北区花火大会2017の開催日程・時間や駐車場・交通規制・穴場スポットまとめ

今年も秋の夜空を彩る北区花火大会が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。ここでは北区花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店などの情報をお伝えします。また、北区花火大会2017を観賞するおすすめ&穴場スポットもご紹介します。

スポンサーリンク

北区花火大会とは?

東京都北区で開催される毎年恒例の花火大会で、例年約5万人の観客でにぎわいます。音楽花火を中心に荒川の秋の夜空を鮮やかに彩ります。また、ステージイベントや商店街の秋まつりなども楽しめます。

北区花火大会2017の基本情報

イベント名 北区花火大会
(正式名称:北区花火会)
打上玉数 約8,000発以上(予定)
開催場所 東京都北区 荒川河川敷・赤羽岩淵水門周辺
(住所:東京都北区志茂5丁目41-2)
開催日時 10月14日(土)18:30~19:30
※荒天の場合は中止(順延・延期なし)
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 あり
アクセス方法 ●東京メトロ南北線「赤羽岩淵駅」「志茂駅」より徒歩20分
●JR「赤羽駅」より徒歩25分
交通規制 あり(おおよそ17:30~20:00ごろ)
駐車場 なし
トイレ あり
問い合わせ先 TEL:03-6319-3973(北区花火会実行委員会事務局)

北区花火大会2017の開催日程・時間は?

北区花火大会2017は10月14日(土)18:30~19:30に開催が予定されています。

花火打上は少雨の場合には決行されますが、荒天の場合には中止となります。花火打上の順延・延期は一切ありません。

花火大会実施の可否は【北区花火大会公式ホームページ】などで案内される予定です。花火大会当日の天候が悪い場合にはあらかじめ確認しておきましょう。

北区花火大会2017の開催場所は?

北区花火大会2017の開催場所は、東京都北区の荒川河川敷・赤羽岩淵水門周辺です。あらかじめ花火の打上場所も地図で確認しておきましょう。

北区花火大会2017の観賞エリアへのアクセス方法は?

  • 東京メトロ南北線「赤羽岩淵駅」「志茂駅」より徒歩20分
  • JR「赤羽駅」より徒歩25分

北区花火大会2017の観賞エリアへのアクセス方法は上記の通りです。ただ花火大会当日は例年大混雑するため、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。

また、花火大会の混雑は「行き」だけでなく「帰り」にも注意したいところです。大混雑で切符がなかなか購入できないなんてこともあるので、あらかじめ帰り用の切符も購入しておくとよいです。ICカードを利用する場合は残金を確認しておきましょう。

北区花火大会2017の交通規制情報

kitaku-hanabi-map※クリック・タップで拡大します。

北区花火大会2017の当日には会場周辺道路で車両通行禁止などの交通規制が実施される予定です。花火大会の交通規制の時間帯はおおよそ17:30~20:00ごろです。花火大会の交通規制の詳細は上図をご確認ください。

また、花火大会当日は交通規制区域外の道路も混雑することが予想されます。花火大会当日はできるだけ車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

北区花火大会2017の会場周辺に駐車場はあるのか?

北区花火大会2017の会場周辺には臨時駐車場などの用意はありません。上記の通り、花火大会当日は交通規制もあります。花火大会の観賞エリアに向かうには、基本的に公共交通機関を利用することをおすすめします。

ただ「何とか花火大会に自家用車で向かいたい」という方も、きっといらっしゃるでしょう。以下では北区花火大会で利用できるおすすめの駐車場をいくつかご紹介します。

例年花火大会当日は駐車場の空車を見つけづらくなります。花火大会に自家用車で向かう場合には、十分に時間の余裕を持っておきましょう。花火大会開始直前にウロウロと駐車場を探しているなんてことがないようにしたいですね。

イトーヨーカドー赤羽店駐車場

住所 東京都北区赤羽西1-7-1
収容台数 約450台
料金 ■イトーヨーカドーを利用する場合
1000円以上2000円未満のお買いもので1時間無料
2000以上のお買いもので2時間無料
200円/30分
■イトーヨーカドーを利用しない場合
400円/1時間、それ以降は200円/30分

ダイエー赤羽店駐車場

住所 東京都北区赤羽2-5-7
収容台数 約70台
料金 [07:00-23:30]300円/60分
[23:30-07:00]100円/60分
入庫後24時間最大料金 1000円
ダイエーで1000円以上のお買いもので90分無料

川口駅東口地下公共駐車場

住所 埼玉県川口市川口1-1-1
収容台数 約250台
料金 [06:00-24:00]100円/15分
[24:00-06:00]一律1000円(※入出庫不可)
入庫後24時間最大料金 平日1,500円・休日2,000円

パーキング117

住所 埼玉県川口市栄町3-1-14
収容台数 約170台
料金 [07:00-24:00]200円/30分
[24:00-07:00]100円/60分
入庫後12時間最大料金 1,600円
そごう川口店で2000円以上のお買いもので90分無料

北区花火大会2017では屋台・露店は出るの?

お祭り気分で屋台・露店を眺めるのも花火大会の醍醐味のひとつですよね。北区花火大会2017では屋台・露店は出ているのでしょうか?

例年北区花火大会では地元商店街などの飲食店が荒川河川敷に屋台・露店を出しています。たくさんの食べ物・飲み物の屋台・露店が出ますが、特におすすめなのが東京都北区名物のおでんです。北区花火大会は肌寒くなってくる季節に行われますから、おでんは身に沁みます。ぜひ花火と一緒に屋台・露店なども楽しんでくださいね。

北区花火大会2017の有料席チケット情報

北区花火大会2017では有料席チケットが販売されます。観賞場所の確保に苦労せず、大迫力の花火を楽しむことができます。

有料席チケットの一覧

エリア チケット名 定員 価格 備考
青水門エリア パーソナルシート 1名 2,700円 ブルーシート席
グループシート4 4名 10,500円 ブルーシート席
グループシート8 8名 21,000円 ブルーシート席
カップルシート 2名 8,500円 イス席/ひざかけ1枚プレゼント
赤水門エリア ファンゾーン 1名 1,000円 ファンゾーン指定の敷物配布
トワイライト 1名 2,000円 ブルーシート席
ムーンライトP(ペア) 2名 5,000円 イス席
特別席エリア エキサイティングシート 1名 18,000円 花火コンシェルジュの案内付き
カメラマンシート 1名 10,000円 花火撮影スポット提供

有料席チケットの購入方法

北区花火大会2017の有料席チケットの販売開始日などはまだ決定していません。北区花火大会2017の有料席チケットの公式情報が発表されましたら、こちらでもアナウンスさせていただきます。しばらくお待ちください。

北区花火大会2017のおすすめ&穴場スポットは?

例年花火大会当日は東京都北区側の荒川河川敷は大混雑します。しかし、一方で埼玉県川口市側の荒川河川敷はそれほど混雑していません。特にフットサル場あたりまで歩いていくと、花火大会開始直前でも普通にレジャーシートを敷く場所が残っていますので、ゆったりと花火を観賞できるでしょう。

ただしゴルフ場などの私有地には絶対に入らないようにしましょう。JR「川口駅」より徒歩30~40分ほどでアクセスできます。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?北区花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店・観賞場所などの情報をお伝えしてきました。今年も大混雑が予想されますが、ぜひ北区花火大会2017に足を運んでみてくださいね。

<画像出典>
●SWINGしなけりゃ意味なぐね?(個人ブログ)
http://blogs.yahoo.co.jp/espresso_zao/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加