大川花火大会2017の開催日程・時間やアクセス・交通規制・駐車場情報まとめ

今年も真夏の夜空を彩る大川花火大会(福岡県大川市)が開催されます。きっとたくさんの方が楽しみにしていますよね。

ここでは大川花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店・有料席チケットなどの情報をお伝えします。また、大川花火大会2017を観賞するおすすめ&穴場スポット5選もご紹介します。

スポンサーリンク

大川花火大会とは?

福岡県大川市で開催される毎年恒例の花火大会で、例年5万人を超える観客でにぎわう大川の夏の風物詩イベントです。花火の打上地点付近に背の高い建物がないため、360度どこからでも花火を楽しめるのが最大の魅力です。また、筑後川の川面に映る花火の美しさは格別です。

また、花火大会当日の17:00より毎年好評の「嫌われ松子の激辛島ライブ」が開催されます。花火の観賞場所を確保したら、市内外の人気レストランによる激辛グルメを楽しむのもおすすめです。

大川花火大会2017の基本情報

イベント名 第62回大川花火大会
打上玉数 約5,000発(予定)
開催場所 福岡県大川市大野島 筑後川総合運動公園
開催日時 8月11日(土)20:00~21:00
※荒天の場合は翌日8月12日(土)または翌々日8月13日(日)に順延・延期
料金・予約 観賞無料
有料観賞席 なし
アクセス方法 ■公共交通機関
西鉄天神大牟田線「西鉄柳川駅」より西鉄バス・早津江行きで約30分→バス停「大野島小学校前」下車後に徒歩5分
■自家用車
九州自動車道「八女IC」より国道442号・県道768号経由で約16km(通常時50分)
交通規制 あり(おおよそ19:00~22:00ごろ)
駐車場 臨時駐車場あり(無料/約3,000台)
問い合わせ先 TEL:0944-87-0923(大川観光協会事務局)

大川花火大会2017の開催日程・時間は?

大川花火大会2017は8月11日(土)20:00~21:00に開催が予定されています。

花火打上は少雨の場合には決行されますが、荒天の場合には翌日8月12日(土)または翌々日8月13日(日)に順延・延期されます。すべて荒天の場合の対応は未定です。

花火大会実施の可否は【大川観光協会公式ホームページ】などで案内される予定です。花火大会当日の天候が悪い場合には、あらかじめ確認しておきましょう。

大川花火大会2017へのアクセス方法は?

  • <公共交通機関>…西鉄天神大牟田線「西鉄柳川駅」より西鉄バス・早津江行きで約30分→バス停「大野島小学校前」下車後に徒歩5分
  • <自家用車>…九州自動車道「八女IC」より国道442号・県道768号経由で約16km(通常時50分)

大川花火大会2017の開催場所は、福岡県大川市大野島の筑後川総合運動公園です。花火大会の観賞エリアへのアクセス方法は上記の通りです。ただ花火大会当日は例年大混雑するため、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。

大川花火大会2017の交通規制情報

※クリック・タップで拡大画像が開きます。

大川花火大会2017の当日には、会場周辺道路で車両通行禁止などの交通規制が実施される予定です。花火大会の交通規制の時間帯はおおよそ19:00~22:00ごろです。花火大会の詳細な交通規制内容は上図をご確認ください。

また、花火大会当日には交通規制区域外の道路も大混雑することが予想されます。花火大会当日は無暗に車で会場周辺に近づかないほうがよいでしょう。

スポンサーリンク

大川花火大会2017の会場に駐車場はあるのか?

  • 筑後川総合運動公園北側駐車場(協賛者専用)
  • 筑後川総合運動公園南側駐車場
  • 大川南中学校臨時駐車場
  • 川口小学校臨時駐車場

大川花火大会2017の会場周辺には無料の臨時駐車場が用意されます(合計約3,000台)。花火大会の臨時駐車場の場所などは上図をご確認ください。

ただ例年花火大会の臨時駐車場は夕方ごろから混雑し始めます。花火大会開始直前に臨時駐車場に到着しても空車は見つからないですから、十分に時間の余裕を持っておいたほうがよいでしょう。

なお、筑後川総合運動公園の駐車場は車内からそのまま花火を楽しむこともできます。

大川花火大会2017では屋台・露店は出るの?

