他人の目が気になる!初心者でもウォーキングが恥ずかしくなくなる11つの方法

「健康・美容のためにウォーキングをしたいけど、他人の目が気になる…」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?特に初心者の方は他人の目が気になるせいでウォーキングを習慣化できないなんてこともあると思います。ここでは初心者でもウォーキングが恥ずかしさを克服する11つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ウォーキングが恥ずかしさを克服する11つの方法

1.他にも運動をしている人がたくさんいる場所を選ぶ

普通に日常生活を送っている人ばかりのところで自分だけウォーキングをするのは、何となく恥ずかしさを感じてしまうものです。しかし、他にも運動をしている人がたくさんいれば、あなただけが特別目立つことはありません。

自宅周辺で他にも運動をしている人が集まっている公園や河川敷がないか探してみましょう。また、通勤・通学の経路でウォーキングしやすい場所を探すのもよいと思います。

2.自宅の近所は避ける

ご近所さんにウォーキングを見られるのが恥ずかしいのであれば、自宅周辺を避けるのがよいかもしれません。たとえば、自転車で運動しやすい公園などに移動してからウォーキングを楽しむとよいです。

3.早朝などの通行人や車があまりいない時間帯に歩く

どうしても他人の目が気になる場合には、早朝など通行人や車があまりいない時間帯に歩くのがおすすめです。特に早朝は爽快な気分になれます。また、早朝の適度な運動は健康・美容にも効果的です。

4.音楽を聴きながら歩く

音楽を聴きながらウォーキングをすれば、自分の世界に入りやすいです。周囲の情報がシャットアウトされるので、ウォーキングに集中しやすくなるはずです。ただし交通事故には十分に気を付けてください。

5.帽子をかぶる

ウォーキングをするときに帽子をかぶれば、他人の目をそれなりに避けることができます。また、髪がなびくのを防ぐことができるので、ウォーキングにも集中しやすくなるでしょう。

運動用のキャップなどもたくさん販売されていますが、普段から使っている帽子でも問題ありません。自分が恥ずかしさを感じない帽子を選ぶとよいでしょう。

スポンサーリンク

6.サングラスをかける

他人と目が合わなければ恥ずかしさを感じづらくなりますので、スポーツ用のサングラスをかけるのもおすすめです。単に目を隠せるだけでなく、紫外線予防にもなります。ただサングラスをかけることそのものが恥ずかしい場合にはやめておきましょう。

7.普段着で歩く

ご近所さんにダイエットのために歩いていると思われるのが嫌な場合には、普段着で歩くとよいです。インナーや下着だけでもスポーツ用のものを着用すれば、あまり汗も気にならないでしょう。また、最近はストレッチ素材を使ったデニムなども豊富なのでおすすめです。

8.しっかりしたスポーツウェアで歩く

逆に運動にふさわしくない服装でウォーキングをしていることに恥ずかしさを感じる方もいるでしょう。そんなときはしっかりとしたスポーツウェアやウォーキングシューズを用意するとよいです。私服を選ぶときと同じように、自分がカッコいい・カワイイと思える服装を選びましょう。

9.車と同じ方向に歩く

右側の歩道をウォーキングしていると、車に乗っている人に正面から見られているような気がします。実際はほとんど気にしていないはずですが、何となく恥ずかしさを感じてしまうものです。

ウォーキングの恥ずかしさを軽減したい方は、左側の歩道を使うとよいでしょう。車と同じ方向に歩くことになるので、正面から自分を見られなくなります。

10.ウォーキングに夢中になる

他人の目線が気になるのは、裏を返せばウォーキングに集中できていない証拠です。せっかくやるのですから、ウォーキングに夢中になりましょう!たとえば、「腕をしっかり振る」「膝をきっちり上げる」「お腹に力を入れる」など、ウォーキングのフォームを確認することに意識を向けると、他人の目線が気にならなくなります。

11.とにかく慣れる

正直なところ、これが最強の方法です。おそらくウォーキングに恥ずかしさを感じてしまうのは単に慣れていないから。とりあえず1週間くらい続けてみましょう。他人のウォーキングなんてほとんど誰も気に留めていないことも、だんだんわかってきます。

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?初心者でもウォーキングが恥ずかしくなくなる11つの方法をご紹介してきました。ウォーキングは決して悪いことではありません。最終的には何も気にせずに堂々とウォーキングできるようになるとよいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加