モバイルバッテリーの処分方法を徹底解説!ゴミ箱に捨てるのはNG?

最近ではスマートフォンなどと一緒にモバイルバッテリーを持ち歩いている方を、よく見かるようになりました。電子機器のバッテリー切れを気にしなくてよいのは非常に便利ですよね。しかし、モバイルバッテリーを買い替えたときなどには処分方法に困ってしまうものです。

ここではモバイルバッテリーの適切な処分方法を解説します。モバイルバッテリーの処分に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーをゴミ箱に捨てるのはNG?

モバイルバッテリーはそのままゴミ箱に捨てるのは非常に危険です。というのも、モバイルバッテリーを一般ごみとして捨てると火災事故につながる可能性があるからです。

スマートフォンなどを充電するモバイルバッテリーには、基本的にリチウムイオン電池を使用しています。このリチウムイオン電池は電解液に燃えやすい物質を使用しているため、圧力や衝撃で発火してしまうことがあるのです。モバイルバッテリーは普通に使う分には何の問題もないですが、意外と危険なものなんですね。

特にゴミ収集車がモバイルバッテリーを押しつぶすと火災事故につながります。実際に毎年ゴミ収集車のモバイルバッテリーに起因する火災事故が起きていますから、モバイルバッテリーを一般ゴミとして捨てるのは絶対やめましょう。

モバイルバッテリーはリサイクルに出そう!

モバイルバッテリーに内蔵されているリチウムイオン電池はリサイクル対象です。したがって、モバイルバッテリーを処分するにはリサイクルに出すのがよいです。

リチウムはレアメタルに分類されます。レアメタルはその名前の通り、希少な金属資源ですので、できるだけリサイクルに出すのがよいでしょう。

その他にもニッケル水素電池、ニカド電池、小型シール鉛蓄電池もリサイクル対象です。ほとんどのモバイルバッテリーはリチウムイオン電池を使用していますが、ご自身のモバイルバッテリーを確認してみてください。

スポンサーリンク

モバイルバッテリーはどこで回収してもらえるの?

ではモバイルバッテリーをリサイクルに出したい場合には、どこで回収してもらえるのでしょうか?

実はモバイルバッテリーの回収をしてくれているところは、家電量販店、スーパー、ホームセンターなどたくさんあります。たとえば、ケーズデンキの店舗では基本的にモバイルバッテリーの回収を行っているようです。

だいたいお店の入り口付近にリサイクルボックスがあるので、そこに入れましょう。もしリサイクルボックスを見つけられない場合には、店員さんに聞くとよいです。

ご自宅付近でモバイルバッテリーを回収してもらえるところを知りたい場合には、小型充電式電池のリサイクル活動を行っている【一般財団法人JBRC】にアクセスしましょう。ここではモバイルバッテリーを回収してくれるリサイクル協力店を調べることができます。

上記の赤枠のところをクリックします。

「リサイクル協力店検索」というボタンをクリックします。

あなたが住んでいる都道府県と市・区・群を選択すると、モバイルバッテリーのリサイクル協力店が表示されます。

その他のリチウムイオン電池が使用されている製品

  • ノートパソコン
  • スマートフォン・携帯電話
  • 携帯音楽プレイヤー
  • デジタルカメラ
  • ビデオカメラ

リチウムイオン電池が使用されているのはモバイルバッテリーだけではありません。他にもリチウムイオン電池は上記のような製品に使用されていることがありますので、ご自宅で使用せずに眠っているものがあればリサイクルに出すとよいかもしれません。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?モバイルバッテリーは日常的に捨てるものではないため、意外と知らないことがたくさんあったのではないでしょうか?モバイルバッテリーはマナーを守って処分するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加