京都駅から醍醐寺へのアクセス方法まとめ(電車・バス・タクシーなど)

daigozi

京都駅から醍醐寺へのアクセス方法(交通手段)をまとめました。京都駅から醍醐寺へのアクセス方法としては、以下のようなものがあります。それぞれのアクセス方法のメリット・デメリットや所要時間や料金についてもお伝えします。

  • 電車
  • バス
  • タクシー
スポンサーリンク

京都駅から醍醐寺へ電車でアクセスする方法

train一般的に京都駅から醍醐寺へアクセスするには電車を利用します。電車だと乗り換えが必要になりますが、交通渋滞の影響を受けないため、移動時間の計算が狂うことがありません。できるだけ計画的に京都観光したいという方によいでしょう。

では具体的なルートを確認していきましょう。京都駅から醍醐寺へ電車でアクセスするには、以下の3つのルートが考えられます。

ルート1(JR東海道線×地下鉄東西線)

【京都駅―<JR東海道線>―山科駅―<地下鉄東西線>―醍醐駅―<徒歩>―醍醐寺】

京都駅よりJR東海道線(琵琶湖線)で米原方面ゆきに乗車します(1区間/約5分)。快速列車でも問題ありません。そして、「山科駅」で下車後、地下鉄東西線の六地蔵方面ゆきに乗車します(4区間/約8分)。「醍醐駅」で下車後、徒歩で醍醐寺へ向かいます(約1.1km/約10~15分)。

  • 所要時間:約35~40分(乗り換えを含む)
  • 料金:大人450円(JR190円+地下鉄260円)

ルート2(JR奈良線×地下鉄東西線)

【京都駅―<JR奈良線>―六地蔵駅―<地下鉄東西線>―醍醐駅―<徒歩>―醍醐寺】

京都駅よりJR奈良線の宇治・奈良方面ゆきに乗車します(5区間/約18分)。快速列車でも問題ありません。そして、「六地蔵駅」で下車後、地下鉄東西線で太秦天神川方面ゆきに乗車します(2区間/約5分)。「醍醐駅」で下車後、徒歩で醍醐寺へ向かいます(約1.1km/約10~15分)。

  • 所要時間:約40~45分(乗り換えを含む)
  • 料金:大人410円(JR200円+地下鉄210円)

ルート3(地下鉄烏丸線×地下鉄東西線)

【京都駅―<地下鉄烏丸線>―烏丸御池駅―<地下鉄東西線>―醍醐駅―<徒歩>―醍醐寺】

京都駅より地下鉄烏丸線の国際会館方面ゆきに乗車します(3区間/約6分)。そして、「烏丸御池駅」で下車後、地下鉄東西線の六地蔵方面ゆきに乗車します(10区間/約21分)。「醍醐駅」で下車後、徒歩で醍醐寺へ向かいます(約1.1km/約10~15分)。

  • 所要時間:約40~45分(乗り換えを含む)
  • 料金:大人320円

スポンサーリンク

醍醐駅から醍醐寺へのルートは以下のマップをご参考ください。また、醍醐駅から醍醐寺前まではバスも運行されています(料金:200円/所要時間:約5分)

京都駅から醍醐寺へバスでアクセスする方法

bus京都駅から醍醐寺へはバスでもアクセスできます。バスは交通状態の影響を受けるため、移動時間の計算が狂いやすいです。特に桜や紅葉のシーズンなどには、バスがダイヤ通りに運行されると考えないほうがよいでしょう。

ただバスだと乗り換えが必要ないですし、醍醐寺境内に到着します。できるだけ歩きたくないという方はバスを利用するのもよいかもしれません。

では具体的なルートを確認していきます。

まず京都駅八条口(ホテル京阪前)より京阪バスの山科急行・醍醐寺ゆき(8番乗り場)に乗車します(ダイヤ通りで約30分)。そして、バス停「醍醐寺」で下車しましょう。バス停は醍醐寺境内にありますから、特に迷うことはありません。また、京阪バスの山科急行は1時間に1本ほど運行されています(時刻表)。

  • 所要時間:約30分(ダイヤ通りの場合)
  • 料金:大人300円

京都駅から醍醐寺へタクシーでアクセスする方法

taxy京都駅から醍醐寺へタクシーで向かうと、おおよそ30~40分ほどで到着します。もちろん、そのときの交通状況の影響をだいぶ受けますし、運転手さんのアタリ・ハズレもあります(抜け道を知っているかなど)。

京都駅から醍醐寺へのタクシー料金の目安は、おおよそ2,500~3,000円ほどです。どうしてもバスや電車と比較すると料金が高くなってしまいますね。

ただ当たり前のことですが、タクシーは最も快適に目的地に到着できる交通手段です。3人以上のグループでの旅行などであれば、意外とコストパフォーマンスはよいかもしれません。また、キャリーバッグなどの荷物があるときにもよいでしょう。

  • 所要時間:約30~40分
  • 料金:約2,500~3,000円

最後に

いかがでしたか?京都駅から醍醐寺へのアクセス方法(交通手段)をお伝えしてきました。いずれのアクセス方法にもメリット・デメリットがありますから、あなたの目的に合ったものを選ぶとよいでしょう。ぜひ醍醐寺の観光を楽しんでくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加