【徹底攻略】鴻巣花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット5選

今年も秋の夜空を彩る鴻巣花火大会が開催されます。埼玉県鴻巣市の秋の風物詩イベントですから、きっとたくさんの方が楽しみにしていることでしょう。ここでは鴻巣花火大会2017を超楽しめるおすすめ&穴場スポット5選をお伝えします。ぜひ鴻巣花火大会2017をベストポジションで楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

鴻巣花火大会とは?

埼玉県鴻巣市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年60万人以上の観客でにぎわいます。世界一の大玉としてギネスにも認定された正四尺玉やムード満点の音楽花火、1尺玉300発で構成されるラストスターマイン「鳳凰乱舞」は絶対に見逃せません!

鴻巣花火大会2017の基本情報

イベント名 第16回鴻巣花火大会
(正式名称:第16回こうのす花火大会)
打上玉数 約15,000発以上(予定)
開催場所 埼玉県鴻巣市 糠田運動場および荒川河川敷
開催日程・時間 10月7日(土)18:00~20:30
※荒天の場合は翌日10月8日(日)に順延・延期
料金・予約など 観賞無料
有料観賞席 あり
※詳細は下記をご確認ください。
アクセス方法 ■公共交通機関
JR高崎線「鴻巣駅」西口より徒歩30分
■自家用車
関越自動車道東「松山IC」より約14km(通常時40分)
首都高速道路「与野IC」より約28km(通常時60分)
交通規制 あり(おおよそ07:0~21:00ごろ)
駐車場 臨時駐車場あり(有料/約3,000台)
トイレ 仮設トイレ設置予定
お問い合わせ先 TEL:048-543-1634
(鴻巣市商工会青年部)

鴻巣花火大会2017の開催場所は?

鴻巣花火大会2017の開催場所は、埼玉県鴻巣市の糠田運動場および荒川河川敷です。あらかじめ花火の打上場所も地図で確認しておきましょう。

鴻巣花火大会2017のおすすめ&穴場スポット5選

1.御成橋周辺荒川河川敷

花火大会の公式無料観賞エリアとされているところで、花火の臨場感をたっぷりと味わえるおすすめスポットです。ただ3~4人以上でレジャーシートを敷く場所を確保するためには、できれば午前のうちに到着したいところです。1~2人で適当に花火を観賞するくらいなら、もうちょっと遅くてもよいかもしれません。

2.吉見総合運動公園

花火大会の臨時駐車場となる吉見総合運動公園では、そのまま花火を観賞もできます。たくさん屋台・露店も出ていますので、食べ物・飲み物の調達にも困らないでしょう。

スポンサーリンク

3.田間宮小学校周辺

田間宮小学校周辺の荒川河川敷も大迫力で花火を楽しめるおすすめスポットです。レジャーシートを敷く場所を確保するには、午前のうちに到着するのが理想です。

4.糠田橋西側の荒川河川敷

花火の打上地点からは離れていきますが、荒川河川敷を糠田橋から西のほうに歩いていくとだんだん混雑がゆるやかになっていきます。花火大会開始直前に到着してもゆったりと花火観賞できる穴場スポットです。「正4尺玉」や「鳳凰乱舞」は十分迫力を感じられます。

5.道の駅 いちごの里よしみ

花火の打上地点からは直線距離で約3.5kmほどあるのですが、「正4尺玉」や「鳳凰乱舞」は十分に楽しめる穴場スポットです。自家用車で花火を見に行きたいという方におすすめのスポットです。

最後に

スポンサーリンク

鴻巣花火大会2017おすすめ&穴場スポット5選をお伝えしてきました。どこで花火を観賞するかは決まりましたか?ぜひ鴻巣花火大会2017をベストポジションで楽しんでくださいね。

関連記事 鴻巣花火大会2017の開催日程・時間や有料席チケット・屋台情報まとめ
関連記事 鴻巣花火大会2017のアクセス方法・交通規制・駐車場・混雑情報まとめ
関連記事 鴻巣花火大会2017は雨天時には中止?順延・延期はあるの?

<画像出典>
●こうのす花火大会 フォトブログ
http://kounosuhanabiqa.sblo.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加