私のこと嫌いなの?男性が目を合わせないときの5つの心理・理由とは?

man

男性が会話をしているときもほとんど目を合わせてくれない…。あなたはこんな経験ありませんか?特に片思いの男性がほとんど目を合わせてくれないと、「わたしのこと嫌いなのかな…?」なんて不安になってしまいますよね。

ここでは男性が目を合わせないときの5つの心理・理由をお伝えします。相手の男性の真意が読めないという方は、ぜひ何かのヒントにしてくださいね。

スポンサーリンク

男性が目を合わせないときの5つの心理・理由とは?

心理・理由1.あなたのことを恋愛対象として意識している

相手の男性があまり目を合わせてくれない心理・理由としては、まずあなたのことを恋愛対象として意識しているという可能性があります。あなたと目が合うと恥ずかしいので、ついつい目を逸らしてしまうのです。

特に恋愛経験があまりない男性によく見られる傾向ですね。こうした男性は基本的に奥手なので、あまり積極的にアプローチをかけてきません。もしかしたらあなたのことを高嶺の花だと思っていたりするかもしれません。お互いの関係を発展させたいのなら、あなたからアプローチをかける必要があるでしょう。

心理・理由2.あなたに興味がない

デパートや電車などの公共の場所で、赤の他人と目が合うことはほとんどありませんよねよね。もし赤の他人と目が合ってしまったとしても、普通はすぐに目を逸らすものです。これはわたしたち人間が他人との心理的距離感を無意識に調節しようとしているからです。

職場や学校などの男性が会話しているときでもあまり目を合わせてくれないのは、残念ながらあなたにほとんど興味がない可能性があるでしょう。職場や学校などでちょっとくらい会話をする関係だったとしても、あなたのことを基本的に他人だと考えているのです。恋愛的にはほとんど脈なしのパターンと考えられます。

心理・理由3.あなたの好意に応えることができない

もしかするとあなたは片思いの男性に対して積極的に好意をアピールしていませんか?そうだとすれば、相手の男性もよほど鈍感でなければ、あなたの好意に気が付いているでしょう。

スポンサーリンク

でも相手の男性はすでに恋人がいたりすることで、あなたの好意に前向きに応えることができないのかもしれません。そして、あなたにあまり気を持たせないために、できるだけ目を合わせないようにしているのです。

これはいわゆる「ゴメン避け」というもの。他にも「できるだけ2人きりになるのを避ける」「必要最低限のコミュニケーションしかとらないようにする」などの特徴があります。相手の男性からゴメン避けの雰囲気を察知したら、無暗にアプローチをかけるのはやめたほうがよいでしょう。

心理・理由4.単純に他人と目を合わせるのが苦手である

ただ単に相手の男性が他人と目を合わせるのが苦手というパターンもあります。別にあなたとだけ目を合わせないようにしているわけではありません。ほとんどの他人と目を合わせることができないのです…。

相手の男性が別の誰かと会話をしているところを観察してみましょう。相手の男性が別の誰かともほとんど目を合わせていないのであれば、あなたが特別嫌われているわけではありません。相手の男性の性格的な問題ですから、あなたが心配をする必要はないでしょう。

心理・理由5.何か後ろめたいことがある

きっとあなたも子供のときに両親や先生にウソをついてしまったことがありますよね?そんなときにはなかなか両親や先生と目を合わせられなかったでしょう。わたしたちは何か罪悪感があると、しっかり相手の目を見ることができなくなります。

相手の男性が会話をしているときなどに目を合わせないのは、何かあなたに後ろめたいことがあるのかもしれません。特に男性は基本的にウソをつくのが苦手です。何かあやしい雰囲気を察知したら、ちょっと探りを入れてみてもよいでしょう。

最後に

heart3

いかがでしたか?男性が目を合わせないときの5つの心理・理由をお伝えしてきました。ただこれだけで相手の男性の真意をすべて判断することはできません。他の表情・態度・しぐさなどと合わせて、相手の男性の真意を読んでいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加