お祭り気分で屋台・露店を眺めるのも花火大会の醍醐味のひとつですよね。大川花火大会2017では屋台・露店は出ているのでしょうか?

例年大川花火大会ではたくさんの屋台・露店が並びます。もちろん、今年の花火大会でもたくさんの屋台・露店が並ぶでしょう。筑後川総合運動公園内に屋台・露店が並びますから、すぐに見つけられるはずです。

やきそば・たこ焼き・お好み焼き・フランクフルト・焼き鳥・かき氷・クレープ・チョコバナナ・わたあめ・りんご飴・トロピカルジュース・ラムネ・ビールなどなど…。お祭りの屋台・露店でイメージする食べ物・飲み物はほとんど揃っています。ぜひ花火と一緒に屋台・露店も楽しんでくださいね。

大川花火大会2017の有料席チケット情報

一定規模の花火大会ではたいてい有料席チケットの販売があるのですが、大川花火大会2017では有料席チケットの販売がありません。

大川花火大会2017を大迫力で観賞したい方は、自力で特等席を確保しましょう。観賞場所の確保に力を入れれば、無料でも大迫力で花火を楽しめるのはうれしいですね。

大川花火大会2017のおすすめ&穴場スポット5選

大川花火大会の打上地点周辺にはほとんど背の高い建造物がないため、非常に視界が開けています。そのため、花火の打上地点の周囲360度どこからでも花火を楽しめます。

しかも大川花火大会は例年5,000発を打ち上げる大規模なものでありながら、それほど観客数は多くありません。正直なところ、大川花火大会そのものが穴場になっていると言ってもよいでしょう。

ただそれでもどこで花火観賞したらよいかを迷ってしまうこともあると思います。大川花火大会2017を観賞するおすすめスポットをいくつか紹介していきます。

1.筑後川総合運動公園

大川花火大会の公式観賞エリアとなるのが筑後川総合運動公園です。もちろん、花火の打上地点の目前なので、花火の臨場感をたっぷりと味わえます。

「花火大会公式の観賞エリアなんて大混雑するのではないか?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、花火大会の公式観賞エリアとなる筑後川総合運動公園には広大なスペースがあります。そのため、花火の打上地点から離れるように歩いていけば、花火大会開始直前でも意外と2~3人分の観賞場所は確保できたりします。

ちょっとくらいの混雑が嫌でなければ、大川花火大会はシンプルに公式観賞エリアで楽しむのがおすすめです。

2.筑後川左岸河川敷

筑後川左岸河川敷も花火の臨場感をたっぷりと味わえます。筑後川総合運動公園と比べると例年混雑はゆるやかな傾向にあります。ただ筑後川左岸河川敷には基本的に屋台・露店は出ませんので、花火と一緒に食べ物・飲み物を楽しみたい方は事前に用意しておきましょう。

3.新田大橋

新田大橋の歩道からも大迫力の花火を楽しめます。ただし新田大橋では座れないのが難点かもしれません。

4.アスタラビスタ大川店

アスタラビスタ大川店駐車場周辺からも花火が非常にきれいに見えます。花火と一緒に楽しむ食べ物・飲み物を購入できるのがよいです。ただ花火大会のために駐車場が解放されたりしているわけではないので、勝手にレジャーシートを敷いたりはしないようにしましょう。

5.第2号中の島緑地公園

花火の打上地点からはちょっと離れますが、第2号中の島緑地公園では夜間ライトアップされた筑後川昇開橋を前景に花火を楽しめます。美しい写真を撮りたい方におすすめです。

参考URL http://www.shoukaikyou.com/

最後に

スポンサーリンク

いかがでしたか?大川花火大会2017の開催日程・時間やアクセス方法・交通規制・駐車場・屋台・露店・有料席チケット・観賞場所などの情報をお伝えしてきました。ぜひ大川花火大会2017を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加