が逆転するため、「ゲイ」という意味を持つことがあります。

なお、女性が右耳だけにピアスをあけると、「優しさと成人女性」という意味を持ち、単純に女性らしさをアピールすることになります。

男性が両耳に1つずつピアスをあける場合

男性が両側の耳に1つずつピアスをあける場合、一般的には特別な意味はありません。これは女性でも同じです。ただ性的に「ノーマル」「バイ」と考えることもあるようです。

また、「耳たぶのどの位置にあければいいのか」と悩む人もいますが、それに関しても特別な意味はないようです。

男性のピアスをあける個数による意味とは?

男性が左にだけ偶数のピアスををあける場合

「左2右1」「左2右3」など、男性が左にだけ偶数のピアスをあける場合は、単純に男らしさをアピールすることになります。また、性的に「ノーマル」であることを意味することがあります。

「複数のピアスをするときには、意味を持たせたい側の耳に偶数のピアスをあける」という海外の慣習に由来しています。

男性が右にだけ偶数ピアスをあける場合

「左1右2」「左3右2」など、男性が右にだけ偶数のピアスをあける場合、「ゲイ」という意味を持つことがあります。

同じく、「複数のピアスをするときには、意味を持たせたい側の耳に偶数のピアスをあける」という海外の慣習に由来しています。

男性が両耳に奇数のピアスをあける場合

「左1右3」「左3右1」など、男性が両耳に奇数のピアスをあける場合には、特に有名な意味やジンクスなどは存在しません。

男性が両耳に偶数のピアスをあける場合

あまりいないと思いますが、「左2右2」「左2右4」「左4右2」など、男性が両耳に奇数のピアスをあける場合にも、特に有名な意味やジンクスなどは存在しません。ただ「両耳に同じ個数のピアスはファッション的にカッコ悪い」という意見をよく聞きます。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?男性版のピアスをあける位置や個数が持つ意味をお伝えしてきました。

ただ日本においてピアスは完全にファッションアイテムの1つとなっています。それほどピアスの位置や個数が持つ意味を気にしている人はいません。

ファッションとしてカッコいいと思う位置や個数のピアスをあけるとよいと思いますよ。ぜひピアスで自分だけのファッションを表現してみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です