京都府立植物園の紅葉2017の見ごろの時期や夜間ライトアップ・混雑情報まとめ

今年もだんだんと紅葉の季節が近づいてきました。京都府立植物園に紅葉を見に行こうという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

ここでは京都府立植物園の紅葉2017の見ごろの時期や夜間ライトアップ情報・混雑状況などをお伝えします。また、京都府立植物園周辺の紅葉おすすめスポット4選もご紹介します。

スポンサーリンク

京都府立植物園の紅葉2017の基本情報

京都府立植物園は大正13年(1924年)に開園した日本最古の公立植物園で、約24haの広大な敷地に約12,000種類の植物が植栽・展示されています。そんな京都府立植物園に秋が訪れると、モミジ・サクラ・イチョウなどの木々がカラフルに染まります。特になからぎの池周辺の紅葉やアジサイ園付近にあるフウの大木の紅葉は必見です。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
営業時間 ■植物園
9:00~17:00(最終入園16:00)
■温室
10:00~16:00(最終入室15:30)
料金 ■植物園
大人200円/高校生150円/中学生以下無料/70歳以上無料(要証明書)
■温室
大人200円/高校生150円/中学生以下無料/70歳以上無料(要証明書)
地図
住所 京都府京都市左京区下鴨半木町
アクセス ●京都市営地下鉄「北山駅」より徒歩すぐ
●京阪電鉄「出町柳駅」より市バス1系統で「植物園前」下車後に徒歩5分
駐車場 あり(有料/約150台)
問い合わせ先 TEL:075-701-0141(京都府立植物園)
公式HP http://www.pref.kyoto.jp/plant/
(京都府公式HP内)

京都府立植物園の紅葉2017の見ごろの時期は?

例年京都府立植物園の紅葉が見ごろとなる時期は、おおよそ11月中旬~12月上旬です。現在のところ、京都府立植物園の紅葉2017の見ごろの時期は例年とほぼ変わらないと予測されています。例年の京都府立植物園の紅葉の状態の目安は以下を参考にしてみてください。

  • 11月上旬:部分的に紅葉が始まるが、全体的には青葉が目立つ
  • 11月中旬:全体的に紅葉が進み、部分的には紅葉・の見ごろを迎える
  • 11月下旬:全体的に紅葉の見ごろを迎える
  • 12月上旬:まだ部分的に紅葉を楽しめるが、少しずつ落葉が目立ち始める

京都府立植物園の紅葉2017の夜間ライトアップ情報は?

京都の紅葉スポットでは夜間ライトアップを実施するところが多いです。しかし、残念ながら京都府立植物園では紅葉シーズンの夜間ライトアップは予定していません。

京都府立植物園の紅葉シーズンの混雑状況は?

毎年京都市内の紅葉シーズンはどこも大混雑です。特に最近は外国人観光客も増加しているので、さらに混雑がひどくなりつつあります。

ただ京都へ紅葉観賞に来る方は神社仏閣に向かう傾向にあります。そのため、清水寺・金閣寺・銀閣寺などの京都の大人気観光名所と比較すると、京都府立植物園は紅葉シーズンでも混雑がゆるやかな傾向にあります。京都府立植物園は敷地面積も非常に広いですから、ゆったりと落ち着いた雰囲気で紅葉を楽しめるでしょう。

さらに京都府立植物園の紅葉をゆったりと楽しみたいのであれば、午前の開園直後や夕方の閉園直前を狙うのがよいです。特に他の観賞客が入っていない状態で紅葉の写真を撮りたい方におすすめです。

スポンサーリンク

京都府立植物園の紅葉の口コミ・感想・写真

京都府立植物園周辺の紅葉おすすめスポット4選

せっかく京都に来たにもかかわらず、京都府立植物園の紅葉を見るだけではちょっともったいないですよね。京都府立植物園周辺には他にもいくつか紅葉の名所が点在しています。ここでは京都府立植物園周辺の紅葉おすすめスポット4選をご紹介します。

1.上賀茂神社

世界文化遺産にも登録されている上賀茂神社(かみがもじんじゃ)は、正式名称を賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)と言います。上賀茂神社では朱色の楼門や二の鳥居の周辺で美しい紅葉を楽しめます。また、上賀茂神社の境内を流れる小川付近には紅葉のトンネルができるので、たっぷりと秋の空気を感じながら散策するのがおすすめです。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 ■上賀茂神社境内
5:30~17:00
■国宝・本殿
10:00~16:00
拝観料金 ■上賀茂神社境内
散策無料
■国宝・本殿
大人500円
地図
住所 京都府京都市北区 上賀茂本山339
問い合わせ先 TEL:075-781-0011(上賀茂神社)
公式HP http://www.kamigamojinja.jp/index.html

2.下鴨神社

世界文化遺産にも登録されている下鴨神社(しもがもじんじゃ)は、正式名称を賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)と言います。下鴨神社は京都の紅葉の名所としてもよく知られています。特に下鴨神社の境内にある糺の森(ただすのもり)は、古代山城原野の面影をとどめた約12haもある原生林で、ゆっくりと落ち着いた雰囲気で紅葉散策を楽しめます。

紅葉の見ごろ 12月上旬~12月下旬
拝観時間 ■下鴨神社境内
6:30~17:00
■宝物殿
10:00~16:00
■糺の森
散策自由
拝観料金 ■下鴨神社境内
拝観無料
■宝物殿
大人500円/小人250円
■糺の森
散策無料
地図
住所 京都府京都市左京区 下鴨泉川町59
問い合わせ先 TEL:075-781-0010(下鴨神社)
公式HP http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

3.相国寺

臨済宗相国寺派の大本山寺院で、室町幕府3代将軍の足利義満が創建を発願したのが起源です。京都屈指の観光名所である金閣寺や銀閣寺は相国寺の塔頭寺院にあたります。そんな相国寺の境内では鐘楼のそばの紅葉が見事です。また、相国寺の開山堂庭園は秋季にだけ特別公開されますが、枯山水と紅葉のコントラストは風情にあふれています。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 ■秋季特別拝観【9月25日(月)~12月15日(金)】
10:00~16:30(受付終了16:00)
※法堂・方丈・開山堂を拝観できます。
拝観料金 大人800円/高校生・中学生700円・小学生400円
地図
住所 京都府京都市上京区 今出川通烏丸東入 相国寺門前町701
問い合わせ先 TEL:075-231-0301(相国寺)
公式HP http://www.shokoku-ji.jp/

4.廬山寺

廬山寺(ろざんじ)は紫式部の邸宅跡地としてよく知られています。紫式部は源氏物語を執筆したのもここなのかもしれません。廬山寺の本堂前の源氏庭(げんじてい)では、白砂・緑苔に紅葉のアクセントが光ります。しかも廬山寺は拝観者も少なめなので、ゆったりと紅葉を楽しめる穴場スポットとなっています。

紅葉の見ごろ 11月中旬~12月上旬
拝観時間 9:00~16:00
拝観料金 大人500円/中学生・小学生400円
地図
住所 京都府京都市上京区 寺町通広小路上ル北之辺町397
問い合わせ先 TEL:075-231-0355(廬山寺)
公式HP http://www7a.biglobe.ne.jp/~rozanji/index.html

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?京都府立植物園の紅葉2017の見ごろの時期や夜間ライトアップ情報・混雑状況などをお伝えしてきました。また、京都府立植物園周辺の紅葉おすすめスポット4選もご紹介させていただきました。ぜひ京都府立植物園の紅葉をたっぷりと楽しんでくださいね。

※紅葉の時期は気候などによって変動する可能性があります。
※各神社仏閣・公園などの営業時間・料金などは変更される可能性があります。

<画像出典>
●デジカメ写真缶
http://sano567.my.coocan.jp/
●京都旅屋
http://kyoto-tabiya.com/
●京都フリー写真素材
http://photo53.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加